2017年03月21日

ガバ用PFCの変形対策をあれこれ考える


マルシンのガバメントを発火していると、PFCのFピンが変形して来る話を、以前書きました。
以前の記事1
以前の記事2
Fピンの、赤矢印部分が太って来るのです。

発火時に勢いよくFピンが後退し、カートの底に激突してこのように変形するのだと思われます。
空き缶を縦に潰したような感じでしょうか。
この対策として、自分はリムケースの底にOリングを追加しました。Fピンが後退して来た時のクッションにしようというわけです。

この状態でしばらく使用していますが、何も対策しないよりは明らかに変形を防止できています。
お手軽対策としては良いと思うのですが…。

しかし完璧とは言えないようで、何度も(相当な回数ですが)使用していると、やはり同様の変形が発生して来ます。Oリングは弾力があるので、外側(内壁側)に逃げてしまい、やはり底ぶつかっているのでしょう。何もないよりは相当マシですが、もう少しなんとかしたいところです。

そこで対策をアレコレ考えてみました。(まだアイディアのみ)

1つ目は、カートの底に設置しているクッションを、Oリングではなく、ゴムシートを打ち抜いて製作する事です。
それなら外側へ逃げる事はなくなると思います。たぶん。
厚さは1ミリぐらいでしょうか。しかしこの方法だとカートを組み立てると、Fピンがわずかに前進した状態になると思われます。

2つ目は、爆音カートのFピンのように、Oリングの位置を下へ変更する事です。

爆音カートのFピン。
リムケースとぶつかる箇所にOリングがあるので、これなら十分なクッションになると思います。
ただし、火薬とOリングが離れたぶん、発火時に内部のガス圧は少し下がるはずです。ブローバックに影響するほどのパワーロスはしないと思いますが、気になるところです。
またこの方法は、Fピンをイチから作り起こさないといけないという点も、難易度が高いです。

3つめは既存のFピンを加工し、ベレッタ92系のように、Oリングを1本追加する方法です。

ベレッタのFピン。
これもリムケースとぶつかる箇所にクッションがあるので良いですね。
適当なサイズのOリングを調達するのは良いとして、それが嵌まる溝を上手く切れるかどうかがポイントです。1個作るだけならともかく、最低でも7個は作るわけですから、家庭用の工具で安定した加工ができるかどうか、少し不安です。
いっその事、↓写真のようにしてしまうのはどうでしょうか

※合成写真です。
Oリングの下の部分をすべて削り落とし、同じOリングをもう1本追加するわけです。
こちらのほうが、大雑把に削ってもできそうな気がします(気がするだけ?)。
爆音プラグを使用すれば、純正プラグ用のOリングが余るため、それを使う事もできます。
Oリングが2本あると、Fピンが前進する際の抵抗も増えるので、不発の原因になりそうですが、しかしマルシンガバは慣性打撃方式ではないため、ハンマーが落ちれば、スライドのFピンが、カートのFピンをしっかり押し込んでくれそうな気もします。

ひとつ気になるのは、2番目や3番目の方法だと、Fピンが後退してきた時にOリングが潰れるわけですから、一瞬でもプライマー部分がカートから飛び出てしまうのではないかという事です。
ベレッタ92系のカートで、ブリーチを痛めてしまうのと同じ問題が起きる可能性が考えられます。

どれも机上の空論なのですが、こうしてあれこれ構想を練っている時間も、モデルガンの楽しみです。
  

Posted by T.K.Red at 09:35Comments(2)モデルガン

2017年03月13日

P8マガジンの利点


H&K P8と、USPとの分かりやすい違いのひとつに、マガジンの色があります。
P8のマガジンは白。
購入して初めてマガジンを抜いた時には、思わず「おわ〜っ!」と声を上げました。雑誌で見て知ってはいたものの、やはりピストルからこんな色のマガジンが出て来るのは超新鮮です。
先日、発火仲間に見せたところ「なんか試作品みたい」と言っていました。

しかし、ちょっといじっていればこの色も普通に見えて来ます。そして実銃のマガジンがどうなのかは分かりませんが、このタナカのP8マガジンは、表面がツルツルで触り心地が良く、そのおかげでマガジンフォロアーの動きも非常にスムースです。

さらに仲間が「この色だと訓練後などに落ちているマガジンを見つけやすい」と言っていたのを聞いて、なるほどと思いました。ドイツ軍がそんな事まで想定して白にしたのかは分かりませんが、確かにその通りです。(単にコストの問題かも)、

そして昨日、初めて分解してみたら、さらなる利点が分かりました。
ボトムプレートを外し、スプリングを抜いて中を覗いてみると…

火薬カスがよく見える!
これは掃除しやすい!

