2017年02月22日

H&K P8の発火性能


先週発売されたタナカ製P8を、これまたリニューアルされたエボ2カートで発火です。

購入当日にも少し書きましたが、従来のUSPから耐久性を上げるための改良が各所に施されています。

フレームのトリガー周辺の肉厚とか、


バレル底部とか。
ちなみにバレルはUSPの物より重いので、HP樹脂で作られている可能性があります。
アナウンス通りABS並の耐久性であるなら、バレルもHP樹脂で作ったってイイわけですね。

買った日には気付きませんでしたが、エジェクターの先端が細くなっています。

さらにスライドと噛み合う部分の上に、突起があるのが分かると思いますが、


なんとスライドの溝が2本。
ブローバック時の負荷を分散させる為と思われます。

このほかエキストラクターの保持力が強くなっていたり、リコイルスプリングが変更されていたりと、とくにかく発火性能アップの改良が各所に施されており、我々のような発火好きには喜ばしい限りです。


というわけでMGキャップを使っての発火です。


オッ、想像以上のガス抜け!音もかなり大きいです。しかし耳にキーンと来るような音ではなく、気持ちいい!


ドウンという感じのリコイルショック。モデルガンながら、二重リコイルスプリングの効果を感じます。
排莢はほぼ水平で、アルミのエボ2カートが軽快に飛んで行きます。

作動はとにかく快調!
5マガジン、75発撃って不発はゼロ。
ジャムは排莢不良がゼロで、閉鎖不良が2回。

閉鎖不良は、チャンバーの入り口あたりに当たって止まったか、カートのライナー内の気圧にスライドの戻る力が負けたかのどちらかだと思います。
前者ならチャンバーの入り口周辺を少しヤスリがけすれば良いし、後者ならカートの組み立てを工夫するか、発火前に一度、全カートをチャンバーに通してFピンを適切な位置まで前進させれば解消されると思います。いずれにしても大した問題ではなさそうです。

とにかく、撃って楽しいモデルを出してくれたと思います。
来月は早くもUSPがHP化されます。今回のP8を迷ってまだ購入していない人は、さらに迷う事でしょう(笑)。
グロックやSIGも順次HP化されるでしょうから、今年はタナカから目が離せません。
  

Posted by T.K.Red at 09:47Comments(11)モデルガン

2017年02月20日

SFA. LOADED制作過程



先日作った、BWC製スプリングフィールドアーモリーLOADEDの組み立てキットです。
購入を検討している方から、「買ってもちゃんと作れるか心配」というコメントを頂いたので、少しでも参考になればと思い、製作過程をアップする事にしました(全部は写真撮ってないんですが)。


購入時の状態。当然バラバラです。
最初に書いておくと、この製品は中〜上級者向けです。
マルシンのキットと違い、初心者でも頑張れば作れるというものではありません。
初心者が買った場合、最も障害となるのが、組み立て手順の書かれた説明書が入っていない事です。完成品と同じ説明書だけです。つまりガバメントの基本構造を知っている事が前提です。小さなスプリングやピンを見て、それがどこに使うものかひと目で分かる必要があるのです。それが分からない人は、パーツ表の分解図を参考にするしかありません。
しかもGM-7の内部構造は一部オリジナルのアレンジがなされていますから、他のモデルガンや銃器全般に精通していても、GM-7シリーズを知らない方は少し苦戦すると思います。
お手本となるGM-7の完成品があるとベストですね。
(組み立て説明書が入っていないのは、自分の購入したものがイベントでの先行販売品だからかも知れません)

またキットに入っているパーツ類は、型から出たままか、それに近い状態のものが多く、何カ所か加工しなければ素組みすらできません。

金属パーツは黒染めもされていません。


さてさて、自分はまず表面処理から始めました。
フレームにはパーティングラインがバッチリ残っているので、それを削り落とし、

全体をペーパー掛け。
フレーム、スライドとも側面は平面が出るまでペーパー掛けしました。
これは作動にあまり関係ないので、やらなくてもOK。
しかし、せっかくのBWC製品ですから、やはり表面もキレイに作りたいところです。

フレームには「要らないもの」が残っています。

右グリップの穴の上に突起。
そしてグリップセフティの入る部分には、“橋"がかかっています(マルイのフレームにもある)。
これらは、あっても作動に問題は生じませんが、気分的に嫌なので取り除きます。
しかし、グリップセフティのところにあるやつを早めに取ってしまったのは失敗でした。フレーム側面を平面出しする場合、これがあったほうがしっかりと支えになるからです。


