2014年04月12日

ベレッタM92FS×爆音プラグ


マックジャパンの爆音プラグは非常に素晴らしい発明で、最近はベレッタ92系の発火に凝っています。
爆音プラグの効果が発揮されるのは主にサイドファイアモデルであるとマックジャパンからはアナウンスされていますが、センターファイアのベレッタでも確実に発火音は大きくなります。しかもその音が単に「うるさい」だけでなく、やや低音の心地よい発火音なんです。動画では音量や音の質がなかなか再現できないのが残念。


左=純正プラグ、右=爆音プラグ

以前も書きましたが、この爆音プラグは発火音が大きくなるだけでなく、「カートを痛めない」という効果もあります。
PFCカートはキャップの真ん中に穴を空けてガスを逃がす構造になっていますが、うまく穴が空かなかった時にはガスの逃げ場がなくなり内部が高圧状態になります。その結果カートの一番薄いネジ山の部分を突き破ってしまいます。
この「PFCのネジ山裂け」はホント参ります。一度ここが裂けてしまうと次からはカートを組み立てる事も難しくなるし、仮に組み立てられたとしてもその裂け目からガスが逃げるようになってしまうのでブローバックしなくなります。買ったばかりのカートが裂けると泣きそうになりますよ。原因はデトネーターやプラグの変形のほか、PFキャップの底が以前と比べて厚くなったという噂もあります(真偽の程は???)

爆音プラグを使うとキャップの底に見たこともないような大穴が空きます。ブローバックできるギリギリまでガスを盛大に前方に抜くため、発火音が大きくなる副産物として、カート内が高圧にならずカートに優しいのです。

発火の瞬間を横から。かなり遠くまで火花が飛んでいる


発火後はキャップの底に大穴が

撃って気持ちいいし、カートも痛まないし、なんだか銃の作動も調子いい気がするので、PFCで発火する時はもう爆音プラグ以外使わない事にしました。

ただ、やはりパワー不足になりがちなのか、スライドストップがかからない事があります。特にデトネーターが汚れると純正プラグ使用時よりも顕著にパワー不足が発生するようです。

解決策としては
○最終弾のみ純正プラグを使用する
○最終弾のみMGキャップを使用する
○リコイルスプリングを弱くする
などが考えられます。
しかしこの点を考慮しても、素晴らしいアイテムだと思います。

発火動画です。
シュマイザーの時は純正プラグとの比較を行いましたが、カートが痛むのが嫌なので今回は爆音プラグでの発火のみです。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
2014年薄型コルトグリップ
第4回爆裂祭
治具を作る(フィードランプ取り付け用)
BWC3インチ用デトネーター
iSDアクションターゲット
BWCコルト1991キット
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 2014年薄型コルトグリップ (2018-10-13 00:27)
 第4回爆裂祭 (2018-10-07 20:11)
 治具を作る(フィードランプ取り付け用) (2018-10-06 15:47)
 BWC3インチ用デトネーター (2018-10-02 08:43)
 iSDアクションターゲット (2018-09-29 20:58)
 BWCコルト1991キット (2018-09-24 21:05)
この記事へのコメント
元々PFCキャップは、出始めのパワーキャップという名称だった頃から東陽煙火という会社が作っていたのですが、いつの間にかカネコが作るようになってました。
現在の日本玩具協会の会員一覧には東陽煙火は載っていないので、廃業か倒産か分かりませんが会社がなくなったようです。
うちにその時代のPFCキャップがあるのですが、底は本当にペラペラの上薄い部分の面積が広いので、これだと問題なく破れていたんでしょう。
センターPFCが出たのがM92FS発売と同時、そして少なくともその頃のPFCキャップは東陽煙火製だったので、センターPFC自体が現在のカネコのキャップを前提に設計されていないのがガス抜け不良が起こる根本の原因だと思います。
Posted by リオ at 2014年04月14日 00:00
発火再開の準備を進めていますが、音以外にも道はなかなか険しいようです。
・ニオイ(オイルを吹いただけで臭いと家族から猛クレーム)
・カートの入手難(マルベリーは今いずこ。。。?)
 MGCとマルシンの92Fカートが共用できそうな感じがしてます
・バレルの破損が怖い
 先日入手したMGCの92Fのバレルがクラックだらけ。
 93Rは真っ二つ割れ。
この爆音プラグならバレルにも優しそうな気がするので、
発火するならこれだ!と思いました。そろえなきゃ。
あとはマルシンのM84サイドファイアが、
昔の名残でカートがいっぱいあったはずなので、部屋を掘り返してます。
いくら撃ってもバレル割れなかったと記憶してるので、
小心者の私にはちょうどよさそう。。。
Posted by TIIDA77→PanzerCop at 2014年04月16日 12:07
> リオさん
こんにちは。
PFCキャップはもともと別会社のものだったんですね。
カネコ製に変わっても設計を変えなければ、快調作動するわけないですよね。
情報ありがとうございます。


>TIIDA77→PanzerCopさん
お世話になってます。
オイルだけで家族からクレームとは悲惨ですね(^^;;;
MGCのCPカートとは寸法はほぼ同じですが、CPのほうがややパワーが強いですね。
ちなみにマルシンカートは5月に再販されるようです。
しかしバレルの再販は・・・?
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2014年04月16日 13:03
マルシンベレッタって撃ってるとFピンがつぶれてきませんか?何か対策はされてますか?
Posted by トシ at 2014年09月16日 20:14
>トシさん
最近のPFCは、プライマーが飛び出ているのでFピンにダメージがあるのだと思います。
10年ぐらい前のPFCはプライマーが出ていないので、Fピンやブリーチには
さほどタメージは無いです。
プライマーを削ってカート底面とツライチにするとどうでしょうか?
不発の原因になるかな?
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2014年09月19日 19:52
こんばんわ。プライマーは加工してみた事ありますが、不発多くなりました。確かに初代のカートのほうが、調子いいかもしれません。Fピンもっと硬い材質にしてほしいですね
Posted by トシ at 2014年09月21日 20:40
不発多くなりましたか。長さは同じだから、Oリングが1本多い分、動きに抵抗が出てるのかも
知れませんね。
マルシンのベレッタは箱出しでは快調なので、だんだん調子を崩してくるのだけが残念です。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2014年09月24日 17:46
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。