2021年09月10日

改造モデルガンで老ユーチューバー逮捕の件

6月に改造ハイパトで逮捕の件を書いたばかりですが、3ヶ月足らずでまた逮捕者が出たので残念ながら再度このような記事を書きます。

事件のあらましとしては、
愛知県に住む70歳男性が、モデルガンを改造した拳銃8挺と、色を塗り替えた模造拳銃2挺を所持していたとして、警視庁に逮捕された。
というものです。

この男性が公開していた動画に関しては、少し前にネット上のマニアをざわつかせたので、ご記憶の方もいらっしゃると思います。
私が見たのは、龍馬の銃のモデルガンのバレル及びシリンダーのインサートを除去し、それを撮影した動画を誇示するように公開していたものです。

ハイパト事件の時も書きましたが、もう一度明確に記しておきます。

模造拳銃や模擬銃器は金属で作られている事が要件なので、樹脂製モデルガンにインサートがあるのは自主規制であって、樹脂製モデルガンのインサートを除去しても違法ではない…
…という解釈をしている人がいれば、それは大間違いです!


撃針から銃口まで一直線に筒抜けになっていれば
、弾丸を発射できる構造なので、それは模造拳銃を通り越して「真正銃」です。素材が何であろうが逮捕されます。

しかも本件の被疑者が悪質だったのは、後撃針で発火でき、なおかつ先端に弾を詰められるようなカートリッジまで自作していたと見られる事です(動画では詳細に説明せず「匂わせ」だけでしたが)。
これはもう、完全に武器を製造していますから、情状酌量の余地はありません。

念のために書きますが、今回例に挙げた龍馬の銃は、自主規制組合STGAの厳格な基準のもとで製造・販売されていますから、「改造する事はほぼ不可能」と言ってよく、危険性はゼロに近いです。当然、販売したメーカーに落ち度はありません。
被疑者が異常な執念と特殊な技術で改造したと考えられます(弾薬を自作しているあたりからして異常)。

さらに金属製モデルガンを白、黄色以外の色に塗り替えた模造拳銃も押収されていますが、被疑者の年齢と経歴からすると、モデルガンの法規制やその経緯を知らなかったとは考えられず、こちらも悪質と言わざるを得ません。

モデルガンは恐ろしく厳しい法規制、さらにそれを上回る組合の自主規制を、メーカーの工夫と不断の努力によりクリアして存在できています。
これはユーザー1人の不届きな行為によって崩壊するような微妙なバランスで成り立っていますから、「自分1人ぐらい悪さしちゃっても大丈夫だろう」という考えの人がいれば、今すぐその思考を改めて頂きたい。「誰にも見せずに自宅にしまっておけば大丈夫」というのは幻想です。必ず逮捕されます。
「法律がおかしい」と感じてそれが我慢できないのであれば、自分が政治家になって法律を変えるか、法律を変えてくれそうな人に投票してください。自分が「おかしい」と感じただけで違法行為に及ぶのは、テロに等しいです。

ちなみに、私も主催者のひとりである『モデルガンカーニバル東京』は、モデルガンを発火して遊ぶイベントであると同時に、法律遵守の啓発イベントでもあります。イベントではほぼ毎回、STGAの小林太三技術部長に銃刀法に関する講義を行って頂いています。しかし社会情勢によってここ2年ほどイベントが開催できていないので、何らかの形でまた小林社長にお話し頂ける機会を作りたいものです。

それにしても、メーカーの努力によって外観や性能に何の不満もないモデルガンが入手でき、弾を飛ばしたければエアガンをいくらでもチョイスできる時代で、このような犯罪に手を染める人がいるのは何なんでしょうか?
私はずっとその事が疑問です。どのような思考回路なのか知りたいです。
もし被疑者と同じような願望を持っている、あるいは同様の罪を犯して逮捕された事があるという方とコンタクトがとれるなら、ぜひ話を聞いてみたいです。一体何が望みなのか?