スライドは、フレームと噛み合うレール部分を削る必要があります。
溝の途中に段があり、そこにフレームが当たるのです。「素組みできない」理由のひとつがここです。
以前、イベントで購入したGM-7のアウトレットスライドも同じだったので、型から出した状態ではみんなこうなのだと思います。
インナーシャーシをはめたフレームと組み合わせて、スムースに動くようにレール部分を削るわけですが、この銃はCP(ダブルキャップ)カート専用となるので、オープンカート用ほどスルスル動かなくても良いかなと思い、少々スライドの動きが渋い状態でやめました。

マグキャッチやスライドストップも研磨。

金属パーツもパーティングラインを消したり、平面を出すと、塗装後の印象が変わります。
まあこれも気分の問題なのでやるかどうかは好き好きです。

表面処理が大体終わったところで、塗装する前に組んでみます。
塗装後に問題が判明して削る事になった場合、結局塗装し直さないといけなくなるからです。

案の定、マグキャッチの穴と、シアーピンの通る穴(シャーシ側)が小さい事が判明。
フロントサイトもキツすぎて入らない事が分かりましたので、これらを削って調整です。

ちゃんと組めたところで塗装。完成まであと少しです。
実銃を参考に色を決めます。
これとか。


こんな写真とか。


こういう動画とか。


実銃はパーカライジングという事で、結構グレーなんですよね。
でもちょっとは黒いほうが良いので、
キャロムのブラックスチール
インディのダークパーカー
の2種類を混ぜてみました。



実銃に合わせてバレルも塗装。

マズルフェイスは文字通り銃の顔なので、黒か銀かでイメージはだいぶ変わると思います。


というわけで完成。

スライドとフレームは、予定よりも黒くなってしまったので、パーカーシールで塗装し直す予定です。
またバレルの塗装も強度に難あり。ここは別の方法を考えます。
自分はグリップパネル、ハンマー、サムセーフティの3点は、別途用意したものを使いました。

GM-7に馴染みのある人には、組み立てそのものは難しくないはずです。そして組んでしまえば、発火性能は最高級です。
ただそれ以外の人が購入すると、最初に書いた通り苦戦するかと思いますので、どうしてもこのSFA. LOADEDのモデルガンが欲しいという事であれば、素直に完成品を購入される事をお勧めします。
  

Posted by T.K.Red at 23:09Comments(2)モデルガン

2017年02月19日

新しいガンショー“爆裂祭"

本日は新宿で行われた“爆裂祭"という新しいイベントに出掛けてきました。
東京ではブラックホールやビクトリーショーなどのガン/ミリタリーイベントが定期的に開催されていますが、「ガン業界の活性化と色分け」を目指し、銃や装備品のみに特化したイベントという、ガンマニアにとっては嬉しいコンセプトです。
なんせWW2装備など、主旨と異なるコスプレは禁止と明示するほど、ガンに特化しようとしているのが分かります。

とはいえ、あまり大きな宣伝もしていなかったし、会場図を見ても小規模なイベントである事は分かるので、「どれだけお客さんが来るのだろう?」と他人事ながら心配していました。

自分が会場に着いたのは14時前でしたが、

歩くのも大変なほどの賑わい。
まぁ会場が狭いという事もありますが、それを考慮しても予想以上の盛況ぶりでした。

むげんブースには、ZEKE製の中空デトネーターを搭載したマルシン製ガバメント&コマンダー、それにM84が展示されていました。デトネーターと中空インナーがセットで近日発売との事です。ちなみにケースとして使用するのはタニオ・コバのイージーCPカートです。

モデルガンはもとより、エアガンを販売するブースも思ったより少ないのが気になりました。装備品のブースが大多数。ガン業界の活性化を狙うイベントにしては、トイガン販売が少ないというのはちょっと寂しい感じです。
しかし、まだ第1回なのでこれからどのように発展していくか楽しみにしたいと思います。
いずれは東京近郊のガンショップが一堂に会するようなイベントになるといいですね。
  

Posted by T.K.Red at 21:53Comments(2)雑談

2017年02月15日

H&K P8(タナカ)発売

タナカの新作、H&K P8が発売になり、さっそく購入しました!