プラマガジンは錆びないのですが、さらにキレイな状態を保てます。

ちょっと違和感のあったマガジンも今ではお気に入り。USPにも使いたいぐらいです。
  

Posted by T.K.Red at 23:37Comments(2)モデルガン

2017年03月09日

Take Five開店

昨年末に突然の閉店騒動に見舞われたマルゴー。その元従業員による新しいお店、「Take Five」がオープンしました。
事の顛末をアレコレ語るのは他所に譲るとして、とにかくアメ横でモデルガンショップが再開された事を、手放しで喜びたいと思います。


Take Fiveは、マルゴーのあった通路を上野方面へ真っ直ぐ行った突き当たりにあります。
店内は非常に狭いですが、行くだけで胸が高鳴る、モデルガン屋らしい雰囲気は変わりません。
自分が滞在したわずかな時間にも、元常連と思しきお客さんが何組も来店していました。


看板にはC-Tecの名前も。ニッチなモデルガン関連商品を作ってくれるありがたいブランドです。

今回のマルゴー騒動は、モデルガンショップ、ひいてはモデルガン業界を取り巻く事象すべてを再考するきっかけになりました。
根拠はありませんが、「マルゴーがなくなる事はない」と思っていただけに、突然閉店すると、どこでモデルガンやその周辺アイテムを買えばよいやら…と、軽く路頭に迷いそうになりました。
幸い、東京にはまだモデルガンを扱う店はたくさんあるので、直ちに困る事はありませんし、今は通販も気軽に利用できるわけですが…

もしそれらの店がすべて閉店、もしくはモデルガンの取り扱いをやめてしまったら?
もしタニオ・コバやマルシン、タナカなどのメーカーが廃業したりモデルガンの製造をやめたら?
もしカネコがキャップ火薬の製造をやめたら?

あって当然だと思っていたマルゴーが閉店した事で、それらネガティブな想像が、いつ現実となってもおかしくないと思いました。
そしてどれか1つでも現実に起きれば大打撃です。

いま、自分がモデルガンの趣味を続けていられる事は非常に幸運であり、モデルガンに携わるすべての人に感謝しなければいけないと思います。
また我々ユーザーも何かアクションを起こさなければ、モデルガン業界の現状を維持する事すら困難な時代になってきているのではないかと感じます。
業界関係者ではない我々は、商品を購入するぐらいしか貢献できる事はありませんが、とは言ってもしょっちゅうモデルガンを買えるわけではないので、せめてモデルガンを取り扱っているお店へ行った時には、キャップ火薬を1箱は買って、ささやかながらもモデルガンを販売してくれている事に感謝の意思表示をしたいと思います。

ともあれ、Take Fiveはここからまた新たな歴史を作っていってほしいです。
今月20日まで開店セールをやっているそうです。
  

Posted by T.K.Red at 23:33Comments(6)ガンショップ

2017年03月07日

Evo2カートのライナー・オーリング

タナカのEvo2カートは、ケースがアルミになっただけでなく、中に入れるライナーも改良されています。
上部の外周に細いOリングが追加されました。説明書では「ライナー・オーリング」という名称ですが、これは一体なんの為の物なのか?

自分は当初、ケース内部でライナーがガタつかないようにする為の物だと思っていました。Evoカートを説明書通り組み立てて振ると、中でライナーがカタカタと揺れる音がするからです。
しかし、Gun Pro誌のくろがねゆう氏によるリポートでは、これは「ガスシールのOリング」と書かれています。
ここにOリングがある事で、一体どんなガスシール効果があるのか?正直よく分からなかったのですが、旧Evoカートと撃ち比べてみて、その意味がやっと理解できました。

下写真は発火後のライナーで、左3個が旧Evoカート、右3個がEvo2カートです。

一見して分かる通り、旧Evoカートはキャップが前進しています。一番左のものはあまり動いていないように見えますが、それでも少し前進しています。バラつきはありますが、旧Evoカートでは比較的このようにキャップが前進しがちで、対するEvo2カートはセットした位置のままです。

