2018年08月17日

コルトXSEショート(タニオ・コバ)

タニオ・コバの新作、コルトXSEショートスライドモデルが発売になったので、さっそく仕事帰りに入手しました。

メーカーとしては久々のタクティカルタイプです。

人間は勝手なもので、GM-7が発売されてからずっと「タクティカルではなくノーマル形状のガバメントを出して欲しい」と散々言っていたのに、いざシリーズ'70やミリガバが発売されると、「やっぱりタクティカルもいいよね。また出して欲しい」とか思ってしまいます。
というわけで、このタイミングでの発売は嬉しいです。
しかも人気のコルトXSEに、これまたGM-7では根強い人気があるショートスライドモデルです。


刻印は「コマンダー」となっていますが、スライドのアゴの長さやスライドストップノッチの位置、フレームのダストカバーの長さなどが異なるため、「コマンダー」とは言わず「ショート」と呼称しているのだと思います。しかし全長はコマンダーに基づいていて、とてもバランスの良いシルエットです。


リコイルスプリングガイドはフルレングス。
コマンダーではないので、スライドの後退ストロークはフルサイズガバと同じです。


XSEの特徴である、トリガーガード根元からフロントストラップへのえぐれも再現。ハイグリップが可能になっています。
フロントストラップに残るパーティングラインを見る限り、フレームはGM-7の物が使われていると判断できます。


グリップはダブルダイヤモンドのフェイクウッド、ストレートのメインスプリングハウジングはセレーションタイプ、マガジンはノーマル形状の7連が付いています。


エジェクションポートのフレアカットや、ノバックサイト用のアリ溝に加工痕があるので、ノーマル形状のスライドを加工している事が分かります。
GM-7時代よりも手間がかかっているわけです。


デトネーターはダブルラバーヘッドのオープンカート用。
ショートモデルはフルサイズに比べて作動性能は若干落ちる部分があったので、このモデルは果たしてどうか。発火が楽しみです。

一応、「GM-7.5」として発売されていますが、なんとなく「GM-7の新作」を買ったという気がします。これは別にネガティブな意味ではなく、GM-7登場当時のようなワクワク感があり、胸が熱くなりました。

追記:発売前に問屋やショップに送られた資料では「GM-7.5」と記載されていましたが、製品の箱や説明書の表記は「GM-7」となっていました。GM-7のフレームを使用しているからだと思われます。
というわけで、「なんとなくそういう気がする」のではなく、紛れもなく「GM-7の新作」でした!




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
GM-7バレル用フィードランプその後
SAA用カートスタンド試作
ハイパワーMkIII化への道(1.5)
GM-7バレル用フィードランプ
夏のブラックホール開催中
GM-7バレル用フィードランプ製作中
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 GM-7バレル用フィードランプその後 (2018-09-09 11:53)
 SAA用カートスタンド試作 (2018-08-25 00:25)
 ハイパワーMkIII化への道(1.5) (2018-08-15 23:12)
 GM-7バレル用フィードランプ (2018-08-12 23:32)
 夏のブラックホール開催中 (2018-08-11 18:06)
 GM-7バレル用フィードランプ製作中 (2018-08-10 17:28)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。