2017年11月30日

USP/P8用新型バレル


タナカのUSPやP8用のバレルがリニューアルされ、予備パーツとしての販売が始まっています。
メーカーから公式にアナウンスされていませんが、今月再販されたP8からこのバレルに変更されているようです。
新型バレルは、基部が金属の別パーツになっています。


金属になった箇所はタナカUSP/P8の泣き所で、発火を繰り返すとどんどん変形していき、そして破損します。
下写真は旧型のバレルで、わずか30発しか発火していませんが、すでに前面2カ所が潰れて来ています。


このまま発火を続けると、

こんな感じで破損。
ロッキングピースと噛み合わなくなってチャンバー側が持ち上がり、

スライドに当たってエジェクションポート周辺を破損するという最悪の結末が待っています。

タナカのUSP/P8の仕組みでは、必ずバレル基部に負荷がかかるため、自分も以前、似たような対策を試してみました。

基部をすべて削り取り、
自作した樹脂の別パーツを装着。この別パーツを消耗品として、傷んで来たら交換するという案です。

しかし、発火してみたところ、

基部が下に引っ張られ、ネジの部分からバレル本体が破損しました。

改めて旧型バレル(左)と新型バレル(右)の比較です。

基部の半分だけが金属の別パーツで、上半分は旧来通りの樹脂一体です。
確かに、これならロッキングピースと当たって削れていた部分は金属で頑丈になり、下へ引っ張られる力は従来通り樹脂一体の段の部分で受け止められます。

さっそく発火。


30発撃った後のバレルです。

変化なし。
これなら安心して発火できそうです。

気になるのは、金属パーツにした事で薄くなった樹脂部分の耐久性。
また、これまでは樹脂が当たっていたロッキングピース、

赤矢印の部分に、今度は金属が当たる事になるので、こちらの損耗がどうかです。
これらは発火を続けて検証してみようと思います。

しかし、従来型のバレルに比べて、圧倒的な安心感を得られました。
エボリューションHPのUSP/P8は、これでより一層発火マシーンになりそうです。
自分の把握しているところでは、モデルガンパーツショップM9と、御徒町のTAKE FIVEでこのバレルを取り扱っています。
  

Posted by T.K.Red at 21:32Comments(7)モデルガン

2017年11月26日

エキストラクターを黒メッキ


BWCのキンバーCUSTOM TLE II です。
アウトレット品として購入したものですが、とてもお気に入りです。

この銃の特徴は、

外装式エキストラクター。フレアーカットとの組み合わせがデザイン的にも素晴らしく、ドキドキします。
スチール削り出しの特製パーツという点もありがたいのですが、発火するとサビます。
発火後に毎回エキストラクターを分解してクリーニングすればなんとか大丈夫ですが、ちょっと気を抜くと、すぐにうっすらと赤いサビが浮いて来てしまいます。
サビた時には磨き落としてリブルーする事で対応していましたが、面倒なので何か対策したいと思っていました。

で、以前SFAローデッドのマグキャッチに、黒ニッケルメッキをかけるという方法を試したのですが、1ヶ月半以上経過しても…

剥げる気配はなく、なかなか良い感じです。

というわけで、キンバーのエキストラクターも黒ニッケルメッキしてしまいます。

まずは全体を磨いて地肌を出します。
そして脱脂したあと銅メッキをかけます。

定石通り、銅メッキ→ニッケルメッキ(銀色)→黒ニッケルメッキの順番で重ねて行きました。
…が!
最後の黒ニッケルメッキがどうにもうまく乗らない。いくらやっても黒くならないのです。
マグキャッチとは材質が違うからかも知れません。
そう言えば最初の銅メッキも乗りが悪かった気がします。

それで思い出したのですが、真鍮にメッキをかけた時も、銅メッキは乗りが悪く、その上にニッケルメッキをかけてもすぐに剥げてしまいました。試しに銅メッキせずにいきなりニッケルメッキをしたところ、そっちのほうが良くメッキできた、という事があったのです。

