2014年05月28日

パーカライジング加工

今月のガンプロの162ページ、『パーカーライジング加工という選択』という記事が気になりますね。
記事ではマルシンハイパワーの錆びたマガジンを、パーカライジング処理してます。
オープンカートで発火すると、マガジンが錆びやすいのでとても興味あります。しかも値段もそれほど高くないし。

で、記事で紹介されている「表面処理.com」というサイトを見ると、パーカライジング以外にも色々な処理ができるようです。
特に気になるのが、ステレンス黒染め。
これってステンレス製のマガジンを黒くできるって事でしょ?一番理想的じゃん!
機会があったら試してみたいです。
  

Posted by T.K.Red at 20:31Comments(0)雑談

2014年05月27日

メダリオンの位置

ガバメント用の木製グリップです。

左からコルト製、ヘレッツ製、キャロムショット製、CAW製。

同じ銃に付けるモノなのでさほど違いは無いように見えますが、メダリオンの位置が異なります。


コルト純正とヘレッツは同じですが、ほかの2つはメダリオンの位置が低いです。

どうもよく分かりません。
なんで純正と同じ位置にしないの???
なんか意味があるんでしょうか?
子供の頃から純正のメダリオンの位置を見慣れているので、ものすごく違和感があります。
グリップ単体でみるとさほど不自然に感じなくても、銃につけるとその違いは一目瞭然。

以下MGCのガバに付けた状態。
まずはコルト製。

さすが純正!超カッコイイです。

続いてはエランも採用しているヘレッツ製。

純正と同じ位置にメダルが付いているので違和感ありません。
というより、コルト製よりもコルト製っぽいです。

続いてキャロム製。

カッコ悪い!
なんかだらしな〜い感じ。
アルタモント製もこの位置にメダルがついてます。

最後はCAW製。

キャロムよりは上についているので若干マシですが、それでもやっぱり違和感あります。

これって私の頭がおかしいんでしょうか?
他の人はあまり気にならないんでしょうか?
はたまたメダリオンが低いほうが好みの人がいるのでしょうか?

木グリ選びは木目の具合や色味などの条件が組み合わさるので、なかなか好みのモノに出会えません。
ついに理想のグリップを見つけた!…と思ったらメダリオンの位置が…という事が結構あります。

ちなみに一番違和感があるキャロムのグリップを、マグウェル、バンパー付きのガバに付けると、

あんまり気になりません。
下が長くなっているからなんでしょうけど、不思議ですね。
  

Posted by T.K.Red at 22:05Comments(0)雑談モデルガン

2014年05月25日

M31用真鍮リム



ちょっと変わったアイテムです。
加農堂というところから発売されているもので、MGCのショットガン、M31のショットシェルの交換用リムです。
純正品のリムは、変形したり本体から剥がれたり、最悪割れたりする部分で、このリムだけの交換パーツというわけです。
真鍮製なので強度の心配は無し。
ショットシェル自体が手に入らなくなった今となっては大変ありがたいアイテムです。
まだ付けてませんが、時間のある時に取り付けてみようと思います。

こういうニッチで楽しいアイテムがたくさん出るといいですね〜。
  

Posted by T.K.Red at 23:02Comments(0)モデルガン

2014年05月20日

マルイ純正ガバグリップ

本日は仕事終わりで秋葉原の大雄へ。
ジャンクボックスにあったマルイのミリガバ用グリップをウェイト付で安く購入。
で、帰宅してCAWガバに装着。
CAWガバは外観は素晴らしいけど重量が軽いのが不満だったので、これでだいぶ良くなりました。
ミリガバは実銃も樹脂グリップなので、マルイので十分ですね。
  

Posted by T.K.Red at 20:35Comments(2)雑談