2018年04月20日

ハイパワー破損対策

マルシンのブローニングハイパワーはこれまであまり発火して来なかったのですが、EVO2カートを使うためのデトネーターを製作した関係で、そのテストで発火する機会が増えました。
発火するようになると、当然ですが破損が気になります。

一番心配なのは、スライドと噛み合うフレーム側のレール基部です。

薄い!
ここが割れたという情報もネットで見ました。
結構な薄さなので、ここは何か対策したいところですが、マガジンが入るギリギリのラインなので、肉盛りをして補強する事はできません。

スライド側を見ると、セレーションの裏はレールがありません。

矢印の箇所からレールが復活しているわけですが、仕上げが不十分だったりガタがあったりすると、スライドが後退した際にここがフレーム側の例の箇所と接触する可能性がありそうです。
レール基部の薄さや発火時のパワーを考えると、わずかに接触するだけでも破損の要因になるのではないでしょうか。

補強できないとなると、当たりそうな箇所のエッジを丸めるなどしてスムースにレールが噛み合うように導くぐらいしか出来ません。


スライドはハンマーのテンションで持ち上げられるので、写真にはあまり映ってませんが下側を重点的にやりました。


スライド側も同様に。

あまり違いは感じられないかも知れませんが、上は角を落としてます。
両側ともこのようにしました。

あとは以前書きましたが、

Fピンリテナーの下を斜めに削り、ハンマーがスライドを持ち上げるのをわずかに抑えました。
とりあえず今思いつく対策はこれぐらい。
効果あるかな〜。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
GM-7バレル用フィードランプその後
SAA用カートスタンド試作
コルトXSEショート(タニオ・コバ)
ハイパワーMkIII化への道(1.5)
GM-7バレル用フィードランプ
夏のブラックホール開催中
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 GM-7バレル用フィードランプその後 (2018-09-09 11:53)
 SAA用カートスタンド試作 (2018-08-25 00:25)
 コルトXSEショート(タニオ・コバ) (2018-08-17 22:19)
 ハイパワーMkIII化への道(1.5) (2018-08-15 23:12)
 GM-7バレル用フィードランプ (2018-08-12 23:32)
 夏のブラックホール開催中 (2018-08-11 18:06)
この記事へのコメント
スライドセレーション裏は破損対策ですね。自分は以前のモデル、ここ自分で削りました(笑)
実はMGCのM39も同じとこ割れました。ABSなら大丈夫なんで、HW素材でインナーシャーシ無しだと無理があるのかも?
古いモデルですからねえ・・・イタチごっこですね・・・・

実はタナカのMG化計画があったんですよ・・・あのイベさん設計で!
残念ながら途中で中止になってしまいましたが・・・・
Posted by HAYASHI at 2018年04月20日 14:25
T.K.Redさんのハイパワーのキットモデル購入ブログを見てその後再販した

完成品を購入しました。そしたら2マガジンで右側のレールが折れました。

一番後ろのレールがあるので大丈夫だと思い3マガジン目でスライドの右後ろ
セレーションのところが折れました。

スライドとフレームを買い直すか悩んでいます。対策参考にさせて頂いて修理しようかな。(笑)
Posted by 家猫 at 2018年04月20日 22:47
>HAYASHIさん
セレーションの裏は、破損対策でなくなったんですね!確かにハンマーでスライドが持ち上がると割れそうです。
タナカ×井部さんのHPMG計画があったなんて知りませんでした。
MK.III出してほしいですね!

>家猫さん
3マグでスライド、フレームとも破損したらめげますね。。。
華奢なデザインなので、対策しても限界あるかも知れません。
自分はHPは初心者ですから、対策も効果があるかどうか分かりません。
このあと、ハンマーも少し削ろうかと考えています。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2018年04月21日 19:32
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。