金属によってメッキとの相性があるのでしょうか?
そういう知識がないのでよく分かりません。
特に自分の使用している「めっき工房」は、特別な技術で家庭での簡単なメッキを実現しているため、一般的なメッキとも異なるので余計に分かりません。

とりあえずここまでやったメッキを削り落とし、真鍮の時と同じようにいきなりニッケルメッキをしてみました。

しかし、真鍮だと金色が銀色に変わるのでメッキされていると分かるのですが、磨いたスチールだと色が変わらないのでちゃんとニッケルメッキされているか分かりません。

しかし、このあと黒ニッケルメッキにとりかかると、

おお!どんどん黒くなっていく!
理屈は分かりませんが、どうやらうまくいったようです。

一度全体が黒くなったら、スライド側面に露出する面をポリッシュし、脱脂してまた黒ニッケルメッキをかける…という作業を数回繰り返しました。

知識もノウハウもないため苦戦しましたが、なんとかイメージに近い仕上がりになりました。

黒ニッケルメッキは、やや黄色がかった黒なのでガンブルーとは違いますが、これはこれで味わいがあります。

メッキの強度や、肝心の耐サビ性能を早く試したいところですが、実はスライドとフレームをセラコート業者に出しているため、組み込む事ができず。
早く戻って来ないかな〜。
  

Posted by T.K.Red at 21:44Comments(4)モデルガン

2017年11月24日

グロック用ZEKE中空デトネーター


以前、ZEKE製のタナカM9用中空デトネーターとホローインナーを試したら調子が良かった
ので、今度はグロック用のデトネーターを入手しての発火テストです。


カートはC-Tecのマイルドキック、インナーのみZEKEのホローインナーに交換し、5ミリキャップをセットしての発火です。

今回は15発、1マガジンのみの発火です。

ズドンッ!という轟音と共にマズルから火を噴き、カートがエジェクトされました。

しかし、

フィードランプのところに次弾が引っ掛かり、いきなりジャム。
その後も同様のフィーディングトラブル、さらに不発が頻発し、結局3連射すらできませんでした。
M9の快調さとは雲泥の差です。

もともとMGCの設計(つまりCPカート使用を想定)のM9と異なり、グロックやSIGはタナカのパラ/エボカートを使用するためのフィードランプ形状ですから、CPカートを使うなら加工調整はある程度必要であると思います。
フィードランプを削り込む事で給弾不良は解決できるはずですが、不発のほうも何か解決策を見つけたいところです。

P8のバレルがリニューアルされて破損しにくくなっているようなので、そちらを入手したらP8やUSPでもZEKEインナーを使って発火してみたいです。
  

Posted by T.K.Red at 21:56Comments(6)モデルガン

2017年11月18日

BWCガバをシングルキャップで発火


GM-7ベースの良質なカスタム製品を作り続けるBWC製モデルガンの売りのひとつが、ダブルキャップカート

これを使用しての発火です。
添加物なしで、お手軽に迫力ある発火が楽しめる点は優れものですが、時と場所によっては、あまり大きな音が出せない事もあります。
そんな時にはシングルキャップで発火したいわけですが、近年のBWCのモデルガンに、一般的なCPカートは使用できません。
GM-7でCPカートを使用するためのデトネーターは発売されていますが、砲底面がフラットになっている最近のBWCモデルガンには使えないのです。

フラット砲底面。
タニコバ製はブリーチ面が少し下がっているため、デトネーターの全長や、カートストッパーの位置が変わって来ます。
フラット砲底面対応のCPカート用デトネーターはないので、なんとか工夫してシングル発火してみようと思います。

方法としては、
1)BWCカートのFピンインナーに5ミリの空キャップをセット
2)ケースとプライマーはBWC製だが、Fピンを一般的なCPカートの物を使用

のいずれかになりますが、今回は(2)の方法で行いました。
デトネーターはダブル用そのままです。
エランのモデルガンは、デトネーターを変更する事なく、カートのFピンを変えるだけでダブル発火/シングル発火を変える事ができますが、BWCの場合はどうでしょうか。

