2017年01月02日

SATによるP226の使用


Gun Pro2月号は、日本警察拳銃特集の第2弾です。
その中に、「警視庁特殊部隊に採用された? シグザウエル社製のハンドガンP226」という記事がありました。
警視庁特殊部隊というのは、いわゆるSATの事ですよね。
自分の中では、SATの使用拳銃はUSPというイメージがあります。
自分は特段、警察マニアというわけではありませんが、過去に何度か公開されたSATの訓練映像でUSPが使われているのを見た事があるので知識として知っていました。映画やドラマに登場するSATも、USPを使用しています。

ところが、2015年にたまたまこの訓練映像を見た時、「おや?」と思いました。


ミドルショットで映された拳銃射撃の場面。

「これってP226?」と思ったのです。
今回の記事を読んで、やはりそうだったのかと納得した次第です。
数年前からUSPに代わってP226が配備されているとの事ですが、記事にある通りUSPがP226に比べて極度に劣っているとは思えないので、拳銃の交代には、政治的な都合もあるのかも知れません。
USPが劣っている部分があるとすれば、アクセサリーレールがピカティニー規格ではない事でしょうか。
逆にP226が劣っているのは、やはり重量でしょう。USPは771g、P226が964gとの事なので、200g近く重いです。しかし交番のお巡りさんと違い、年中腰に下げて勤務するわけでもないでしょうから、これぐらいの重量はあまり問題にならないのかも知れませんね。

この2挺だったら自分はUSP派ですが、どちらもプロが選ぶ道具として間違いないでしょう。
ベレッタのような華やかさはないものの、質実剛健のいぶし銀という感じですね。




同じカテゴリー(雑談)の記事画像
爆裂祭行きました
空砲でサバゲー(英)
ブラックホール行きました
3Dモデリング練習中
新しいガンショー“爆裂祭
新春ブラックホール行ってきました
同じカテゴリー(雑談)の記事
 爆裂祭行きました (2017-10-01 20:30)
 空砲でサバゲー(英) (2017-05-14 17:09)
 ブラックホール行きました (2017-05-04 17:44)
 3Dモデリング練習中 (2017-03-31 22:29)
 新しいガンショー“爆裂祭" (2017-02-19 21:53)
 新春ブラックホール行ってきました (2017-01-08 16:11)
この記事へのコメント
初めまして。いつも興味深く拝見しております。
日本に納入されたUSPですが、スライドの熱処理に不備があり耐久性が低かったため破損が発生し、更新せざるを得なくなったという話を聞いた(雑誌記事かもしれません)ことがあります。また、月100発も撃てば10年足らずで発射弾数は1万発を超えるので、耐用年数が過ぎたということで更新されたのかもしれません。
私がUSPを知ったのは月刊Gun94年2月号の記事でしたが、ポリマーフレームなのにゴツくて強烈な印象を受けたのを覚えています。デコックが跳ね上げ式だったらコック&ロックからの射撃も安心なのにと思いますが、バリエーションにあるみたいですね^^;
戦闘用のモダンオートなだけあり、どちらの拳銃にも捨て難い魅力があるように思います。
長文失礼致しましたm(_ _)m
Posted by m14gbbshooterm14gbbshooter at 2017年01月02日 23:29
>m14gbbshooterさん
はじめまして。
USPに破損事故が起きていたとは、知りませんでした。SAKURAでも破損問題があったし、もしや
日本警察はB級品を掴まされる傾向にあるのでは???なんて思ったりします。
USPは確かに、誤操作でデコックしがちですね。バリアント違いで解決できますが、おっしゃるように
跳ね上げでデコッキングできれば良いと思います。P8は下げてロック、さらに下げてデコックなので、
これでも誤操作は防げそうですが、跳ね上げでロック解除なのが難です。
ともあれ、飾り気がなくても優れた物は自然と相応の品格を纏っていると思います。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年01月03日 15:33
T.K.Redさんお久し振りですゴンです。
自分もUSPは好きですが。整備性やデコッキング時のにスプリングの反動でまれにセーフティー状態に実銃でもなるそうなので。
もしかしたらそういう事からP226に変えたのかも知れませんね。
整備製も操作性も比較的USPに比べれば楽な構造ですし、一応オプションでマニアルセフティーも有りますし。
でも一番は日本人にはグリップがでか過ぎるの変えた原因でしょうか?気になりますね。
Posted by ゴン at 2017年01月04日 03:00
>ゴンさん
確かにUSPは構造が複雑ですよね。
隊員個人による整備もさる事ながら、もし点検や修理などをミネベアが行っているなら、自衛隊の9ミリ拳銃と
同じ系統のP226の方が都合が良いでしょうし。
P226のグリップは、確かに握りやすいと思います。
ガバメントを握り慣れたアメリカ人等には、同じアングルのUSPも違和感ないようですけどね。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年01月04日 18:02
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。