2018年02月17日

GM12用カスタムフィードランプ


MGCのGM12やCAWのMGCリバイバルガバメントで、BWCのダブルキャップカートを使用するためのデトネーターを作り、新日本模型のMEUやCAWのナショナルマッチなどでテストを続けています。

デトネーターの寸法自体は比較的簡単に決まって完成しているのですが、あとは作動の問題です。
機種によってエキストラクターの形状を調整するのはまあ当然としても、フィーディングのほうに問題があります。
BWCのカートはフラッシュホール型のデトネーターを通す関係で、一般的なCPカートと比べて弾頭部分が太くなっているため、フィーディングトラブルを起こすのです。

このように、初弾〜2発目ぐらいまで必ず引っ掛かります。
デトニクスは装弾数6発なのであまり問題がなかったのですが、フルサイズガバに7発フル装填すると、チャンバーへ送り込まれる時にカートがおじぎをしてしまい、このような状態で止まってしまうのです。
これを解消するためフィードランプを削って形状を変更していったら、

スムースな装填を実現する頃には、ほとんど原型を留めないぐらいまで削り込んでいました。
これはなかなか大変です。
というわけで、フィードランプそのものも新規に作ってしまおう!と考え、あれこれ試した結果、このような形状に落ち着きそうです。

このフィードランプを使えば、7発フル装填&チャンバー+1発でも快調に作動するようになりました。
機種によってマガジンリップの調整も要しますが、とりあえずこれで最低限の調整で済みそうです。
またこのフィードランプは一般的なCPカートも使えるほか、タニオ・コバのイージーCPカートにも対応する事が分かったので、ZEKEのホローインナー用デトネーターも作ろうかと思っています。

ちなみに写真のフィードランプはチタン製ですが、高いので樹脂でも作ってみたんです。

耐久性には問題なさそうなのですが、弾力があるためか、うまく装填されない事が相次ぎました。
同じ設計でチタンと樹脂の両立は無理そうなので、樹脂用のフィードランプは再設計するとして、とりあえずチタン製のフィードランプとデトネーターは最終的なテストが済み次第出品しようと思います。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
ハイパワー破損対策
WAセキュリティシックスのエジェクター
LayLaxのセラコート
ハイパワーをEVO2カートで発火
グロック破損対策パート2
S&W M459レバー調整
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 ハイパワー破損対策 (2018-04-20 00:35)
 各社動向 (2018-04-15 22:45)
 WAセキュリティシックスのエジェクター (2018-04-08 12:08)
 LayLaxのセラコート (2018-04-02 09:00)
 ハイパワーをEVO2カートで発火 (2018-03-30 22:45)
 グロック破損対策パート2 (2018-03-27 21:58)
この記事へのコメント
こんにちは。
このGM12のフィードトラブルは非常に厄介で、自分も散々悩まされました。
そもそも、フィードランプがバレル側に変更された経緯が、確か38スーパーに対応するためでしたので(間違ってるかもしれません)リアルサイズ45にもそのまま適応されたんでしょう。
個人的に、GM12で純正外のカートを使うならシャーシ側にランプを新造するのがベストだと思っています。
それでも、かなり削ったり切った貼ったが要ります。
その辺は自分のブログにも書いてますが、参考になれば幸いです。

あと、ここに私信を書くのははどうかと思ったのですが先日はお誘い頂きありがとうございました。
都合が合えばまたよろしくお願いします。
Posted by 1911tac at 2018年02月18日 19:28
>1911tacさん
近年は実銃の世界でもランプドバレルが使われる事が増えているようですが、モデルガンのバランスでは
やはりシャーシ側にランプがあるのがベストだと思います。
自分もシャーシ側への増設は試行錯誤を繰り返しましたが、かなり強力な接着剤でも固定には不十分で、
1911tacさんや、吠えるモデルガンさん(http://barkmodelgun.militaryblog.jp/)のように、シャーシ
に横穴を空けて、ピンで固定するしかないと思います。
しかしこれはおっしゃる通り、なかなかの工事になってしまいますので、バレルへの取り付けだけで
お手軽にフィーディングを向上させられるフィードランプを試作した次第です。
先日の件はお気になさらずに。またご都合が合えばよろしくお願いします。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2018年02月20日 21:25
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。