下写真右側の一般的なCPカート用Fピンを使用します。

BWCのダブル用と比較してもそれほど全長は変わりませんが、少し短いので、発火前に7ミリの空キャップをカートにセットし、チャンバーに入れてプライマーを押してみました。

結構深く押し込めてしまいます。
これだと不発が起きるかも…と予想しながら発火テストです。

今回は2マグだけ発火です。

■1マガジン目
 初弾がチャンバーに送り込まれると同時に、3バースト発生。
 その後2バーストも発生。

予想外に暴発が起きたのでビックリ。
2マグ目は、発火前に手動にて全弾、装填/排莢を繰り返し、Fピンを適切な位置にしてやってから発火。

■2マガジン目
1発、2発と順調に発火したものの、3発目でやはり2バースト発生。あとは問題なし。

今回のテストでは不発、ジャムは起きなかったものの、暴発しがちという結果になりました。
デトネーターとカートの寸法関係はあまり問題なさそうなので、あと少し工夫すれば快調に作動するかも知れません。

しかし、ダブル用のデトネーターをそのまま使用する方法では、一般的なCPカートリッジが使えません。太いデトネーターが弾頭の開口部に通らないからです。
C-Tecなど一般的なCPカートを使用するためのデトネーターが欲しいところですね。
  

Posted by T.K.Red at 23:10Comments(4)モデルガン

2017年11月11日

第6回モデルガンカーニバル東京終了


今年のモデルガンカーニバル東京も無事終了しました。
常連の方や初参加の方、遠方からお越し頂いた方、未来のモデルガン界を担う10代まで、たくさんの方にお越し頂き、盛況のうちに幕を閉じました。
参加された皆様、ご協賛頂いた団体様、ゲストの小林太三社長、ありがとうございました!
詳報は後日モデルガンカーニバル東京のブログに掲載致します。
  

Posted by T.K.Red at 23:38Comments(3)発火イベント

2017年11月07日

イベント用キャップ火薬


ここしばらく、全国的にキャップ火薬の品薄状態が続いていました。
自分は買い置きが結構あったのであまり困らなかったのですが、やはりカネコ1社の製造ではちょっと心配になりますね。
そんな中、今度の土曜日にはモデルガンカーニバル東京が開催されます。
先週末ぐらいからキャップ火薬も再出荷が始まっているようなので、すでに品薄状態は解消されていますが、購入する時間がない方のために、7mmMGキャップを20箱ぐらい持って行く予定ですので、会場で買う事も可能です。
モデルガンカーニバル東京の参加申込みは、定員まであとわずかです。
参加されたい方は、公式ブログよりお早めにお申し込みください。

モデルガンカーニバル東京 公式ブログ
  

Posted by T.K.Red at 20:23Comments(0)発火イベント

2017年11月05日

Vショー終了!次はMGCT

本日は都立産業貿易センターにてビクトリーショーでした。
ブースにお越し頂きました皆様、ありがとうございました。
また『モデルガン発火体験』にもたくさんの方にお越し頂き、これまたありがとうございました!
以前、発火体験をしてすぐにGM-7を購入し、すっかりモデルガンにハマッてしまったという話も聞き、非常に嬉しくなりました。少しずつでもモデルガンファンが増えると良いです。

さて、あと1週間もしないうちに「モデルガンカーニバル東京」です。
こちらは愛銃を持ち寄って気が済むまで発火できるイベントです。

11月11日(土)モデルガンカーニバル東京への参加申込みは、公式ブログから受け付けています!
モデルガンカーニバル東京 申込みはコチラ
  

2017年11月04日

モデルガン発火体験の予習4【モデルガンの種類と購入のすすめ】


明日のビクトリーショーに出展する『モデルガン発火体験』予備情報、第4回です。

第1回 モデルガン発火の楽しさを知る

第2回 モデルガンの扱い方(前編)
第3回 モデルガンの扱い方(後半)

ここまでエアソフトガンユーザーに向けて、モデルガンに関する基礎情報やモデルガン特有の扱い方などを書いて来ました。最終回は、
【モデルガンの種類と購入のすすめ】
です。

