2018年06月24日

AKIBA BASEで発火イベント

今週の6月27日(水)、秋葉原のシューティングバー・AKIBA BASEで発火イベントが行われます。
今までモデルガンに関係のなかったお店で、このようなイベントが行われるのはとても嬉しいです。

公式ブログから転載。
___________
【6月27日(水)】19:30 ~ 21:30
発火式モデルガンオーナーズ会

BB弾が出ない??いいんだもっとロマンを楽しみたい!!なら発火式モデルガンはどうだ!!!!という当日限定でバンバン発火式モデルガンを撃ちましょう!

【参加費】¥3000 (ソフトドリンク2杯 or アルコール類1杯付き)
【内容】
◆発火撃ち動画撮影会
◆指定時間帯にシューティングレンジで発火撃ちOK
◆売買やパーツ交換は可能
___________

との事です。
参加したいのですが、あいにくこの日は所用で行かれません。
発火仲間の数人は行くと言っていましたが、他にも東京近郊にお住まいの方で、参加可能な方はぜひ参加して、火薬の匂いを撒き散らして来てください。
  

Posted by T.K.Red at 22:14Comments(0)発火イベント

2018年06月22日

BWCからキット2機種発売

LAホビーショップなどによると、6月末にBWCのキットが2機種発売されるようです。
自分は同社のSFAローデッドのキットモデルを購入して製作しましたが、非常に気に入ってます。

高級なイメージのあるBWC製品ですが、キットモデルなら価格も抑えられるので、躊躇なくバリバリ発火して遊べます。
今回発売されるキットの1つは、このローデッドのショートスライドモデル。
フロントセレーションがない4インチスライドが乗るようです。
そしてもう1機種は、コルトガバメントS'80/1991。
現代のノーマルガバですね。シンプルですがS’70とは印象が違います。

BWCのキットは手間がかかりますが、フラットなブリーチや貫通式のエキストラクターなどBWCならではの仕様が色々と盛り込まれていて、通常のGM-7とはひと味違います。
自分は1991が欲しいです。
  

Posted by T.K.Red at 23:35Comments(5)モデルガン

2018年06月16日

USPでiSDを遊ぶ


現代版のシューターワンと言えるiSDは、銃のアンダーマウントレールに赤外線照射デバイスを装着する事で、ターゲットとセットで射撃を楽しめるアイテムです。
調子の良いUSPで遊びたいところですが、USPはピカティニーレールではなく、一般的なアンダーマウント用アクセサリーが付きません。
USPにピカティニーレール用のアクセサリーを付けるためには、

このような変換アダプターを使用します。
写真のこれは東京マルイのUSPやUSPコンパクトに付属しているもの。実銃でもこのようなアダプターは存在しますが、入手のしやすさではマルイが一番でしょう。

装着。

タナカもマルイも外観寸法は実物通りなので、ポン付けでバッチリです。
見た目は非常にゴツくなるので、そういう銃が好きな人にはたまらないでしょう。
ともかく、これでiSDのデバイスが付きます。

さっそく射撃。

発火音を感知して赤外線を照射!
ターゲットにヒットすると緑のランプが点灯し、

直後にパタッと倒れる動きをします。
写真撮影用にかなり近くで撃っていますが、実際には7メートルは離れたほうが面白いです。
しかし、離れると当然ヒット判定はシビアになります。
USPの場合、デバイスの取り付けにアダプターを噛ます関係で、

フロントサイトと赤外線照射口はかなり離れてしまいます。
状況に応じて、狙点を少し上にずらす必要もあります。

現行のタナカ製USP/P8は作動性能が非常に高く、GM-7と同様に動いて当然なモデルになっています。そういう快調モデルは、このように発火プラスアルファの遊びへ進む事ができるため、モデルガンの可能性もまだまだ広がります。

ちなみにマルイのアダプターは、パーツ注文もできるので、

1000円+送料で入手できます。
もう1セットぐらいほしいです。
  

Posted by T.K.Red at 16:32Comments(0)モデルガン

2018年06月11日

P226でEVO2カートを撃つ


MPSのカスタムOリングに変えて以来、EVO2カートが非常に調子イイので、このカートを使う頻度が増えています。
というわけで、SIG P226でも発火しました。
EVO2カートは従来のEVOカートに比べてパワーが強く、インナーシャーシ前方に緩衝材を貼り、リコイルバッファーを設けています。

しかしスライドが肉薄なSIGではやはりちょっと心配ですね。
またカート側にオイルを吹くのはライナー内のみで、FピンのOリングにはオイルを付けず、ここでも気持ちパワーを抑えています。

発火!

