2017年09月02日

M31用のショットシェルが再販中なので


MULEからMGCのレミントンM31用ショットシェルが発売されています。基本的にはMULEからの直販のみですが、TAKE FIVEでも取り扱っています。
吠えるモデルガンさんやミントさんが既に購入してブログに記事をアップされていますが、とても評判が良いので自分も購入しようと思い、それに先だって久々にM31を動かしてみたら、何やら挙動がおかしい。
フォアグリップを前進させた瞬間に、トリガーを引いていないのにハンマーがリリースされてしまうのです。

調べた結果、トリガー上部にあるネジの締めすぎが原因のようでした。

内部の状態を確認すべく分解を始め、ここのネジを少し緩めたらパチッという音がして、正常な動きに戻りました。簡単に解決して良かったです。
M31のようにトラブルの少ないモデルは、ほとんど調整した事がないので、いざトラブルが起きると何が原因なのか想像もつかずに焦ります。

で、そのMULEのショットシェルです。

赤い部分がMGC純正のプラで、銀色のリム部分はMULEが新規に製作したアルミ製。
入手困難になりつつあったM31用のシェルが購入できる事も良いのですが、リムが金属製というのも良いです。ミントさんによると、このリムのおかげで発火性能も上がってるとか。耐腐食性がどうなのかだけが気になります。
いずれにしても在庫限りとの事なので、新品でシェルを購入できる最後のチャンスかも知れません。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
USPのヴァリアント変更中
GM7.5 1911A1発火
Inoxようやく発火
ローデッドバレルをセラコート
マグキャッチを黒メッキする
第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 USPのヴァリアント変更中 (2017-10-26 12:29)
 GM7.5 1911A1発火 (2017-10-22 21:18)
 Inoxようやく発火 (2017-10-16 22:05)
 ローデッドバレルをセラコート (2017-10-12 21:25)
 マグキャッチを黒メッキする (2017-10-08 20:04)
 第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日 (2017-10-06 21:51)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。