2018年11月24日

セキュリティシックス用エジェクター説明書

DMM.makeに出品中の、WAルガー・セキュリティシックス/スピードシックス用エジェクターの説明書です。

強度保持のために形状を変更し、専用のエジェクターガイドとセットになっています。そしてエジェクターガイドは2ピース構造になっています。

製品が届いたら、まずエジェクターロッドを締め込んで、ネジ部分の微細な形状が造形できているか確認してください(締める方向は通常のネジとは逆の左回りです)。

●抵抗なくスムースにエジェクターロッドが取り付けられる場合
 →問題ありません。一度ロッドを取り外し、削れた金属カスが付着していたらそれを取り除いてください。

●やや抵抗を感じる場合
 →エジェクターとロッドのネジ部分にオイルを少量吹き、力を入れて締め込んでください。2~3周締め込んだら、一度取り外します。ネジ部分に削れた金属カスが付着していますので、それを取り除き、また少し締め込んで取り外し金属カスを取り除く…という動作を繰り返してください。最後まで締め込んだら、以後はスムースに取り外しが出来るようになっているはずです。

●力を入れてもネジが締められない場合
 →前記事の説明をお読みになり、「径 M4.5/ピッチ 0.5mm/左ネジ」のタップを入手し、エジェクターのネジを切り直してください。タップを使わず無理にロッドを締めようとすると、ロッドのネジ部分が削れてしまったり、最悪ロッドが破損してしまいますのでご注意ください。

作動やカートの出し入れをスムースに行うため、下写真の赤色で示した箇所をヤスリやペーパーで磨いておく事をおすすめします。



エジェクターガイドは2ピースで、それぞれに凹凸があります。

両者の接触面に接着剤を付け、凹凸を合わせるようにエジェクターの軸に取り付けます。
(エジェクターガイドの仕上がりがタイトであれば、接着剤が不要な場合もあります。)


銃本体への取り付け前は、下写真のような状態です。


シリンダーに取り付けます。ネジは締めすぎないようにしてください。

ネジを締めすぎると、エジェクターガイドが傾き、エジェクターがスムースに動かない場合があります。

作動を確認し、スムースに動かない場合には個体に合わせて調整してください。

  

Posted by T.K.Red at 14:24Comments(0)DMM.make出品3D造形

2018年11月24日

セキュリティシックス用ねじタップ


WAのルガー・セキュリティシックス用エジェクターを、今年の春からビトクリーショーで販売しているのですが、3Dプリンターによるチタン製なので、デトネーターなどと同じようにDMM.makeに出品が可能です。
しかし半年ほど出品を見送って来たのは、ネジ部分の問題があったからです。

エジェクターロッドを締めるためのネジ部分も3Dプリンターにて造形されるのですが、タップで仕上げられた工業製品のネジ溝のようにシャープには仕上がりません。ダレていたり、少々歪んでいたりします。ロッドを締め込む時に渋いのはまだ良いほうで、途中までしか締められないような仕上がりの物もあります(ロットや個体によって異なる)。ネジの溝は非常に微細な形状ですから、そのような仕上がりであっても3Dプリントの誤差の範囲内で、造形不良とは言えません。現状における3Dプリントの限界というわけです。

そこで、当方がビトクリーショーで販売する際には、タップでネジを切り直し、スムースにロッドを締められるように仕上げています。


DMM.makeで注文された場合、プリンターで造形された物がそのまま届きますから、注文された方ご自身で最終仕上げを行ってもらう事になります。前述のようにネジ部分がロッドを締められないような仕上がりだった場合には、当然タップでネジを切り直さないといけないわけですが、このネジが非常に稀な規格で、タップが手に入りにくいのです。

具体的には、

●径 M4.5
●ピッチ 0.5mm
●左ネジ


という規格になるのですが、まず径が4.5mmという時点で珍しく、さらに普通ではあまり使われない左ネジとなると、まず見つかりません。ちなみに自分の場合には、知人がこの非常に稀な規格のタップを持っていたので、それを借りてVショーでの販売用を仕上げていたわけです。しかしこれではDMM.makeで購入された方は、自分で仕上げようにも仕上げられません。DMM.makeへの出品を見送ってきた理由はここにあります。

しかしその後、M4.5×0.5左ネジのタップを扱っている業者が分かりましたので、その情報を公開すると共にDMM.makeへ出品する事にしました。

=====
DMM.makeで注文された方は、製品到着後、エジェクターロッドが締め込めるかご確認ください。多少キツくても、締められればOK。
どうしても締め込めない場合には、下記の手順でタップを入手してネジを切り直してください。

まず、いつも利用しているDIYショップなどで、下記のハンドタップを取り寄せてほしいと依頼してください。

メーカー:YAMAWA(彌満和)
規格:径 M4.5/ピッチ 0.5mm/左ネジ/中タップ


YAMAWAのカタログにも載っていないので、「そんな物はない」と言われるかも知れませんが、必ず存在すると伝えてください。その証拠として下の画像を使って頂いても結構です。