ジャム、不発、暴発なしで快調作動!
MPSのOリングはパワーも安定し、発火音の大きさもバラツキが少ないように思います。
気持ちよーく3マグ発火して遊びました。

分解して確認したところ、スライドは無事でしたが、

バレル基部が結構ヤラれてます。
やはりパワーあるんですねぇ。マルシンキャップを使用すればもう少しパワーが落ちると思いますが、それも微々たるものでしょう。
これだと、やはりPFC+爆音プラグ使用がベストという結論になってしまいます。純正EVOカートよりもパワーが抑えられ、作動も問題ありませんから。
グロックもそうですが、この銃もHP化が待たれますね。

とりあえず交換用バレルはM9さんに注文しました。
  

Posted by T.K.Red at 23:08Comments(3)モデルガン

2018年06月09日

憧れのグリップを入手

アメリカから実銃のレビュー動画を投稿されているDaijiro357さんという方の、S&W M19に付いている木製グリップが以前から非常に気になっていました。

日本で一般に入手できるKフレのラウンドバット用木グリと言えば、大抵はバナナグリップです。
こんなブーツカットは見た事ありません。
チェッカリングとダイヤモンドのデザインに加え、木目も美しい。そして何よりスナブノーズに装着したプロポーションがカッコイイ。
銃自体が70年代のビンテージ物との事なので、このグリップもきっと入手困難なビンテージなのだろうと以前書いたところ、コメント欄にてS&Wの公式ストアで現在も扱っていると教えて頂きました。
現行品であれば入手できる可能性はグンと上がります。
以来、ショップやイベントなどでいつも注意深くグリップを探していたのですが、この2年間、見掛ける事はありませんでした。
そうなると海外から購入するしかないわけですが、グリップを個人輸入するノウハウはないので(まず税関で引っ掛かり、経済産業省の認可が必要らしいです)、実績やノウハウのある業者にお願いする事にしました。
先日紹介した、新井薬師前のWhite Rookは米軍放出品をはじめ、実物グリップも扱っているのでちょっと相談したところ、程なく届いたとの連絡が!

ジャジャーン。

ずっと探していたグリップです。


裏面にはKフレーム用を表すKの刻印と、マジックで書かれた文字。シリアル番号でしょうか?

コクサイのM19スタンダードモデルに装着!

カッコイイ〜!
…しかしちょっと気になる事が。

なんかフレームとグリップの間がやたら空いているのです。

後ろのラインは合っているし、別にガタつくわけでもないので、これでイイのかしら?

気になってDaijiro357さんの動画を詳しく見てみると、

同じように隙間がある!
どうやらこれでイイみたいです。

ちなみにWhite Rookさんから入荷の連絡をもらった時、S&Wの公式ストアからはもうこのグリップは消えていました。
という事は、最終在庫品だったという事?
アメリカの検索エンジンにかけても、Kフレにこのグリップを付けている画像はほとんど見つからないので、アチラでも珍しいグリップなのかも知れません。
実際に装着して握ってみると、小指が余るので手の大きいアメリカ人に向かない事は容易に想像されます。きっと人気ないのでしょう。もう生産されるかどうかも分かりませんね。
自分が購入したコレとは別に、White Rookさんはもう1個仕入れ、ヤフオクに出品されました。それも無事に落札されたようですので、落札者の方は貴重なグリップを入手されたのかも知れません。
自分も大切したいですし、タナカから決定版のM19が発売されたら、ぜひそちらに付け替えたいと思います。
でもABSの肌って、結構本物の表面に似ているので、コクサイのコレも捨てがたいんですよね〜。

  

Posted by T.K.Red at 17:54Comments(0)モデルガン

2018年06月01日

EVO2カート用強化Oリングその後


モデルガンパーツショップM9のブランドであるMPSから発売されている、タナカEVO2カート用強化Oリングを購入してから3ヶ月近く経ちました。
この間、かなりの回数発火していますが、まだ1本も切れていませんし、消耗している様子も見られません。CPカートのOリングみたいに丈夫です。
使用機種はUSPエボHPやM9エボ(HW)、それに自作デトネーターを組み込んだマルシンのハイパワーなどです。
Oリングの状態が安定していると、銃の作動も安定しますし、発火時の安心感が違います。
自分のようにEVO2カートが好きな人にはおすすめ!
…しかし、EVO2カートそのものが高額な上に、Oリングも別途買うとなると、なかなかの出費になるわけですから、本来ならタナカが純正品でこれぐらいの耐久性を持たせてほしいところです。
安く済ませたい人は、従来のEVOカートを引き続き使用するのが良いかも知れません。EVO2よりはOリングの持ちは良いですし、カートそのものも安いし、銃にも若干優しいです。
でも自分はやはりEVO2カートが好きです。
  

Posted by T.K.Red at 00:31Comments(4)モデルガン