2015年04月05日

M4エクステンションバレル

タニオ・コバのM4MGは10.5インチバレルですが、これを14.5インチに延長するエクステンションバレルを購入しました。

写真上が今回購入したマッドポリス製、下は今年の新春ブラックホールで購入した、タニオ・コバ製のロングバレルです。マッドポリス製はバレル先端に取り付けて見かけだけ長くする物、タニコバ製はバレルそのものを交換する物、という違いがあります。どちらもコレクターズアイテムとしても珍しくてイイです。


段付きで結構凝った作りです。
バレルを交換するためには、周辺を全バラシする必要があるのですが、これはフラッシュハイダーのネジ溝にねじ込むだけなので、お手軽でイイです。


取り付けるには、矢印で示した4つのパーツを外します。一番右のカラーというのは、パーツ表には載っていないようです。

で、まず苦戦したのはスリーブの取り外し。固く締め込まれていて全然外れません!
お手軽取り付けパーツだと思っていたのですが、いきなり予想外の大苦戦。

小一時間格闘した結果、万力で挟んで捻って、ようやく外せました。
ちなみに逆ネジなので、時計回りに捻って外します。

追記:通常はフラッシュハイダーをイモネジで固定したまま捻ればスリーブも外れます。しかし当方のM4はその方法では外れず、イモネジをしっかり締めていてもフラッシュハイダーが空回りしてしまうほどスリーブが固かったので、極めて強く締められていたか、度重なる発火の影響で固着していたようです。本来はフラッシュハイダーと一緒に外します。


続いてカラーの取り外し。
これは接着されているので、やはり苦戦が予想されましたが…

スリーブと同じように万力で挟んで動かしたら、比較的あっさり外れました。
この辺は個体差があるようで、外れない場合には接着剤の剥がし液を使うよう説明書に記載されています。
一度ここまで外してしまえば、次からは簡単にエクステバレルの着脱が可能になります。


あとはフラッシュハイダーを取り付けたエクステンションバレルを、ねじ込むだけ。ちなみにこれは反時計回りです。ねじ溝は奥に切られているので、フロントサイトアッシーの前面まですっぽり被さり、継ぎ目がないように見えます。


キャリングハンドルも付けると、これぞアサルトライフルという出で立ちになってイイ感じ。
やはりAR系はこのスタイルが一番です。世代ですね。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
グロック18Cは驚異の発火性能!
グロック18C出た!
H&K P8スライドに溝を掘る
コマンダー(マルシン)でC-Tecを撃つ
ベレッタM93Rも1月発売ですって
グロック18Cが1月発売ですって
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 グロック18Cは驚異の発火性能! (2019-01-19 13:07)
 グロック18C出た! (2019-01-17 21:21)
 モデルガンカーニバル東京 参加受付開始しました (2019-01-16 19:32)
 H&K P8スライドに溝を掘る (2019-01-03 01:04)
 コマンダー(マルシン)でC-Tecを撃つ (2018-12-29 00:35)
 ベレッタM93Rも1月発売ですって (2018-12-22 00:17)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。