2017年08月04日

レミントンM31のレシーバー

今月の『Gun Pro』誌の『ヴィンテージ・モデルガン・コレクション』は、MGCのM31です。
西部警察世代には、とても思い入れがあるモデルですね。

自分が購入したM31は、もともとABSにストックが付いたモデルでしたが、後にピストルグリップとHWのレシーバーを購入して換装しました。写真上の組み立てられているのがそれで、その下のレシーバーは元のABS製です(写真下の団長グリップはBWC製)。
レシーバーを交換した理由は、『Gun Pro』の記事内でも言及されているバレル下の大きな開口部です。
かなり長いこと実家の押し入れにしまわれていて、それを発掘した際に、開口部を塞ぐフタがなかったのです。樹脂パイプを切って自作もしてみましたが、どうしても隙間が出来てしまい、うまく作れなかったのでレシーバーごと買ったというわけです。
このバレル下の開口部は安全対策だと思っていましたが、今回の記事で金型の都合によるものだという事を初めて知りました。
そして現在、M31の金型はCAWが保有しているものの、バレルの金型がないためにリバイバルは困難との事。
自分がHWのレシーバーを買ったのは、たしかNEW MGC上野店が閉店する1〜2年ぐらい前。その後にはMGC50周年記念刻印入りのモデルも発売されましたが、この時点ですでにバレルの金型は紛失していて、削り出し(?)でバレルを新造したという話を聞いた事があります。気合いがあれば作れるという事ですね。
いつの日かCAWからリバイバルされる日が来る事を祈ります。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
新プラオープンカートリッジ
ブラックホールにM1911A1展示
GM-7のディスコネクター
カート立て
ベレッタ92F Inoxがタナカから
M9用ZEKE中空デトネーター
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 新プラオープンカートリッジ (2017-08-20 19:49)
 ブラックホールにM1911A1展示 (2017-08-12 20:22)
 GM-7のディスコネクター (2017-08-10 22:08)
 カート立て (2017-08-06 21:24)
 ベレッタ92F Inoxがタナカから (2017-07-28 23:30)
 M9用ZEKE中空デトネーター (2017-07-26 22:50)
この記事へのコメント
ショットシェル(ABS部はMGC純正)は最近発売されましたから、
本体のM31もCAWからリバイバルして欲しいですね。
Posted by しげ at 2017年08月04日 15:02
私も折りたたみストックとレイバンサングラス持ってます。カートリッジが、再販されているので、助かります。西部警察第1話にベレッタ93Rが、登場します。海外ロケですが、実銃ステージガンと思います。記憶が、あやふやですが、西部警察の打ちきりになった新作にも出ていたと思います。派手な、警察ドラマ見たいですよね!
Posted by ディスカバリー at 2017年08月04日 15:12
>しげさん
アルミリムのショットシェルはMULE直販のみとの事ですが、ぜひ欲しいですね。
以前、加濃堂から真鍮製のリムのみ発売されましたが、自分で加工、取り付けが必要でした。
MULEのアルミ部分の耐腐食性がどうなのか気になるところです。
銃本体も、頑張ってリバイバルしてほしいです。名銃ですからね。

>ディスカバリーさん
リメイクされる予定だった西部警察は、不慮の事故により1話のみスペシャル放送され、それ以降は中止になって
しまいましたが、もったいなかったですね。
今は公道で車がクラッシュしたり、爆発したりするドラマを作るのはかなりハードルが高そうです。
あの西部警察の新作が、それをできる最後のチャンスだったかも知れませんね。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年08月06日 14:05
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。