Vショーの『モデルガン発火体験』ブースで発火してみて、「モデルガンも結構おもしろい」と感じたなら、ぜひどこかのお店でモデルガンを1挺買ってもらいたいと思うのです。Vショーの中では、「むげん」や「アングス」などのブースでモデルガンを販売しています(私たちのブースでは販売していません)。
とは言っても、いきなり購入はハードルが高すぎるかも知れませんので、「どんな銃がモデルガン化されているのか?」というあたりからでも興味を持ってもらえたらと思います。

『モデルガン発火体験』ブースでは、タニオ・コバ製の1911系を使用しています。数あるモデルガンの中でも、特に快調に作動し、壊れにくいというのが理由です。

エアガンと同様、ドル箱スターの1911系はタニオ・コバ以外にも多くのメーカーが発売し、バリエーションも豊富です。1911ファンは困る事はないと思います。

しかし、モデルガンも1911だけではありません。
例えば銀幕のスター、ベレッタ92系

モデルガンの扱い方(前編)で「エジェクションポートからカートが見える」というモデルガンの醍醐味を説明しましたが、その最たるはオープントップスライドのベレッタです。この美しい姿はベレッタ以外ありません。

そのほか、グロック17SIG P226、またUSPなど、王道の機種は大抵モデルガン化されています。


リボルバーも、S&Wとコルトの主要モデルならちゃんと揃っています。


もちろん、長物だってあります。


Vショーのショップブースや、いつも行くガンショップでも、今までモデルガンコーナーはきっとスルーしていたと思いますが、『モデルガン発火体験』に参加されたら、これを機にモデルガンもちょっと気にして見てください。

モデルガン購入に踏み切れない理由として、
「エアガンや装備を買うのに精一杯で、とてもモデルガンにお金をかけられない」
という意見が聞かれました。
確かにエアガンとモデルガンの両方を同じように集めようとしたら破産してしまいます。両者のウエイトは違っても良いわけですから、とりあえず1挺だけ所有してみてはどうでしょうか。

実を言うと、モデルガンマニアのほとんどは、エアガンも持っています。
例えば、下の写真は私の所有しているガスガンです。

マルイのM&Pと、KSCのグロック19です。
このブログを開設して以来、エアガンの画像は一度もアップしていないので、これが初登場です。
私はモデルガンマニアですが、それでも時には弾を飛ばして遊びたい事だってあるので、エアガンもちゃんと持っているんです。所有しているトイガンの中では、1割程度の挺数だと思いますが。
それと同じで、基本はエアガンユーザーであっても、「ちょっと火薬のにおいを嗅ぎたくなった」時のために、モデルガンを1挺買っておいても良いと思います。

「初めて買うモデルガンは何がイイか?」
という質問も多いです。答える人によって「タニオ・コバの1911が良い!」「マルシンのベレッタ92FSが入門に最適!」など意見は分かれるところです。
自分も「タニオ・コバの1911」と答えがちですが、それは今まで銃に興味がなかった人へ勧める場合の話。
ガンファンなら「自分の好きな銃を買うのが一番」だと思います。

エアガンに比べてモデルガンは新製品がなかなか発売されないため、例えばS&WのM&Pや、H&KのVP9といった近年の人気機種は残念ながらまだモデルガン化されていません。
しかし「好きなハンドガン・ベスト5」を挙げれば、きっと1挺はモデルガン化されているはずです。準備やメンテナンスなど、エアガンに比べて手間のかかるモデルガンですが、好きな銃であればそれらの作業をするモチベーションも上がるというもの。
ぜひモデルガンの購入を検討してもらいたいですし、そのための質問や相談は、『モデルガン発火体験』ブースや隣接する『切粉』『T.K.Red』ブースなどでバンバン受け付けています。