ちなみに、「前方からの見た目に不満がある」という事であれば、このようなアクセサリーも販売されています。
改造モデルガンで老ユーチューバー逮捕の件
C-Tec製ダミーブレット。
シリンダーインサートに挟み込むように取り付ける飾りで、おまけに銃口をふさぐ黒い樹脂製のフタも付属していますのでディスプレイに最適です。前からの眺めを良くしたい方はぜひご検討ください。
改造モデルガンで老ユーチューバー逮捕の件



同じカテゴリー(雑談)の記事画像
「けん銃」がなくなる!改正銃刀法で
改造ハイパトで逮捕の件
ガンダムメッキシルバーを試す
自宅で鋳造
デザートイーグルのカート立て再出品
大門死す!
同じカテゴリー(雑談)の記事
 「けん銃」がなくなる!改正銃刀法で (2021-06-18 01:24)
 改造ハイパトで逮捕の件 (2021-06-14 23:28)
 ガンダムメッキシルバーを試す (2021-05-04 15:58)
 自宅で鋳造 (2021-01-22 15:08)
 デザートイーグルのカート立て再出品 (2020-09-07 21:15)
 大門死す! (2020-08-15 00:05)
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませて頂いております。
この書き込みはお読み頂いた後、削除して頂いた方が良いかもしれませんのでお手数をお掛けしますが宜しくお願い致します。
私は小学校の頃にモデルガンに触れ、半世紀近くこの趣味をやってきております。
幾つもあった事件や規制を目の当たりにしてきているので、昨今の身勝手な理解で違法なものが蔓延している状況を危惧しております。
ヤフオクでインサートを抜いたシリンダー、外せば違法ではないと思っているのか全金属製ハンドガンをスライドとフレームを外した状態での出品。
特に驚いたのは「0.98J以下で法令を遵守しています」との謳い文句で安心させ、全金属製黒色ガスガンを出品している出品者が500以上の取引をしていることです。
この先、さらなる規制が起こらないかと不安でたまりません。
Posted by ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディ at 2021年09月10日 20:51
>ウィリアム・アンドリュー・フィリップ・ボーディさん
おっしゃる事はごもっともだと思います。
愛好家の多くも概ね同じように憂慮されてますし、小林太三さんも同様の問題を指摘し、警鐘を鳴らしています。
特に問題のあるコメントではないと思いますので、削除せずにこのままにしますが、もし削除をご希望でしたらおっしゃってください。対応致します。
全金属製ハンドガンについては、ガスガンであっても模造拳銃扱いで摘発事例がありますので、明らかにクロと認識しています。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2021年09月11日 00:20
私は金属加工の仕事をしている人間なので、はっきり言って銃口及びシリンダーインサートの除去方法などいくらでも思い浮かびます。逮捕された方が何者なのかは知らないですが、金属加工を生業としてる人ならばそうそう難しい加工ではないと思います。(もちろん私はやってませんよ)
ただ実行しようとするならばそれなりの知識や経験、そして工作機械が必要となります。まず素人には無理です。

そのことをせめて、せめて近しい友人知人に自慢する程度ならまだしも、ネット上に公開してひけらかすのが私には理解出来ないですね。例えるなら角に交番がある交差点を、毎日のように信号無視しているような行為かと。いやいつか捕まるよソレと。
捕まりたいのか?それともTKさんのおっしゃるように力(知識)を鼓舞して、捕まえられるものなら捕まえてみろ‼︎とテロ行為をしたかっただけなのかな?
だとしたらあまりにもネジの飛び過ぎた思考回路だし、常人には理解できないのも仕方ないです。

今回のことで自主規制、法律、メーカーに影響がなければいいんですけどね。
Posted by m&m at 2021年09月11日 08:12
いつも楽しく拝見しています。
が、こういう話題は楽しくないものです。