見た目は従来のUSPと大きく変わりませんが、様々な新しい要素が盛り込まれており、単なるUSPのバージョン違いとは言えません。“タナカの新作モデルガン"と呼んでも良いと思います。
まず、噂のハイパフォーマンス樹脂について。HWの重量とABSの耐久性を併せ持つという新採用の素材です。
触るとひんやりとしていて、ズッシリとした重量感もあり、HWと遜色ありません。HW製のUSPと持ち比べてみると、「少し軽いかな」と感じますが、単体で持っただけではまったく気付かないと思います。
耐久性については発火してみないと分かりませんが、かなり期待しています。


USPとの外観上の一番の違いはコントロールレバーの使い方。下げてセフティ(コック&ロックも可能)、そこからさらに下げてデコッキングです。
USPのようにセフティを解除する勢いでデコックしてしまう可能性がありません。跳ね上げでセフティ解除は、好みが分かれるところでしょう。


乳白色のマガジンです。今回タナカが発表するまで、こんな色のマガジンだとは知りませんでした。
雑誌で初めて見た時はスケルトンなのかと思いましたが、そうではありません。透けて見えるのは、インナーシャーシです。


以前、HWスライドの右側のレール付近がやたら薄くなっているという記事を書いたのですが、ここはABS時代と同じぐらいの厚さに戻っています。これなら安心ですね。


スライドを外してみると、必ず割れるフレームの薄い部分が変更されていました
バンザーイ!!


左がP8で右がUSP。
こうしてみると、インナーシャーシの形状が結構変更されているのが分かります。


他のパーツ形状も変更されています。
スライドがスムース動くよう、ディスコネクターの角がなくなっています。さらにコントロールラッチの形状も変わっていますね。


バレルの下にネジが2本。補強のためでしょうか?グロックのように別部品をネジ止めしているというわけではないようです。
バレル下部は破損しやすい場所なので、耐久性アップに期待しています。
ちなみにパーツリストには、このネジが書かれていないので、バレルの一部という扱いなのでしょう。


エボ2カートです。
ケース、弾頭ともアルミ&アルマイト加工。プライマーもアルミのようです。
Fピンは形状が変更され、Oリングが太くなっています。
ライナーには細いOリングが追加されています。おそらくケース内でガタつかないようにするためでしょう。またライナー入り口は斜めにカットされていて、これによりFピンを入れるのが格段に楽になっています。

とりあえず気付いた点はこのぐらいでしょうか。
うーん、期待通りの出来映え。発火が楽しみです。
  

Posted by T.K.Red at 00:29Comments(19)モデルガン

2017年02月12日

エボカート用スピードローダーテスト中


先日作ったエボカート用のスピードローターをバリバリテストしています。普段はPFCやCPで発火しているベレッタM9も、久々にエボカートでたくさん撃ちました。
やはり火薬のセットは楽になったと感じますし、作業が少しだけ楽しくなったのも、些細な事ですが結構重要だったりします(まあこれは最初だけでしょうけど)。

ちなみに、発火後のスリープをローダーに立てて、


グイッとやれば

撃ち殻キャップの排出も少し楽になります。

基本的には問題なく使えているのですが、一度だけ火薬を押し込んだ際に暴発がありました。

グイッと押し込んだ瞬間に、1発だけバンッと爆発してビックリしました。

キャップがシートからちぎれると同時にスリーブ内に押し込まれるというシステム上、どうしても力を加えながらローダーを押し込む事になります。その勢いで押し込まれると、台座の底でキャップがひしゃげてしまい、結果ローダーで火薬を潰したのではないかと想像します。
以後は力を加減しながら作業しているので暴発は起きていませんが、根本的な解決先が必要だと考えています。

一番簡単なのは、ロッドを短くしてしまう事なんですが、それだと上で紹介した、発火後のキャップの取り出しに使えなくなってしまいます。
他にもいくつかアイディアがあるので、追々試していこうと思います。

カートのセットが楽だと、発火が一層楽しくなります。
  

Posted by T.K.Red at 19:49Comments(5)モデルガン

2017年02月07日

エボカート用スピードローダー試作


タナカのP8が間もなく発売されますが、銃本体だけでなく、一新されるカートリッジにも注目しています。

下写真はエボリューションシリーズに対応した現行のカートリッジですが、これがEVO2カートリッジへとリニューアルされます。

EVO2カートの一番の特徴は、ケース全体がアルミになり、アルマイトコートされる事です。
アルミカートは銃への負担が少なく、エジェクト時の飛びも軽快。アルマイトは汚れにくいなど、利点が多いです。モデルガンメーカー純正の9ミリカートがアルミ化されるのは、おそらくこれが初めてだと思いますし、作動性能もアップしているらしいので期待が膨らみます。

