2017年11月30日

USP/P8用新型バレル


タナカのUSPやP8用のバレルがリニューアルされ、予備パーツとしての販売が始まっています。
メーカーから公式にアナウンスされていませんが、今月再販されたP8からこのバレルに変更されているようです。
新型バレルは、基部が金属の別パーツになっています。


金属になった箇所はタナカUSP/P8の泣き所で、発火を繰り返すとどんどん変形していき、そして破損します。
下写真は旧型のバレルで、わずか30発しか発火していませんが、すでに前面2カ所が潰れて来ています。


このまま発火を続けると、

こんな感じで破損。
ロッキングピースと噛み合わなくなってチャンバー側が持ち上がり、

スライドに当たってエジェクションポート周辺を破損するという最悪の結末が待っています。

タナカのUSP/P8の仕組みでは、必ずバレル基部に負荷がかかるため、自分も以前、似たような対策を試してみました。

基部をすべて削り取り、
自作した樹脂の別パーツを装着。この別パーツを消耗品として、傷んで来たら交換するという案です。

しかし、発火してみたところ、

基部が下に引っ張られ、ネジの部分からバレル本体が破損しました。

改めて旧型バレル(左)と新型バレル(右)の比較です。

基部の半分だけが金属の別パーツで、上半分は旧来通りの樹脂一体です。
確かに、これならロッキングピースと当たって削れていた部分は金属で頑丈になり、下へ引っ張られる力は従来通り樹脂一体の段の部分で受け止められます。

さっそく発火。


30発撃った後のバレルです。

変化なし。
これなら安心して発火できそうです。

気になるのは、金属パーツにした事で薄くなった樹脂部分の耐久性。
また、これまでは樹脂が当たっていたロッキングピース、

赤矢印の部分に、今度は金属が当たる事になるので、こちらの損耗がどうかです。
これらは発火を続けて検証してみようと思います。

しかし、従来型のバレルに比べて、圧倒的な安心感を得られました。
エボリューションHPのUSP/P8は、これでより一層発火マシーンになりそうです。
自分の把握しているところでは、モデルガンパーツショップM9と、御徒町のTAKE FIVEでこのバレルを取り扱っています。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
2014年薄型コルトグリップ
第4回爆裂祭
治具を作る(フィードランプ取り付け用)
BWC3インチ用デトネーター
iSDアクションターゲット
BWCコルト1991キット
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 2014年薄型コルトグリップ (2018-10-13 00:27)
 第4回爆裂祭 (2018-10-07 20:11)
 治具を作る(フィードランプ取り付け用) (2018-10-06 15:47)
 BWC3インチ用デトネーター (2018-10-02 08:43)
 iSDアクションターゲット (2018-09-29 20:58)
 BWCコルト1991キット (2018-09-24 21:05)
この記事へのコメント
なるほど、これは良さげですねー

ちなみに当方のP8はメーカー修理の際に下のネジが無いタイプに変わってますが、すでに若干ご指摘のか所が凹んできてますので、早めに手を打った方が良さげですねえ・・・

P8、C-TECの中空インナーがそのまま使えました。デト交換だけですが、いい感じでパワー落ちるんでCPでも大丈夫です。ノーマルより調子良いですよー
Posted by HAYASHI at 2017年12月01日 12:21
私のP8も初期不良でバレルが
破損した為、
メーカー修理対応して頂きました。
対応品は下部に2本のネジが無い
タイプで、150発程発火させてますが
快調に作動してます。
(若干いつもの部位に凹みが出てる
程度ですね)
改良バレルも調達したかったんですが、
生憎 モデルガンショップM9さんでは
売り切れてました。
Posted by MGリターンズ at 2017年12月02日 16:51
>HAYASHIさん
従来型は遅かれ早かれ、発火していれば必ず逝きますから、今回の新型はとても安心できる対策です。
ちなみにネジの位置は変わっています。
ZEKEのホローインナー発火は快調ですか!それは早く入手しないとですね。

>MGリターンズさん
150発で少しの凹みなら優秀ですね。
そうですか、M9さんでは早くも売り切れですか。
しかしこのバレルは需要が高そうですので、程なく再入荷すると思いますよ!
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年12月03日 14:01
P8初期不良の方、多いですね。
私もバレル基部とスライドが破損し、ネジなしバレルに交換してもらったクチです。
でも、200ほど発火させたあたりでスライドにクラックが入ってしまいました。
1マグ撃つたびにスライドを外してバレルの状況を確認していたんですがねー。
仕方ないのでデトネーターを抜いてダミカ使用にしました。
タナカ製品向上のための人柱になったと思うことにします…。
Posted by kG at 2017年12月04日 17:49
>kGさん
バレルの破損は、ABSの時からずっと持病でありましたから、自分的には初期不良というよりも、もうそういう
仕様だと考えていました。
それだけに、今回の改良は一層嬉しいです。
クラックはエジェクションポートのところですか?
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年12月06日 01:56
>T.K.様
クラック箇所はエジェクションポートです。
ブログ写真の反対側(左側)に、写真と同じように割れました。
バレル変えればまだ発火できるでしょうか?ちょっと怖いです。

同社9mm拳銃(SIG P220)は、HWでしたけど500発近く発火できたのに、えらい違いです。
Posted by kG at 2017年12月07日 11:08
>kGさん
200発撃ったバレルも破損していますよね?スライドのその部分が割れるのは、やはりバレル基部が破損して
チャンバー側が持ち上がる事が原因の大半だと思っているのですが…。
ちなみに、スライドのこの部分はクラックが入っていても発火作動に影響は出ませんので、破損したバレルを
交換すれば引き続き発火できると思います。見た目が気にならなければ発火用スライドと割り切るのも手かと
思います。
SIGはスライドが薄いのに、エボ化されてから丈夫になりましたね!
USPのような壊れ方をしないのは、ショートリコイルの仕組みが違うから、バレルに負担がかからないため
だと思います。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年12月08日 21:26
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。