ライナー内で火薬が爆発し、発生したガスはFピンを前方へ押しやると同時に、キャップは後方へ押し戻されます。つまり、旧Evoカートのようにキャップが前進する事は、ありえないはずです。
にも関わらず、実際にキャップが前進しているという事は、何らかの理由で発火ガスがキャップの後方に回り込み、キャップを前に押していると考えられるのです。
ではなぜキャップの後ろにガスが回り込むのか考えてみると、ライナー内壁とキャップとのわずかな隙間からガスが漏れている事も考えられますが、それはあったとしても、わずかだと思います。

私の予想は下図の通りです(寸法などは適当に書いています)。

燃焼ガスはFピンをライナーから押し出した後、残ったガスがマズルへと抜けるわけですが、Evoカートの独特な二重構造により、ガスの一部がライナーとケースの隙間に流れ込んで、循環するようにライナー内へと戻されているのだと思います。
特に旧Evoカートはライナーにスリットがあるため、余計にガスが漏れやすいのかも知れません。
このようなガスの流れが起きても、ブローバックのスピードに貢献するわけでも、発火音が大きくなるわけでもなく、キャップが前へと押されるだけです。つまり単にエネルギーをロスしている事になります。

そこでEvo2カートはライナーの上のほうにOリングを設け、燃焼ガスが後方へ回るのを防いでいるのだと考えられます。

後方へのルートを塞がれたガスは、前方へ抜けるしかありません。この時、Fピンはすでに開放されているわけですから、ガスのエネルギーは発火音とマズルフラッシュに変化するはずです。
どうりでMGキャップ1発で、↓このガス抜けなわけです。

発火音量も、前述したくろがね氏の記事によれば、リボルバーに迫るデシベル値との事です。
これがライナー・オーリングによるシール効果であるなら、繰り返しの使用によってOリングは消耗するはずです。発火後にキャップが前進するようになったら、交換のタイミングという事かも知れません。

アルミ化されたケースにばかり目が行きがちですが、こういう地味にスゴイ改良で発火性能を上げてくれるタナカに、今後も期待です。
  

Posted by T.K.Red at 20:18Comments(3)モデルガン

2017年03月04日

スピードローダー試作2〜3号機(EVOカート用)

P8と同時に発売された、タナカの新型カートリッジ・EVO2カートが売れているそうです。非常に完成度の高いカートリッジですが、他社の物に比べて部品点数が多いため、組み立ての面倒くささは相変わらず。
そこで自分は発売に先立ち、EVOカート用のスピードローダーを試作しました


パテで作った台座と、純正ローダーを5個接着した物。これを使うと、5ミリキャップをシートからちぎり取らずに、5発同時にセットできます。
大雑把に作ったものながら、この試作初号機のおかげで結構セットが楽になりました。
しかし問題点が2つ。

1つはローダーで押し込んだ時に、1度だけ起きた暴発です。キャップ火薬をブチッと切り離すためには、力を入れて押し込む必要があるのですが、勢い余って台座の底で火薬を押し潰したようです。
解決策として、ロッドが底まで到達しないように短くするという方法をまず思いつきましたが、それだと発火後の撃ち殻キャップを取り出すのに使えなくなってしまいます。

2つ目の問題は、やはり手作りなので、仕上がりが精密さに欠けるという事です。この初号機も、ロッドの向きが反対だとうまく入ってくれません。
ちゃんと寸法を割り出して設計したとしても、手作業で部材を加工して設計通り正確に作れるか…いや、ハンドメイドでもちゃんと作れる人は作れるでしょうが、自分のような適当な人間には無理です。
しかも自分は最終的に15発同時装填できるローダーを作りたいので、そうなるとなおさら精度が要求されます。

というわけで、これはもう3Dプリンターで作るしかありません。
まったく経験がありませんし、3Dプリンターも持っていませんが、そのあたりは何とかするとして、とりあえずアナログで寸法を考えるところから始めました。