ちなみに『モデルガン発火体験』を主催するモデルガンフリークスは、メーカーやショップの回し者ではありません。単なるモデルガン好きが集まって主催したから、「モデルガンフリークス」です。
なぜこのような活動をするかと言うと、多くの人にモデルガンの魅力を知ってもらいたいからなんですが、一番伝えたい相手がエアソフトガンユーザーです。
純粋に競技の道具としてエアガンを手にしている精密射撃の選手などは別として、ほとんどのエアガンユーザーはガンファンのはずです。そして実銃を持てない日本だから、実銃の代用品としてエアガンを手にしているのだと思います。
その実銃の代用品には、エアガン以外にモデルガンという選択肢もあるという事、そしてそこにはエアガンとはちょっと違う楽しさがあるのだという事を、まずは知ってもらうところから始めようというわけです。
ですから、「初歩的な事を聞いたらバカにされるかも」とか思わず、モデルガンに関して分からない事や知りたい事があれば、どんどん質問してください。
モデルガンファンはエアガンファンを敵視したり、見下しているという事はありません。ネット上にそのような発言があったとしても、それはごく一部です。ほとんどのモデルガンファンはエアガンファンがモデルガンにも興味を持ってくれる事を望んでいます。だから小さな事でも、質問すれば嬉々として答えるはずです。
モデルガンファンはエアガンファンに比べて年齢層が高いため、少し話しかけにくいかも知れませんが、同じガンファンです。鉄道ファンと話すのとは違います。エアガンファンとモデルガンファンは、「親戚」みたいなもの。もしくは「お隣さん」です。

明日のVショーでは、お買い物のついでに5階Gun/ミリタリーフロアのF16『モデルガン発火体験』にお立ち寄りください。
  

2017年11月02日

モデルガン発火体験の予習3【モデルガンの扱い方(後編)】

11月5日(日)のビクトリーショーに出展する『モデルガン発火体験』予備情報です。

第1回 モデルガン発火の楽しさを知る
第2回 モデルガンの扱い方(前編)

前回は発火前のモデルガンの扱い方について書きました。後編は発火です。
「トリガーを引くだけ」と言えばそれまでなんですが、ちょっと付随情報なんかも書きたいと思います。

モデルガンは跳弾によって怪我をする可能性がないため、撃つ時もゴーグルなどのアイプロテクションを装着する必要はありません。

準備や後始末など何かと面倒くさいと思われがちなモデルガンですが、この点に関してはモデルガンのほうがお気楽です。
火薬カスが目に入ったり、銃が破損した場合に破片やパーツが顔に向かって飛んで来る可能性もゼロではないため、「モデルガンでもアイプロテクションをすべき」という考えの人もいますが、メーカーが推奨しているわけではありませんし、愛好家の間で広く定着しているルールというわけでもありません。従ってアイプロテクションをせずにモデルガンを発火したからといって、非難の対象になる事はありませんし、現在のモデルガン界では、アイプロテクションをしない方が一般的です。
『モデルガン発火体験』ブースにもアイプロテクションは用意していませんので、「銃を撃つ時はゴーグルをしないと落ち着かない」という方はご持参ください。

さて、いよいよ発火です。
「ウィーバースタンス」や「アイソセレススタンス 」など両手保持の姿勢で構え、グリップをしっかり握ってください。
リコイルをより感じたい方はワンハンドでも結構ですが、その際にはグリップをキツく握ってください。
とにかく、弾が飛ばないからと言ってイイ加減に握るのはNG。緩いグリッピングは、実銃同様ジャムの原因となります。

サポートハンドの親指を後方へ回す人もいますが、これもNGです。

後退したスライドが親指に接触し、怪我をする恐れがあります。
これはガスブローバックガンでも同様のはずですが、モデルガンのほうがブローバックのキック力が強いため、より注意が必要です。

構えが決まったらトリガーを引き絞ります。

バン!という発火音と同時にスライドが後退し、エジェクションポートからカートリッジが飛び出します。
そう、弾は飛びませんが、カートは飛びます!
TOPのM4系やライブシェルのショットガン、マルシンのカート式などで遊んでいる人でも、発火音やガンスモークと共に排莢されると、ちょっと違う印象を持つはずです。

