2018年02月27日

MEUのハンマー交換


最近ダブルキャップ発火のテストやら、C-Tecデトのテストやらで何かとコキ使っている、MGC/新日本模型のMEUピストルTrust Modelです。

スプリングフィールドのガバならGM-7で多数リリースされており、自分も数挺所有しています。「今さらMGCのMEUなんて…」という感じもしますが、いや、やはりMGCのガバは最新のモデルガンとは違う味というか、存在感というか、独特のカッコ良さというか…とにかく何かちょっと違う魅力があると思うのです。単にMGCのガバに慣れているだけかも知れませんが…。

そんなわけでこのMEUも最近のお気に入りなのですが、唯一気になるのがハンマーの形状です。

MEUの実銃は、その特殊な成り立ちからして無数のパリエーションが存在するわけだから、何が正解というよりも、好みの問題だと思います。こういう形状のハンマーを付けていたピストルもあったかも知れませんが、自分のイメージとしては違和感あります。
ちなみに現行のスプリングフィールド製1911のハンマーはこうです。

公式HPの実銃画像を拝借しています。自分の中でのイメージはこれです。

そして下写真がGM-7(デルタハンマー付き)。

実物形状にかなり肉薄していると思います。

参考までに、東京マルイのガスブロ。

GM-7とは少し解釈が違いますが、これも結構な再現度だと思います。

というわけで、GM-7用のデルタハンマーを購入し、MGCの物と交換する事にしました。

GM-7とGM5/12のハンマーは、ほぼ「互換性がある」と言って良いです。うまくすれば調整なしで移植できます。
今回のケースではトリガーを引いた状態でスライドを操作すると、ハンマーがコック状態で保持されなかったので、ハンマー、シアー、ディスコネクターの接点をちょこっと削って調整しました。

これで見た目がだいぶ良くなりました(個人的に)。
GM-7用のパーツは、入手しやすいのが良いですね。
  

Posted by T.K.Red at 22:58Comments(5)モデルガン

2018年02月23日

C-Tecマイルドデト


少し前に発売されたC-Tecのマイルドデトを入手しました。
MGCのGM12用デトネーターで、デトニクス用とフルサイズガバ用の2種類あり、これはフルサイズ用です。
このデトネーターを使用する事で、発火時にバレルへのショックを緩和、バレル破損の防止に有効との事です。
一見して分かる特徴は、デトネーター後端(マズル側)にOリングがある事なのですが、自分はTake Fiveのブログでこのデトネーターの写真を見た時から疑問に思っていました。この位置にOリングを付ける事で、バレルへのショックを緩和できる理由が分からなかったのです。

実際に手にしてみて、ようやくその仕組みが分かりました。
このデトネーター、

2ピース構造なのです。
確かにこれならショックを吸収できそうです。
その理由は下写真のような仕組みです。

モデルガンは発火時に、赤矢印の方向へ非常に強い力が加わります。通常、そのパワーはインサートがほとんどすべて受け止めます。インサートはバレルの樹脂に埋め込まれていますから、インサートに強い力が加われば樹脂にも衝撃が伝わり、バレルの素材や構造によっては破損を招くというわけです。
しかし、2ピース構造のマイルドデトなら、前方へ押される力をOリングの部分である程度吸収できますから、インサート及びバレルへの衝撃は低減されるはずです。

そう言えばスモールカート仕様のデトニクス用デトネーターも、同じような位置に樹脂を挟み込む構造になっており、自分はその意味があまりよく分からなかったのですが、先月発売の『Gun Professionals』3月号、『ヴィンテージ・モデルガン・コレクション』のコーナーで、それが衝撃を吸収するためのものであると説明されています。
旧デトニクスのデトネーターは樹脂部分が破損するという問題がありましたが、このマイルドデトの2ピース構造、Oリング使用であれば、理屈は同じでも破損の心配がありません。

MGC/新日本模型のMEUピストルで発火テストを繰り返してみました。

カートはC-Tecのマイルドキックで、バレルは本体付属の物とCAW製リバイバルの両方試してみました。
計70発ほど発火しましたが、バレルは無事。作動面でも不発、暴発、ジャムなどゼロでした。