コピー用紙に実寸で図面を書いてみました。
これをiSDの製作者である、くすのき工芸さんに見てもらい、アドバイスを受けたりしながら修正しました。

寸法が決まったところで、3Dデータの作成に初挑戦です。

フリーの3DCADソフトを使ってモデリングしました。
形状としては複雑なところは全然なく、直方体と円柱と穴だけのシンプルなものですが、まったく初めての経験なので悪戦苦闘。
先に紙の上で寸法を決めておいて良かったです。ソフトの使い方を覚えながら寸法も考えるなんて無理でした。
ロッドの部分は3Dプリントではなく、別部材の丸棒から作ったほうが強度的にもコスト的にも良いはずですが、設計の練習も兼ねているので、今回は一体成型としました。

データができたところでいよいよ出力ですが、3Dプリンターを持っていないので、出力サービスを利用する事になります。しかし、調べてみると料金が高いところが多いですね。
その中でも、都内で最も安いと思われる出力サービスにデータを持ち込み、3Dプリントしてもらいました。

出力中。

こうして試作2号機が完成。

手作り感満載の初号機から、一気にグレードアップした感じです。
中央にあるのは、今回新たに加えた「ストッパー」。


台座にある突起とストッパー底部の穴を合わせて固定します。


これによってローダーが深く押し込めなくなるので、ロッド長を短くする事なく暴発を防げました。
また、それ以外にもさまざまな利点があり、

キャップのシートを押さえつけて、動かないように出来ます。

さらに初号機では火薬を押し込む前に、↓の写真のように、ロッドと火薬の位置を5箇所すべて正確に合わせる必要がありました。

この時にずれているとうまく押し込めないため、毎回そこに気を使っていたのですが、今回追加したストッパーは、台座と適切な位置で固定されているので、

ストッパーの穴にロッドを挿し込むだけでOK。
これは、使い勝手の向上にかなり貢献してくれています。


3Dプリンターで出力したものが、どれだけ剛性があるのか分からなかったので、絶対に安全な寸法で製作したわけですが、完成してみると明らかに「肉厚」です。
使用には問題ありませんが、これは材料と出力時間の無駄です。ローダーの持ち手の部分なんて、タナカのローダーを5個貼り合わせた初号機を元に設計したため、完全にオーバースペックです。こんなにデカイ持ち手は必要ありません。
また出力する前はツール同士が組み合わさる箇所のクリアランス、例えば穴と棒や、ストッパーと台座が噛み合う凹凸部分の隙間をどれぐらい取ればよいのかも分からなかったため、ややタイトに仕上がり、後加工が必要でした。
しかしそれらは実際に3Dプリントしてみないと分からない部分でもあったので、問題点を知るためにも、この2号機を作った意義はありました。

というわけで、2号機の問題点を元に設計を変更。
完成した試作3号機がこちらです。


ここに来て、夢の15発同時装填可能モデルになりました。


1マガジン分を一発装填。イイ感じです。
これでEVO2カートでの発火が快適になりそうです。
火薬のセットが楽になれば、発火性能の良いタナカのカートは、一気に実用品になります。
まだもう少し修正をしますが、いずれこのローダーの設計を公開するなどして、ひとりでも多くの方の発火ライフに貢献したいと思っています。
  

Posted by T.K.Red at 22:52Comments(9)モデルガン

2017年03月01日

BWCカートの色

SFAローデッドのキットが完成し、BWCのダブルキャップカートで発火する機会が増えました。
現在、12発持っているのですが、それだと2マガジン撃つ事が出来ないので、新たにもう1セット追加購入。
すると、

色が結構違う。
右が今回新しく買ったもの。先ごろイベントで販売されたシルバータイプではないですよ。
左のが元々持っていたもので、たぶん初期ロットだと思います。
別のタイミングで加工されたアルマイトの色をまったく同じにするのは難しいと、以前どこかで聞いた覚えがあります。
ウチにあるカートでは、タニオ・コバのM4用カートも、購入時期によってこのような色の違いがあります。やはりアルマイトって難しいんですかね。
まあ我々発火マニアは、発火性能と耐久性が重要なので、色については、よっぽどサイケな色でもない限り問題ないです。
それより、モデルガンのカートって6発1セットが多いですが、これがなんとも中途半端です。
MGCのカートも6発で1セットでしたが、たぶん奇数にすると箱に入れづらいからでしょう。
しかし、どうしても足りないor余る事になります。これは…7セット買えという事なのか!?
  

Posted by T.K.Red at 00:16Comments(2)モデルガン