『モデルガン発火体験』で使用するタニオ・コバの1911系は、モデルガンの中でも快調モデルとして知られているのですが、それでも作動不良(マルファンクション)が発生する事もあります。

作動不良の一例、「ストーブパイプジャム」です。
カートリッジがうまく排出されず、エジェクションポートに挟まり、ストーブの煙突のようになっています。
「新鮮でおもしろい」と、エアガンで経験した事のないジャムを楽しんでくれる方もいましたが、ノートラブルで楽しんでほしい我々としては少々複雑です(笑)。

このように、
カートがうまく排出されない「排莢不良」のほか、
排莢されても次弾がチャンバーにうまく送り込まれない「給弾不良」
トリガーを引いても発火しない「不発」
など、モデルガンでは実銃に起こるのと同じ作動不良が発生します。


このような場合には、スライドを引いて問題のカートリッジを外へ出してしまえば大抵のトラブルはクリアできます。
自分でトライしても良いですし、よく分からない場合にはスタッフに聞きながら行ってください。うまく出来なかったり、自信がなければスタッフに銃を託してもらって結構です。
数年前、クリス・コスタ氏が来日した際にモデルガンを撃つ映像がハイパー道楽にアップされましたが、コスタ氏は実銃と同じハンドリングであっという間にマルファンクションをクリアしていました。あれぐらい素速く扱えるようになるとカッコイイですね。モデルガンは射撃以外の練習が、ほぼ実銃同様に行えるのも魅力のひとつと言われています。

またモデルガン特有の作動不良としてバースト(暴発)があります。
スライドをリリースして初弾をチャンバーに送り込んだ瞬間、または発火・ブローバックしてスライドが戻った瞬間に、次弾が発火してしまう現象です。
後者の場合には、トリガーを1回しか引いていないのに、ババン!と2発(あるいはそれ以上)発火してしまいます。
ちょっとビックリするかも知れませんが、モデルガンではごくたまに起きる現象だと思ってください。

全弾撃ち尽くすと、ガスブローバックガンと同様、スライドがホールドオープンします。

銃口やエジェクションポートから煙が立ち上り、火薬の香りが漂いますので、撃った余韻に浸ってください。

以上、『モデルガン発火体験』ではここまでをお楽しみ頂けます。

発火後は銃のクリーニングをする必要がありますが、それはスタッフが行います。
しかし、将来皆さんがモデルガンを購入したら、発火して遊んだ後に必ずクリーニングをする時が来るので、少しだけ紹介しておきます。

フィールドストリッピング(通常分解)した状態です。

普通はここまでの分解で十分なクリーニングが可能です。
バレルの中に水を通して火薬カスを洗い流したり、フレームやスライドに付着したカスをティッシュや綿棒で拭き取り、仕上げにシリコンオイルを吹いて組み直せば完了です。
面倒くさいと思われるかも知れませんが、慣れればすぐに終わります。

エアガンでもカスタムやチューンを行う人であれば頻繁に分解/組み立てを行うかも知れませんが、中には「買ってからほとんど分解しない」という人もいるかも知れません。
実際問題として、日本製のエアガンは箱出しでも十分な性能ですし、分解してのメンテナンスを一度も行わなくても、問題なく使い続けられる製品ばかりだと思います。
対してモデルガンの場合には、「発火」と「分解&クリーニング」はワンセットです。クリーニングをしないと金属パーツがサビたり、火薬カスが固着して作動不良の原因となります。そう考えると確かにエアガンよりは手間がかかりますが、「実銃と同じ」と考えれば少し楽しくなります。特殊部隊員や軍人、あるいは殺し屋になった気分で銃の手入れをしていると、なんとなくウキウキします(笑)。

普通は遊び終わってからクリーニングを行うのですが、『モデルガン発火体験』では毎回かなりの発火総数に達するため、途中で何度かスタッフがクリーニングを行います。興味のある方は、どんな感じでやっているのかちょっと覗いてみてください。

『モデルガン発火体験』は11月5日のVショー・5階Gun/ミリタリーフロアのF16です。