2015年04月28日

PFCの面取り


最近のマルシンのPFCにキャップ火薬をセットしようとすると、固くて入りにくい事があります。写真はマックジャパンの爆音カートですが、これも同じような感じです。指でキャップを押し込むと、指の腹が痛くなります。逆さにしてテーブルに押しつけるにしても、結構な力が要ります。ロットによって違うのかも知れませんが、このようなカートに当たった場合、数発セットするだけなら問題ないですが、10発、30発となると結構ツライです。
以前、モデルガンパーツショップM9の店長ブログでも説明されていたと思うのですが、これはカート内側のフチの面取りが不十分である事が原因のようです。面取りというのは、角を斜めに削り落とす事で、断面図(デフォルメ)はこんな感じでしょうか。

矢印のところを図のような具合に削り落とすわけです。
削るといってもそんなに厚さがあるわけではないので、図はあくまでイメージ。
私の場合はリューターでカート内側のフチを1周〜2周触るぐらいです。

これだけでキャップ火薬が格段に入りやすくなります。
もしキャップ火薬が入りにくいカートに当たってしまった場合には、試してみてください。
PFCの場合は、ブライマー兼Fピンの動きにも影響があると思うので、不発対策にも効果があるかも知れません。
  

Posted by T.K.Red at 21:42Comments(5)モデルガン