2018年04月15日

各社動向

タニオ・コバからGM-7.5のシリーズ'80が発売されました。
なかなかの売れ行きだそうで、未入手の人は早く購入したほうが良いようです。かくいう自分もまだ入手していないのですが、近々購入予定です。
刻印バリエーションという扱いのようで、サイトやトリガーはS'70と同じため所謂S'80の印象と少し異なりますが、S'80も初期の頃にはこのような仕様もあったとか??しかしやはりサイトはぐらいは変更したいところ。そのようなバリエーションの発売も希望します。

B.W.C.はマニア垂涎のボランド9ミリメジャーの後、SW1911の3インチモデルを発売するようです。キンバーやデフィェンダーなどの3インチモデルが先日発売されましたが、S&Wは外装式エキストラクターなど特徴的な部分が多く、イメージが異なるのでこちらも楽しみです。

タナカは毎月何らかの新作や再販があるので、一番頼りになるメーカーです。M1カービンも人気のようです。外観のバージョンアップだけでなく、発火性能も常に改良を重ねてくれるタナカのようなメーカーには、ぜひ頑張ってもらいたいです。今週も発表があると思いますが、毎月下旬の翌月発売分の発表が楽しみです。
またガスガンのほうで、インナーシャーシの形状を変更した「IC」モデルというSIG P220(自衛隊仕様)を発表しているので、このシステムがモデルガンにも転用され、新たなSIGが展開されるのか注目しています。

マルシンは再販がメインですが、以前に比べると精力的にリリースするようになっていると思います。注目は7月に発売予定となっている「ガバーメント100周年記念モデル」です。マルシンのHPにその仕様が一部掲載されていますが、A1ではなく1911スタイルで限定品、予備パーツなし。そしてLAホビーショップによると、定価が4万円近いかなり強気の設定です。あえて「ガバーメント」という古い表記にしたのはどのような意味があるのか?色々謎ですが、価格に見合う出来に、そして予定通り発売される事を期待しています。
そう言えば「スッピン」キットはどうなったのでしょうか?結構楽しみにしているんですが。マルシンは発表したまま発売しないのも問題ですが、発売したとしても発表からかなり時間が経ってしまうのも良くないと思います。その点タナカは新作発表後、購買意欲が衰えないうちに発売するのが上手いです。発表後にユーザーの声が反映されるならともかく、そうでないなら各社ともぜひ見習ってもらいたいところです。

CAW系はここのところ静かですね。MULEはデリンジャーを発売し、刻印やエングレーブなどのバリエーション展開をしていますが、マイズファクトリーは全然動きが見られません。MGCリバイバルシリーズもイングラム以降ありませんし、AKも音沙汰なし。何だかんだで個人的に好みの製品を出してくれるメーカーなので、今後の動きに期待したいです。

ハートフォードは代名詞であるSAAのほか、アニメとのタイアップ製品をモデルアップし、相変わらず熱烈なマニアに支持される製品展開です。またオートやDAリボルバーでも新たな展開をしてほしいと思います。

コクサイのように廃業するメーカー、ブランドがある一方、こうして見ると既存のモデルガンメーカーは頑張ってくれていると思います。我々ユーザーも、可能な限り購入したり、モデルガンの魅力をPRしたりして、盛り上げていきたいです。KSCもモデルガン、頼みます!




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
樹脂プライマー
GM-7.5新作 XSEショート
BWCからキット2機種発売
USPでiSDを遊ぶ
P226でEVO2カートを撃つ
憧れのグリップを入手
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 樹脂プライマー (2018-07-17 22:19)
 GM-7.5新作 XSEショート (2018-07-13 23:45)
 BWCからキット2機種発売 (2018-06-22 23:35)
 USPでiSDを遊ぶ (2018-06-16 16:32)
 P226でEVO2カートを撃つ (2018-06-11 23:08)
 憧れのグリップを入手 (2018-06-09 17:54)
この記事へのコメント
1970年代から、GUN業界の栄枯盛衰を見てきた一愛好家として、最近のモデルガンの勢いは、確かに嬉しいことですね。ただ、振り返ってみると、エアガンや電動ガンがこれ程広まった背景には、競技会やサバゲなどを通し、ユーザーに遊び方の方向性やきっかけなど、いわゆる、商品をどう使ってもらうかまでをメーカーが演出し、消費行動につなげていった結果だったと思うのです。モデルガンも、かつては、今よりも、もっと気軽に屋外で発火できましたし、東京タワーのイベントでⅯGⅭのショットガンが発表された時などは、買ったばかりの銃を、多くのマニアが芝公園で撃ちまくっても、なんの問題もないという時代でした。今はカスタムパーツも豊富で、プロップ並の発火も楽しめるようになった反面、せっかくの銃を思い切り撃てる場所がほとんどないのが残念な所です。発火イベントの開催などは、もちろん素晴らしいことなのですが、できればメーカー主体で、常設の発火レンジなどを作ってもらえれば、モデルガンも、もっと認知されていくのではないでしょうか。
Posted by 温故知新 at 2018年04月16日 16:56
>温故知新さん
確かにメーカー主導で発火遊びの環境を整え、しかもそれが常設である事は理想だと思います。
実際にはモデルガンを製造、販売し、採算をとるだけで精一杯だと思いますが、希望は高く持ちたいです。
メーカーにそのような活動をできる体力を蓄えてもらうためにも、既存のユーザーである我々も、微力ながらモデルガンを盛り上げて行きたいと思います。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2018年04月19日 00:26
M31RS2の新発売イベントは新宿センタービルでのMGCイベントでした。

皆で撃って遊んだのは新宿中央公園ですよ。
Posted by 通りすがり。 at 2018年04月27日 20:01
>通りすがり。さん
そのエピソードは、くろがねさんの記事などで読んだ事があります。
新宿中央公園という事は、新宿警察の前ですから、すごく平和な時代ですね。
自分も子供の頃は公園で普通に発火していましたが、そんな時代はもう来ないでょうね。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2018年04月28日 12:23
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。