2017年05月02日

デトニクスのチャンバーカバー作成


先日、CAWのデトニクス・シルバーモデルのバレルを塗装しました。
MGC時代のデトニクスは、ごく初期にメッキバレルがあったそうですが、自分の知っているデトニクスのバレルは塗装でした。それだけに、さほど違和感はないかなぁと思ったのですが、やはりもう少し金属感を出したいところです。

というわけで、チャンバーだけでも何とかする事にしました。
作戦としては、GM-7バレルのように、金属板をチャンバーカバーに貼り付ける方法です。

0.2ミリ厚のアルミ板を切って作成。
本当はバレルのチャンバーカバー表面を0.2ミリ削ってから貼るべきなのでしょうが、無精なのでやりません。塗装を落として脱脂だけです。
そこへ切ったアルミ板を接着。厚くなったぶん、スライドに組み込む時が少々窮屈でしたが、入ってしまえば作動には干渉しません。
しかし…

なんかテカテカでカッコ悪い…。
曲げた時に出来たゆがみも目立つし。

そんなわけで1000番のペーパーで擦ってみました。

表面を荒らして光沢を抑えると、ゆがみも目立たなくなりました。
仕上げにコンパウンドで少し磨くと、良い感じの金属感に。


塗装よりはだいぶマシになりました。
こうなるとマズルもなんとかしたくなりますが、まあ今回はここまでにしておきます。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
GM7.5 1911A1発火
Inoxようやく発火
ローデッドバレルをセラコート
マグキャッチを黒メッキする
第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日
M1911A1【MULE×タニオ・コバ】
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 GM7.5 1911A1発火 (2017-10-22 21:18)
 Inoxようやく発火 (2017-10-16 22:05)
 ローデッドバレルをセラコート (2017-10-12 21:25)
 マグキャッチを黒メッキする (2017-10-08 20:04)
 第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日 (2017-10-06 21:51)
 M1911A1【MULE×タニオ・コバ】 (2017-10-03 20:14)
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見してます◎
マメですね~ でも色々と参考になります! モデルガンネタは、なかなかないので・・今は、古いGUN誌やモデルガンチャレンジャーを読んで勉強してます。
Posted by シリーズ70 at 2017年05月03日 11:27
私も昔缶ジュースを切ってアルミ板を張り付けました。キッチン用品のアルミテープもいいですよ!
Posted by ディスカバリー at 2017年05月03日 15:16
>シリーズ70さん
確かにモデルガン情報は少ないですよね〜。
自分より知識も技術も豊富な方はたくさんいるので、そういう方がどんどん情報発信してくれるようになれば
良いと思っています。

>ディスカバリーさん
アルミ缶の裏側も使えますね!
実は最初、アルミテープでやろうと思ったのですが、擦れるとシワになりそうだったので今回はアルミ板にしました。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年05月04日 01:40
毎度です。
僕はいつもGM5系には
GM7のバレル外径を13mmまで削り
マルイのメッキバレルをぶった切って
内径を13mmにして被せてます。
機会があれば試してみて下さい!
Posted by K主任K主任 at 2017年05月08日 02:47
>K主任さん
バレルの外周を削り、被せるのは、実はずっとやってみたいと思ってるんです。
しかし外径と内径をしっかり合わせて固定し、ブローバックにも耐えうるように作れるか、ちょっと自信がありません(^^;;;
タナカのディテクティブのバレル外径を削って、3rdのシュラウド付きバレルを被せた事はありますが、
リボルバーですから。。。
でもいつかはチャレンジしたいです。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年05月10日 00:48
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。