しかし、タナカのパラカートは、
セットが面倒くさい。
性能が良い事は分かっているのですが、他のカートより部品点数が多くて非常に煩わしいのです。
だから、つい変換デトネーターを使って、PFCなど他社製のカートを使ってしまいます。

しかし、今回はせっかくカートリッジが一新されるわけですから、ぜひともこれを使い倒したいと考えてます(従来のエボリューションシリーズの銃にも使えるようですし)。
そのためには、少しでもカートの組み立てを楽にする必要があります。

そこで、スピードローダーを試作してみました。

下の写真はスリーブを5本立てる台座です。

本当は樹脂ブロックか何かに穴を空けて作ろうと思いましたが、とりあえず今回はパテで作りました。
これに立てた時点で、スリーブ内にオイルを吹いておきます。
そしてそこへ、

5ミリキャップを、シートから切り取らずに、そのままかぶせます。

続いてコレ。

タナカの純正ローダー5本。
間に1ミリ厚のABS板を挟んで接着した物です。
これを使って、

ズボッ!

一気にキャップ5発装填完了です。

思い付きで作ってみたのですが、ちゃんとできました。これで少しはセットが楽になりそうです。
このスピードローダーの利点は、5発同時にセットできるというだけでなく、5ミリキャップをシートからむしり取る手間が省ける事です。
7ミリキャップと違い、5ミリキャップはひとつひとつちぎらないといけないので面倒ですよね。
逆に言えば、この方法は5ミリキャップとスリーブを用いるパラカートだからできる技です。

そして台座の穴とロッドを3倍に増やせば15発同時装填もできるはずですし、理論上は最大50発同時装填まで可能なので夢が広がります。
しかし実際に数を増やすには、台座の穴やロッドの間隔が正確である事や、ロッドに曲がりが無いなどの精度が求められるでしょう。
実は今回の試作品は、タナカの純正ローダーや、ウチにある一番薄い1ミリ厚のプラ板など、あり物で作ったため、キャップ火薬の間隔とローダーの間隔が微妙に合っていません。プラ板が少し厚いのです。とりあえず今回は5発だけなのでそれでも使えましたが、ちゃんと寸法を決めて樹脂棒などの部材から作り起こしたほうが良さそうです。3Dプリンタがあれば一番ですね。
キャップ火薬の中心から、隣の火薬の中心までが8ミリ。
ローダーの太さが5ミリなので、ここから算出して寸法は決められます。
興味のある方はぜひ作ってみて欲しいですし、カートのセットを楽にするアイディアがあればぜひ教えて頂きたいです。
  

Posted by T.K.Red at 18:05Comments(5)モデルガン

2017年02月04日

グリップウェイト再び


以前、GM-7.5に、サンプロジェクトのグリップウェイトというのを付けました。
グリップパネルの裏に貼り付けると、若干ウェイトをアップできます。
なかなか良い感じだったので、先日組み上げたBWCのSFAローデッドにも付ける事にしました。
グリップはキットに付属のものではなく、スプリングフィールドロゴが入ったアルタモント製です。

木目の感じも美しいローズウッドですが、キットに使用するにあたって、自分で適当なアンビ加工もしてしまったので、コレクション的な価値はもうありません。
というわけで、遠慮なく接着剤でガッチリ接着。

近年のBWC製品は、スライド内に重いブリーチブロックが付いているので、それも合わせてノーマルのGM-7よりも重量が結構アップしました。
マニアの中にはグリップ部ばかりが重くなる事を嫌う人もいます。フロントヘビーの実銃とは重さのバランスが異なるからです。確かにその考え方も合っているとは思うのですが、やはりGM-7に木グリの組み合わせというのは、軽すぎると感じます。
実銃とバランスが異なるとはいえ、重量がアップすると持った時の「存在感」もアップすると思います。

そしてSFAローデッドは既に何度か発火してますが、トラブルなしの絶好調。最高です。
  

Posted by T.K.Red at 19:50Comments(0)モデルガン