2018年09月24日

BWCコルト1991キット

数ヶ月前の発売日に購入したのに、組み立ててないどころか箱を開けてチラッと見ただけのコルトガバメントS'80/1991キット。
GM-7.5ベースですから、見た目さえ気にしなければ組み上げて発火まで数時間でできるわけですが、やはりそれなりにキレイに作りたいわけです。しかしパーティングラインを削り落として、線が見えなくなるまでペーパーがけするとか、そういう地味で面倒くさい作業がつくづく自分は嫌いなので、ここまで着手できずにいたのです。
ところが!
よく見てみるとフレームのパーティングラインはすでにほとんど処理されてるではありませんか!

これなら最低限のバリや加工箇所の削りクズを取り除くぐらいでOKな感じ(せっかくだからもう少しキレイにするけど)。
さらに!
SFAローデッドのキットの時に書いた、スライドのレール内の段差も処理されていて、最初からスライドのシャーシがきちんと噛み合って動きます。
これなら素組みでも大丈夫と言えるぐらい、お手軽なキットになってました。
いまさらながら、コルトガバメントS'80/1991のキット、おすすめです。まだ作ってないけど。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
GM-7.5シリーズ’70再販
デトニクスABSスライド入手
タングステン粘土でウェイトアップ
CAWガバ再販!
ハイパワーいじり中
2014年薄型コルトグリップ
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 GM-7.5シリーズ’70再販 (2018-11-10 01:50)
 デトニクスABSスライド入手 (2018-11-07 23:05)
 タングステン粘土でウェイトアップ (2018-11-01 18:20)
 CAWガバ再販! (2018-10-27 00:16)
 ハイパワーいじり中 (2018-10-22 20:03)
 2014年薄型コルトグリップ (2018-10-13 00:27)
この記事へのコメント
こんにちは。
自分もこれ買う気満々だったんですが、刻印が想像と違ってたんですよね(+o+)
MGC時代のでっかく1991A1と刻印されたものを想像してました。
よくよく考えれば初めから、A1の記載がないのでなんとも勝手な勘違いです。
自分の場合アレが好きなんで今回は見送りました(-_-;)
Posted by 1911tac at 2018年09月26日 15:33
自分はショーティ買いましたが、本体はほとんどバリもパーティングラインも無いの感動しましたねえ。エキストの調整は手間取りましたが、ステン材なのに何故か黒染めできてしかも錆びるのは驚きでした(笑)
次はSW1911PROの予定です。待ち遠しいです!
Posted by HAYASHI at 2018年09月26日 21:17
>1911tacさん
そうでしたか、買われなかったんですね。
自分は逆にあのシンプルすぎる刻印がイヤで、この刻印だから買ったようなものです(笑)。

>HAYASHIさん
ショーティもカッコイイですよね。今回のキットはなかなか良かったと思います。
エキストが黒染めできるとは知りませんでした。黒染めできるという事は、錆びるという事ですよね。
SUSも色々な種類があるから、錆びるものもあるようですね。タニコバのオープンカートのデトネーターなんて錆び錆びです。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2018年09月29日 01:24
当方もこのKITとSFA.4インチローデッドKITを買いましたが、未組のままです…。
モデラー魂もスキルも無いヘタレは、キットが楽しめない/むしろ苦痛かもしれません。
発火店長の組立済を買えば良かったと、後悔中です。
Posted by R100GS at 2018年10月13日 08:51
>R100GSさん
今に至ってもまだ手つかずです。そろそろやろうと思ってますが…。
自分もモデラー魂ってないですね〜。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2018年10月16日 21:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。