2017年05月27日

デトニクスPFC発火への道


昨年の今頃は、CAW製デトニクス(MGCリバイバル)をPFCで発火・作動させるための研究をしていました。
デトニクスはブローバックの衝撃でスライドのアゴの部分が破損しやすく、特にCAW製品は頑丈だという話をあまり聞かない上にパーツ供給も安定していませんから、パワーの弱いPFCでの発火を目論んだわけです。

しかしこれがなかなか苦戦しました。
オリジナルのCPカート用デトネーターは先端が細いため、爆音プラグが深く嵌まりすぎて不発が頻発(あ、ちなみに私の言う「PFC」は常に爆音プラグとセットです)。
不発が起きないように爆音プラグをロングタイプや、それよりさらにロングな物を使うと、今度はストロークが足りずにパワー不足に陥りました。

爆音プラグの全高は長いままストロークを伸ばすために、マックジャパンさんが特製の爆音プラグ(下写真)を試作してくださいましたが、それでもまだパワー不足でした。うまくブローバックする事もあるのですが、安定作動というにはほど遠い感じです。

リコイルスプリングをかなり弱くしてもスライド後退のパワーが足りないという事は、デトネーターと爆音プラグの隙間からガスが漏れているという事です。
結局、先端が細いCP用デトネーターでは、プラグ側を改良しても完璧にガスをシールできないのだと判断しました。

そうなると爆音プラグがうまく嵌まるように、先端が太いデトネーターを自作するしかありません。
これは大変です。太い物を加工して細くする事は出来ても、細い物を太くする事はできませんから、適当なベースがなければ金属棒などを切削してイチから作るしかないわけです。

そんなわけでデトニクスでのPFC発火はほとんど諦めていたのですが、今年になって3Dプリントでデトネーターを製作する方法に巡り会いました。
そこで真っ先に試作したのがデトニクス用です。

デトネーター先端には段差を設けました。
この形状はC-TecのタナカM9用デトネーターの先端形状を参考にしたものです。

タナカのM9でこのデトネーターを使用すると、PFC&爆音プラグで絶妙な作動を見せます。爆音プラグと発火ガスを段の部分で受け止め、パワーを維持するのだと思います。

で、この3DプリントデトネーターでPFCを使って発火してみたのですが、やはりパワー不足。
明らかにガスが漏れている感じがします。

そこで先日開催されたVショーで、爆音プラグの開発者であるKenさんに相談したところ、「このような段付きの形状では、発火ガスをきちんと密閉できない」と教えて頂きました。
C-Tecのデトネーターで爆音プラグが使えるのは偶然か、何かスゴイ秘密があるのかもしれません。

とにかく、Kenさんのアドバイス通りに先端形状を修正。まずは値段の安い樹脂で3Dプリントし、寸法を確認しました。

CPも兼用できるように、全長はオリジナルと同じ41〜41.5mmとしました。
そして爆音プラグの嵌まり具合も確認します。

不発/暴発が起きないようにするためには、爆音プラグを嵌めた状態の全長が44mmになるよう調整します。
段付き形状よりも爆音プラグの嵌まる深さの調整が少し難しいです。

完成したデトネーターがこちら。

最初に3Dプリントデトネーターを作った際、内部を空洞にしても強度的には十分である事が分かったので、コストを抑えるために肉抜きしてあります。
こちらが断面図です。

このような内部形状にできるのは3Dプリントならではですね。
ガス抜けのための中空構造ではないため、貫通はしていません。

銃側の調整箇所は、エキストラクターをPFCのリムに合わせて加工するのと、リコイルスプリング(外側の太いほう)を2巻きカット。ハンマースプリングはノーマルのままです。

というわけで発火テスト!