ノーマルデトネーターとの比較。

全長は同じですが、先端の形状が異なります。
これはC-Tecの中空インナーに最適化されているようで、中空インナーを併せて使用すればさらに衝撃はマイルドになり、バレルに優しくなる事は間違いないです。

付属の説明書。

9ミリでは発売されているダブルキャップカート、CPFの.45バージョンが3月に発売予定みたいです。
CPFはその構造上、CPカートよりもパワーが強くなりますから、このデトネーターは必須だと思います。

MGCガバ用のスペアバレルは、CAWがリバイバルしてくれたおかげで供給もだいぶ安定していますが、刻印入りなどを使いたい場合にはMGC時代のものを使う事になります。破損すれば入手できるかは分かりませんから、このように破損を回避できるデトネーターはありがたいです。
構造のアイディアも素晴らしく、自作しているデトネーターでもパクリたいぐらいです(笑)。
  

Posted by T.K.Red at 22:59Comments(5)モデルガン

2018年02月20日

グロックのトリガー交換


普段使いにしているグロックのトリガーを交換する事にしました。
動きがあまり良くないからです。引き始めのフィーリングは、以前パーツを研磨する事によって改善したのですがレットオフの感触が粘る感じで、これはどうにも良くなりません。

上が新品のトリガーグループで、下が今まで付いていた物。
色以外は違いがないように見えますが…
組み込んでみると、

すごくスムースで、パチっと切れて気持ち良い!
長年の使用で、ストライカーとの引っ掛かり箇所などが微妙に変形していたのかも知れません。
破損したわけでもないパーツというのは、あまり交換する気にならないのですが、いざ変えてみるとやはり気持ちが良いものです。
  

Posted by T.K.Red at 22:08Comments(0)モデルガン

2018年02月17日

GM12用カスタムフィードランプ


MGCのGM12やCAWのMGCリバイバルガバメントで、BWCのダブルキャップカートを使用するためのデトネーターを作り、新日本模型のMEUやCAWのナショナルマッチなどでテストを続けています。

デトネーターの寸法自体は比較的簡単に決まって完成しているのですが、あとは作動の問題です。
機種によってエキストラクターの形状を調整するのはまあ当然としても、フィーディングのほうに問題があります。
BWCのカートはフラッシュホール型のデトネーターを通す関係で、一般的なCPカートと比べて弾頭部分が太くなっているため、フィーディングトラブルを起こすのです。

このように、初弾〜2発目ぐらいまで必ず引っ掛かります。
デトニクスは装弾数6発なのであまり問題がなかったのですが、フルサイズガバに7発フル装填すると、チャンバーへ送り込まれる時にカートがおじぎをしてしまい、このような状態で止まってしまうのです。
これを解消するためフィードランプを削って形状を変更していったら、

スムースな装填を実現する頃には、ほとんど原型を留めないぐらいまで削り込んでいました。
これはなかなか大変です。
というわけで、フィードランプそのものも新規に作ってしまおう!と考え、あれこれ試した結果、このような形状に落ち着きそうです。

このフィードランプを使えば、7発フル装填&チャンバー+1発でも快調に作動するようになりました。
機種によってマガジンリップの調整も要しますが、とりあえずこれで最低限の調整で済みそうです。
またこのフィードランプは一般的なCPカートも使えるほか、タニオ・コバのイージーCPカートにも対応する事が分かったので、ZEKEのホローインナー用デトネーターも作ろうかと思っています。

ちなみに写真のフィードランプはチタン製ですが、高いので樹脂でも作ってみたんです。

耐久性には問題なさそうなのですが、弾力があるためか、うまく装填されない事が相次ぎました。
同じ設計でチタンと樹脂の両立は無理そうなので、樹脂用のフィードランプは再設計するとして、とりあえずチタン製のフィードランプとデトネーターは最終的なテストが済み次第出品しようと思います。
  