件の人物のような人はどこの分野にもいるものですが
自身のホビーのテリトリーでやらかしてくれると
ただただ腹立たしいものです。

承認欲求や自己顕示欲を無軌道にむさぼる
非常に稚拙な人物だとしか思えません。

話は変わりますが、何かの事件の犯人がアニメ好きだという報道に
アニメファンの人たちが
「そういうレッテル貼りは正しくない」と声を
上げる光景をよく目にします。
ご自身の趣味への誇りがあるから出来る主張かと
思います。
そうした趣味への姿勢を目にしてるところに
今回のようなモデルガンマニア関連の事件が起こると
私はとても複雑な気持ちになります。
(うまく言葉にできずにすみません)

世間に対してはなんの影響力もない
いち購買者としては粛々と遵法の精神と姿勢で
趣味と向き合うしかないのが現状です。

T.Kred様のような啓蒙活動
微力ながらコメントという形で支持させていただきます。
Posted by ぶり at 2021年09月11日 09:29
いつもブログ楽しみにしています。
この歴もはや35年を越えて、今はアメリカ在住です。中部よりの州なので規制は緩いです。

話しが少しズレるかもしれませんが、こちらでは実銃が撃てる環境であると余計に日本のエアガン・モデルガン文化が素晴らしいものと感じています。何をもってこの趣味を持つかですが、やはり愛でたり触ったり動作させたいのが心情だと思います。実銃ではそうそう気軽に自宅内で弄ったり撃ったりは先ずしませんし、出来ません。要は気軽に楽しめないという事。

撃つなら公共やお店のレンジで撃つのが普通です。(米人には水平線の先までウチの庭だから問題ない、と自宅で撃つ人もいますが稀です)なので私はco2ガンでよく楽しんでいます。それでも4.5mmの鉄球で4ジュール位ありますから気をつけねばなりません。

実銃が持てる海外でも日本のトイガン文化はairsoftとして認知されています。その文化を貶める事ないようせっかくのこの素晴らしいホビーを皆で守って欲しいですね。貴殿の様な啓蒙を支持します。
Posted by 通りすがりのモデルガン好き at 2021年09月11日 12:53
>m&mさん
おっしゃる通り、特殊な技術を持っている方が、特殊な設備を用いる必要があると思いますし、さらに加えてモデルガンのインサート工法についても知識を持っている必要があると思います。
我々は当然のようにインサートの事を知っていますが、マニアではなく金属加工ができるというだけの人は、どのようにインサートが仕込まれているか、内部でどのような形状になっているのかも分からないはずですから、銃を壊さずにインサートを取り除くのは難しいはずです。
つまり本件被疑者は、特殊な技術と設備、さらにモデルガンに関する深い知識を持っていたという事になり、それだけにコレをやったというのは悪質だと思うのです(「ついやってしまった」というレベルではない、絶対に)。
今後に影響が出ない事を祈るばかりです。

>ぶりさん
レッテル貼りはよくないですね。
しかし世間は分かりやすいレッテルを貼り、そのレッテルを非難する事で満足しようとします。
ネット上では本件被疑者の過去の職業についても取り沙汰されており、その職業に従事している人は「また○○業のヤツが問題を起こした」とレッテル貼りされる事に困惑していると聞きました。
当方は職業への差別や偏見を助長しないよう配慮し、前職の事は書きませんでしたが、このような問題もあるんですね。
ぶりさんのように、粛々と遵法精神で皆が楽しめば良いのですがね。
というか、インサートをいじらなければ良いという簡単な話なんですけどね。

>通りすがりのモデルガン好きさん
太平洋の彼方からのコメントありがとうございます。
よくガンマニアではない人から、「ホンモノ持ってないの?持ってそうだね」などと好奇の目で聞かれる事があります。おそらく多くのトイガンマニアが一般の人から言われていると思いますが…。
そんな時、自分は似た様な回答で一刀両断しています。「家で遊べないのに持ってても意味がない」と。日本にはレンジもありませんしね。
そう答えながら、やはり自分はトイガンが好きなんだなぁと再認識します。
エアガンは台湾製がすっかり台頭してきていますが、モデルガンは日本独自の文化と言っても過言ではないと思いますので、末永く続く事を願っています。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2021年09月12日 01:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。