2018年07月17日

樹脂プライマー


発火仲間のMSGkenkenさんが試作した樹脂製のプライマー(インナーです)。
タニオ・コバのオープンカート用に作られたそうですが、一般的なCPカートでも使用可能です。
何のために?と思われるかも知れませんが、通常、真鍮で作られているプライマーを樹脂化する事で、カート自体の重量が軽くなり、カートの飛びを良くしたり銃を痛めにくくできると考えられます。
またこれは小林社長がおっしゃっていたそうですが、プライマーが軽い事で不発も減らせるとの事です。確かに、Fピンの打撃力でプライマーとキャップを前進させて発火するわけですから、プライマーが軽ければそのぶん前進しやすくなるはずです。
そう言えばマルベリーフィールドやC-Tecの一部のカート、タナカのEVO2カートなど、発火性能を追求するとプライマーが軽量なアルミで作られる事が多いです。


写真はアルマイトオープンカートにセットしたところ。プラオープンにすれば最軽量カートになります。

発火してみましたが、特に問題は無し。普通に使えます。
GM-7自体トラブルが起きにくいので、調子が良くなったかどうかは分かりませんが、少なくとも樹脂にした事で不具合は起きないようです。

問題はこの試作品の場合、ジュラコン削り出しで作られていてコストが高くなる事です。よほどの事がない限りプライマーにお金をかけようとは思わないのですが、このような研究はいずれ何かの役に立つと思います。

ちなみに、同様のコンセプトで3Dプリンターでプライマーを作っている方がいて、そちらはDMM.makeで購入できます。
ポリマー オープンカートリッジ(タニオ・コバ)用プライマー 100個
これは色を着けられる点が面白いですね。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
コルトXSEショート(タニオ・コバ)
ハイパワーMkIII化への道(1.5)
GM-7バレル用フィードランプ
夏のブラックホール開催中
GM-7バレル用フィードランプ製作中
グリップの厚さ
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 コルトXSEショート(タニオ・コバ) (2018-08-17 22:19)
 ハイパワーMkIII化への道(1.5) (2018-08-15 23:12)
 GM-7バレル用フィードランプ (2018-08-12 23:32)
 夏のブラックホール開催中 (2018-08-11 18:06)
 GM-7バレル用フィードランプ製作中 (2018-08-10 17:28)
 グリップの厚さ (2018-08-01 19:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。