Posted by T.K.Red at 22:36Comments(2)モデルガン

2018年02月12日

映画『マンハント』


公開されたばかりのジョン・ウー監督の最新作『マンハント』を鑑賞してきました。
オール日本ロケで、ドンパチ盛りだくさんという注目の映画です。

内容は、はっきり言って「ビックリするほどのB級映画」でした。
いや、これは褒め言葉。
 後付けで辻褄を合わせるご都合主義な展開、
 んなアホな!な日本描写、
 クライマックスの研究所はコントみたいな設定
…等々、「これって80年代の映画?」という感じ。
しかし!私はこんなジョン・ウー映画が見たかった。
『レッドクリフ』も『ウインドトーカーズ』もイイけど、やはりジョン・ウーは現代ガンアクションです。ストーリーに緻密さなんて不要。やたら格好いいカット割りと、圧倒的な火薬量、男たちの熱い友情。これですよ。
“普通の映画通”がどう評価するかは知りませんが、私のように80〜90年代のジョン・ウー映画が大好きな者にとっては、「待ってました」の内容である事は間違いないです。

「白い鳩」「スローモーション」「ベレッタ2挺ラピットファイア」といった定番の要素はもちろんですが、
 「演歌をBGMに居酒屋に入っていくオープニング」とか
 「ハチの巣にされる宴会場のヤクザ」とか
 「大阪の川で水上バイクの大チェイス、そしてスローで御輿」とか
 「教会の代わりに神社」とか
 「無個性なヤラレ役の皆さん」とか
 「意味不明の日本刀攻撃」とか
 「銃撃戦の最中、心を通わせる男たち」とか
とにかく最初から最後までジョン・ウーらしさがダダ漏れ。

さらに、80年代の香港映画で育った自分なんかは、
 「倉田保昭、じいさんになったなぁ…と思いきや死ぬほど強い!」
というあたりも堪りません。もうとにかくお腹いっぱい。

また「B級映画」と書きましたが、ことアクションシーンについては、超が10個付くA級作品。
特に“牧場の銃撃戦”は圧巻。
近年は海外作品でも、ガスブロにCGでマズルフラッシュを書いたアクションシーンが多い中、それとは明らかに異質な炎と煙の迫力、それをジョン・ウーならではのカット割りとスローモーションが捉えます。

銃は序盤こそSAKURAが多用されますが、中盤からはベレッタ92系がワンサカ登場。近年のアクション映画で、これほどベレッタがたっぷり登場する作品はないと思います。これもジョン・ウー映画ならではでしょう。
とにかく、ジョン・ウー好きのための「お祭り映画」で、頭を空っぽにしてカッコ良さにシビれるためだけの映画。
福山雅治目当てで劇場に行った女子が閉口する事間違いなし!の傑作です。

そして自分としては、「日本のモデルガンと、ガンエフェクトの技術がなければ、この映画は完成しなかった」という事を書いておかなければなりません。
今作品はオール日本ロケなので、屋外はもちろん、建物内で使われている銃もすべてモデルガンなどのトイガンをベースとしたプロップのはずです。エンドロールではBIG SHOTの納富氏や、シャイニング早川氏などの名前を見ました。
言うまでもなくジョン・ウーの映画はガン・アクションがメインですから、それがロクなものにならないのなら作品は成立しません。
ジョン・ウーがこれまで実銃のブランクを使って撮って来た作品群と何ら遜色のない銃撃戦を、実銃が使えない日本で撮れたのは、日本のモデルガンの素晴らしい外観と作動性能、それをさらに確実に作動させ、迫力ある効果を生み出すガンエフェクト師の技術があったからに他ならないのです。
この事は映画の公式HPやパンフレットでも語られていませんし、今作を紹介する一般メディアでもまず触れられる事はないと思いますので、明確に記しておきたいところです。

写真は映画のパンフレットと、作中でも多用されたと思われるマルシン製ベレッタです。
自分が小学生の頃からあるモデルガンメーカーは、マルシンだけになりました。
色々と問題も指摘されるメーカーですが、今後も長くモデルガンを作り続けてほしいと思います。
近く、SANDカラーのベレッタを新発売するそうです。
完全新規は難しくても、このようにバリエーションを増やしてくれるだけありがたいです。
  

Posted by T.K.Red at 21:01Comments(3)映画・テレビ

2018年02月10日

無刻印マガジン(タニコバ)


