2017年01月02日

SATによるP226の使用


Gun Pro2月号は、日本警察拳銃特集の第2弾です。
その中に、「警視庁特殊部隊に採用された? シグザウエル社製のハンドガンP226」という記事がありました。
警視庁特殊部隊というのは、いわゆるSATの事ですよね。
自分の中では、SATの使用拳銃はUSPというイメージがあります。
自分は特段、警察マニアというわけではありませんが、過去に何度か公開されたSATの訓練映像でUSPが使われているのを見た事があるので知識として知っていました。映画やドラマに登場するSATも、USPを使用しています。

ところが、2015年にたまたまこの訓練映像を見た時、「おや?」と思いました。


ミドルショットで映された拳銃射撃の場面。

「これってP226?」と思ったのです。
今回の記事を読んで、やはりそうだったのかと納得した次第です。
数年前からUSPに代わってP226が配備されているとの事ですが、記事にある通りUSPがP226に比べて極度に劣っているとは思えないので、拳銃の交代には、政治的な都合もあるのかも知れません。
USPが劣っている部分があるとすれば、アクセサリーレールがピカティニー規格ではない事でしょうか。
逆にP226が劣っているのは、やはり重量でしょう。USPは771g、P226が964gとの事なので、200g近く重いです。しかし交番のお巡りさんと違い、年中腰に下げて勤務するわけでもないでしょうから、これぐらいの重量はあまり問題にならないのかも知れませんね。

この2挺だったら自分はUSP派ですが、どちらもプロが選ぶ道具として間違いないでしょう。
ベレッタのような華やかさはないものの、質実剛健のいぶし銀という感じですね。
  

Posted by T.K.Red at 19:57Comments(4)雑誌・メディア

2016年12月21日

新世紀 銃撃戦映画のすべて


雑誌以外で久しぶりに本を買いました。
『新世紀 銃撃戦映画(ガン・アクションムービー)のすべて』(青井邦夫 著/洋泉社)です。
2000年代以降のガン・アクションムービー(主に洋画)を特集した本です。と言っても、20世紀の旧作についても要所要所で解説されています。
著者の青井氏は、雑誌『映画秘宝』で“ピストル番長"としてコラムを連載しており、それが単行本化されたという事のようですが、失礼ながらその『映画秘宝』のコラムのほうを読んだ事がなかったので、自分はまったく新鮮に読めます。
まだすべて読んでいませんが、アクション映画について、銃に焦点を当てて解説する内容は、かなり楽しく読めそうです。何せまえがきから、MGCのイラコバさんのエピソードが綴られているほどで、書店では映画書籍の棚に置かれてはいますが、完全にガンマニア向きの本です。

何の銃を使っているのか識別できなかった作品についても、使用銃が分かったり、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』で、主役の元殺し屋がわざわざ「ダブルイーグル」を指定してきたところにぶっ飛んだ、というツッコミに共感できたりと、なかなか楽しめる内容です。アクション映画を観たい時のカタログにもなりそう。

年末年始にゆっくり読もうと思います。
ちなみに価格は2,000円+税。本も高くなりましたね〜。
  

Posted by T.K.Red at 22:52Comments(2)雑誌・メディア

2016年03月04日

コンバットマガジンMGC特集


『コンバットマガジン』4月号のMGC特集、評判が良いので、自分も遅ればせながら購入しました。
まだパラパラとしか見ていませんが、巻頭から40ページ以上にわたる文字通りの総力特集で、かなり読み応えありそう。ライターも有名どころが勢揃いし、貴重な情報がまとめられていて永久保存版ですな。
ボンドショップや上野店などの写真も載っていて、見るだけでワクワクしますね。
自分は新宿店が家から一番近かったので、ペガサス館の2Fによく行っていました。ドキドキしながら薄暗い階段を上ったのを思い出します。
新宿店が閉店してからは、上野店によく行きました。写真は閉店直前、最後に行った時に撮影したもの。

閉店ファイアーセールと書かれています。

ネット通販は楽だし便利ですが、やはりモデルガンはワクワクするショップの店頭で購入し、ドキドキしながら持って帰るのがイイですね。
  

Posted by T.K.Red at 22:29Comments(4)雑誌・メディア

2016年02月13日

モデルガンクラシックス


ホビージャパンのムック『モデルガンクラシックス』が発売になりました。
旧Gun誌の「モデルガン銘鑑」に加筆・修正しての再掲や、CAWグループを中心にモデルガンを作り続けるメーカーの紹介、シューターワンの紹介など、140ページを超えるボリュームで、判型も大きくかなり読み応えがあります。ゆっくり読もうと思います。
こうしてモデルガン本が発売されるのは、非常に嬉しい限りです。

ちなみに、今でも入手可能なモデルガンムックとしては、下記のような物があります。

『モデルガンダイジェスト』(ホビージャパン/2009年)と、『モデルガン・グラフィックス』(イカロス出版/2012年)です。
『モデルガンダイジェスト』のほうは、『アームズマガジン』の読者層などビギナーに向けた内容で、入門書的な感じです。
『モデルガン・グラフィックス』は、モデルガン創生期から近年に至るまでの主要な製品を、1挺につき見開き2ページを使って(1ページが説明で、もう1ページが写真)紹介しています。

この3冊が揃っていれば、とりあえずモデルガンの事は一通り理解できそうです。

この周期で行くと、次にモデルガン本が出版されるのは、2020年でしょうか?

  

Posted by T.K.Red at 22:25Comments(2)雑誌・メディア