発火、排莢とも問題なし!
すご〜くマイルドな作動と感じますが、最後はスライドストップもきっちりかかるので、パワーバランスはOKなのでしょう。

これで1年がかりのデトニクスPFC発火計画はようやく完了。
思えばおととし〜昨年は、PFCを他社モデルガンに流用するのがマイブームで、GM-7をPFCで発火した時には、さすがに「意味が分からない」と友人のミントさんから指摘されました。確かにその通りだと思います(笑)。

ちなみにデトニクスについては、BWCのダブルキャップカートを使うためのデトネーターも作りました。

こちらはPFCとは正反対のベクトルで、ド迫力&強烈パワー。
近々詳細をアップします。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
新プラオープンカートリッジ
ブラックホールにM1911A1展示
GM-7のディスコネクター
カート立て
レミントンM31のレシーバー
ベレッタ92F Inoxがタナカから
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 新プラオープンカートリッジ (2017-08-20 19:49)
 ブラックホールにM1911A1展示 (2017-08-12 20:22)
 GM-7のディスコネクター (2017-08-10 22:08)
 カート立て (2017-08-06 21:24)
 レミントンM31のレシーバー (2017-08-04 09:03)
 ベレッタ92F Inoxがタナカから (2017-07-28 23:30)
この記事へのコメント
最近の3Dプリンターは、すごいですね!
旋盤削り出しより複雑なものが。できますね!
話は、変わりますが、先週の鉄腕DASHにCAWの
社長が、出演してました。巨大コルク銃で、景品をぶっ飛ばしてました。おもしろかったです。
Posted by ディスカバリー at 2017年05月31日 16:09
>ディスカバリーさん
3Dプリンタでの製作は、複雑な形状も出来ますし、コスト計算の仕方も削り出しと違うので、色々な意味で
可能性が膨らみます。
本郷社長出演の話は、噂で聞きました。早くMULEのサイトが復活してほしいです。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年06月02日 23:01
T.K.Red様、ゴンです今回の作品は前にもまして高い完成度になりましたね。
おめでとう御座います。
 自分もCAWのデトニクスもっているのですがスライドが損が怖くて。
まだ発火出来ないでいます。自分は3DCAD出来ないので。
パーツショプM9さんのBlogで見たでポリマーイージーCPカートかポリマーオープンカートようの。デトネーターを作ってもらって自分も撃とうかなと、思っています。
それとM9さんによるとエジェクターは、CAWはカットされてるので。
MGCノーマルの方が排莢が早くなり動作が安定するそうです。
BWCもコンパクトガバはエジェクターを伸ばしていたので効果が有るかも知れません。自分も早くデトニクスが撃ちたいです。

追伸、MULEが今この状態で大丈夫なのか自分も心配です。
Posted by ゴン at 2017年06月03日 01:39
>ゴンさん
デトニクスは、HWだとスライドが破損しやすいですが、シルバーモデルは比較的丈夫なようなです。
自分はC-Tecのマイルドキックなど、CPでかなりの数を発火していますが、大丈夫です。
M9さんのオープンやイージーCP使用も良いですよね。やはりオープンは気軽に撃てて、銃にも優しいので最高です。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年06月06日 22:33
3Dプリンターの会社かホームページを教えていただきたく書き込みさせていただきました。私はWAのスタームルガーを何丁か持っているのですが、お決まりの崩壊病でジャンク状態です。シリンダーのパーツを作りたくてあれこれしていましたが金属のプリンターで長年の思いを解決したく。宜しくお願いいたします。
Posted by 慚愧と申します at 2017年06月15日 18:50
>慚愧と申しますさん
自分が利用しているのは、DMM.makeの3Dプリントサービスです。
http://make.dmm.com/print/
こちらは選べる素材が多様なのが特徴です。
金属素材も、鉄やステンレスなど様々ありますが、それらの多くはロストワックス製法、すなわち3Dプリンタにて
ワックス(ろう)で造形し、それを石膏などで型取りし、その型に溶かした金属を流し込む鋳造です。
この方法だと、素材が冷える際に収縮が起こるため、精度が求められるモデルガンのパーツには向いていないと
判断し、当方は主にチタンを選んでいます。
チタン素材の場合には、レーザー焼結によって粉末を固めて造形するため、ほぼ設計した通りの寸法で
完成する上、鋳造の手間がないために料金も安く済み、また期間も短く済みます。
当方はWAのスタームルガーに関する知識がゼロなので、どのようなパーツを作られる予定なのか
分からないのですが、銃刀法及び業界内の規制に抵触しないようお気を付けください。
モデルガンの未来のために、3Dプリントでパーツを製作する人間は、常に注意と配慮をしたいと考えています。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年06月16日 01:12
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。