写真右はタニオ・コバのシリーズ70に付属するマガジンでボトムにはコルト刻印。左は同じく1911A1付属のマガジンで、無刻印です。
コルト刻印のノーマル形状マガジンは、シリーズ70本体よりも先行して発売され、ガバ系マガジンの決定版とも言える出来に、自分も何本も購入しましたが、しかしコルト刻印が入っていると、コルト以外の銃、例えばスプリングフィールドとかキンバーとかの銃にはそぐわないという問題もありました。いや、別に使っても何も問題ないんですが、何というか背徳感みたいなものがあります(笑)。変な美意識かも知れないです。
で、タニコバ×MULEの1911A1用に無刻印マガジンが作られたので、これなら汎用性が高いと思いました。
新春ブラックホールのタニコバブースで購入しようと思いながら会場へ向かったのですが、販売されていませんでした。聞けば1911A1の発売後、割とすぐに用意していたスペアマガジンは売り切れてしまったようです。
ブラックホールでは入手できませんでしたが、先日訪れた地方のショップで売られているのをたまたま発見し、即購入。

やはりスプリングフィールドとかに使うには、コルト刻印じゃないほうがしっくり来ます。
まあ気にしなければ何てことないんでしょうけど。

タニコバブースでは、汎用性が高いのでまた作ってほしいというリクエストはしておきましたので、再生産に期待します。
またステンレス版の無刻印もほしいところです。
  

Posted by T.K.Red at 00:44Comments(0)モデルガン

2018年02月03日

キンバー ウルトラキャリーII(B.W.C.)


B.W.C.製、Kimber ULTRA CARRY IIを購入しました。
このモデルは過去に製品化されていますが、今回はスライドに新素材を採用し、耐久性がアップしているとの事で、過酷な耐久テストの様子がブログRock Field Armoryにてリポートされていました。その堅牢性を見て購入を決めた次第です。
また近年、B.W.C.製品はとても高価になっていますが、今回の3インチシリーズはなんとか手の届く価格である点も決め手です。


カリッと入った刻印が美しいです。
3インチのスライドは、デトニクスを見慣れていると非常に短く感じます。これだけ短いと発火時の衝撃でスライド破損のリスクが高まるわけですから、新素材採用による効果が期待されます。


渋い色合いの木製グリップが付属。この絶妙な色味のグリップも、今回購入に心を動かされたポイントの1つです。
セフティ類もキンバー特有の形状が再現されています。


貫通式のエキストラクターはステンレス製。
サビに強いのは発火好きには嬉しい仕様。外部に露出している後端だけは黒く塗装するかも知れません。


ブルバレルの形状も、実物をリアルに再現しています。
ショートリコイル機能はオミットされ、ストレートブローバック方式なのでバレルは後退もティルトもしませんが、あまり気になりません。
ただし実銃ではバレルが後退するため、ロッキングラグは1本しか露出しないようです。


ブリーチは実銃同様にフラット。
スライドと一体成形のため、継ぎ目もなくとてもリアルです。
排莢のタイミングを早めるために延長されたエジェクターが見えます。


フィールドストリッピング。
通常時は隠れて見えないリコイルスプリングガイド周りも、とてもよく再現されています。


バレルはチョークになっていて、発火時のガスはデトネーターのフラッシュホールからしか抜けません。

というわけでさっそく発火!

凶悪な轟音と共に凄まじいマズルフラッシュが放たれます。

排莢は問題ありませんが、次弾がチャンバーにうまく送り込まれず、ストーブパイプ状態に飛び出るトラブルが何度か発生しました。

マガジンリップの調整で、ある程度解消するものと思われます。
ロクに慣らしも行っていない状態での発火でしたので、もう少し様子を見てみるつもりです。


フルサイズのキンバーと。

B.W.C.やエランなどの製品は、購入を決めるのに少々勇気がいるのは事実ですが、同時にその満足感も非常に高いです。
このKimber ULTRA CARRY IIも大切なコレクションになりそうです。いっぱい発火するけど。
  

Posted by T.K.Red at 20:35Comments(5)モデルガン