そして、工具の卸問屋である、「東新(とうしん)商会が取り扱っている」と説明してください。
そのお店がいつも東新商会から仕入れているならスムースに取り寄せてくれるでしょう。
東新商会と取引のないお店なら、新たに取引申請をしての取り寄せとなるので少し時間がかかるか、取引していないという理由で断られるかも知れません。断られたら、東新商会から仕入れてくれるお店を探してください。
価格は3000円前後になると思われます。
=====
できればタップで切り直す必要がない状態で造形物が届けば良いのですが、こればっかりは運です。
ネジの切り直しが必要だった場合には、極めて珍しい規格のタップを取り寄せて仕上げなければならないという事で、そこそこカロリーが必要となる事をご理解の上でご注文頂ければと思います。
  

Posted by T.K.Red at 14:22Comments(0)DMM.make出品3D造形

2018年11月22日

CAWガバ×中空インナー用デトネーター


先日、再販情報が出たCAWのガバメントですが、寸法がリアルで玩具的な強度をあまり想定していない事や、材料の問題(?)などから、耐久性にやや難があるという印象です。自分自身、CPカートで発火してスライドを2回ほど割っています。
それ以降、パワー控えめなPFC+爆音プラグ(ショート)の組み合わせで発火しています。デトネーターの長さやスプリング類のテンションを変えなくてもちゃんと作動し、破損の兆候も見られないのでとても良いです。
しかしアルミカートが主流になりつつある現在では、重い真鍮カートではなく、アルミカートを軽快に排莢させたいと感じてしまいます(装填する時は真鍮の重さも良いんですが)。
アルミカートと言えばC-Tecのマイルドキックを選ぶ事になるのですが、CAWのガバメントに対してこのカートは明らかにオーバーパワー。

そこで今回、デトネーターを新たに試作しました。

上がノーマルで、下が新たに作った物です。
全長は同じですが、先端の形状が異なっているのは、C-Tecの中空インナーを使えるようにしたためです。

C-Tecの中空インナーは、CPカートのインナーFピンと交換する事で、ガス抜けが良くなり、ブローバックパワーを落とす事が出来るパーツです。
しかしCAWガバのデトネーター形状はこの中空インナーに対応しておらず、先端が中空インナーに嵌まりません。

先端がインナーに嵌まらないと、デトネーター+インナーの全長が長くなってしまい、チャンバーに送り込んだ瞬間に暴発してしまいます。
ノーマルデトネーターの先端を削って適合化する事も可能だと思いますが、せっかくだからデトネーターごと作ったというわけです。

C-Tecのアルミ製CPカート・マイルドキックに空キャップと中空インナーをセットし、プライマーが動く距離を確認します。

OK!これなら不発も暴発も起きないでしょう。
(写真でアップになると、ボロボロのリムが目立ちます。カート使いすぎですね。)

念のため、リコイルスプリングガイドにGM-7用のバッファーも取り付けました。



というわけで発火テストです!

3マグ、24発ほど撃ち、結果は
暴発1回
排莢不良1回

快調だし、勢い良くアルミカートが飛ぶのも気持ち良いです。
発火後、銃を点検しましたがとりあえずスライドなども無事でした。
PFC+爆音プラグの柔らかさに比べればシャープな撃ち味ですが、中空インナーの効果でノーマルのCPよりはパワーが少し抑えられている気がします。PFCだと壊れる気がしませんでしたが、CP+中空インナーはぎりぎりセーフの強さという印象を受けます。
これならなんとか遊べるかな…。少し怖いですけど。
  

Posted by T.K.Red at 09:50Comments(2)3D造形

2018年08月25日

SAA用カートスタンド試作


火薬をセットする時にカートを立てられるスタンドをだいぶ前に作り、そこそこ好評なんですが、ファストドロウの有名シューターの方から、「SAA用のカートに使える物を作って欲しい」というリクエストがありました。
確かにファストドロウは毎月練習会や記録会が盛んに行われ、競技者も多いので火薬のセットに苦労している事は想像に難くありません。キャップ火薬の消費に最も貢献している方々のお役に立ちたいと思います。

SAAは.45口径ですが、リムがあるので.45ACP用は使えません。
またファストドロウで使うカートは、ハートフォード製のダブルキャップ用が主流で、これはリム側のケースと弾頭側のケース両方に火薬をセットするため、弾頭側のケースも立てたいそうです。
というか、弾頭側のスタンドだけで良いと、その人は言います。
でもリム側だって立てられたら立てられたですごくセットが楽になるはずなんです。
というわけで両方とも試作してみました。

左側の列はリム側を立てる穴で、右側の列は弾頭側です。
穴の径が違うのと、右側はすり鉢状になっています。
とりあえず寸法的には問題なさそう。

発案者のシューターの方は、弾頭側だけ50発立てられる物が欲しいとの事でしたが、他の方の意見なども聞きながら仕上げて行きたいと思います。
  

Posted by T.K.Red at 00:25Comments(0)3D造形