2018年06月16日

USPでiSDを遊ぶ


現代版のシューターワンと言えるiSDは、銃のアンダーマウントレールに赤外線照射デバイスを装着する事で、ターゲットとセットで射撃を楽しめるアイテムです。
調子の良いUSPで遊びたいところですが、USPはピカティニーレールではなく、一般的なアンダーマウント用アクセサリーが付きません。
USPにピカティニーレール用のアクセサリーを付けるためには、

このような変換アダプターを使用します。
写真のこれは東京マルイのUSPやUSPコンパクトに付属しているもの。実銃でもこのようなアダプターは存在しますが、入手のしやすさではマルイが一番でしょう。

装着。

タナカもマルイも外観寸法は実物通りなので、ポン付けでバッチリです。
見た目は非常にゴツくなるので、そういう銃が好きな人にはたまらないでしょう。
ともかく、これでiSDのデバイスが付きます。

さっそく射撃。

発火音を感知して赤外線を照射!
ターゲットにヒットすると緑のランプが点灯し、

直後にパタッと倒れる動きをします。
写真撮影用にかなり近くで撃っていますが、実際には7メートルは離れたほうが面白いです。
しかし、離れると当然ヒット判定はシビアになります。
USPの場合、デバイスの取り付けにアダプターを噛ます関係で、

フロントサイトと赤外線照射口はかなり離れてしまいます。
状況に応じて、狙点を少し上にずらす必要もあります。

現行のタナカ製USP/P8は作動性能が非常に高く、GM-7と同様に動いて当然なモデルになっています。そういう快調モデルは、このように発火プラスアルファの遊びへ進む事ができるため、モデルガンの可能性もまだまだ広がります。

ちなみにマルイのアダプターは、パーツ注文もできるので、

1000円+送料で入手できます。
もう1セットぐらいほしいです。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
GM-7.5シリーズ’70再販
デトニクスABSスライド入手
タングステン粘土でウェイトアップ
CAWガバ再販!
ハイパワーいじり中
2014年薄型コルトグリップ
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 GM-7.5シリーズ’70再販 (2018-11-10 01:50)
 デトニクスABSスライド入手 (2018-11-07 23:05)
 タングステン粘土でウェイトアップ (2018-11-01 18:20)
 CAWガバ再販! (2018-10-27 00:16)
 ハイパワーいじり中 (2018-10-22 20:03)
 2014年薄型コルトグリップ (2018-10-13 00:27)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。