2017年02月15日

H&K P8(タナカ)発売

タナカの新作、H&K P8が発売になり、さっそく購入しました!

見た目は従来のUSPと大きく変わりませんが、様々な新しい要素が盛り込まれており、単なるUSPのバージョン違いとは言えません。“タナカの新作モデルガン"と呼んでも良いと思います。
まず、噂のハイパフォーマンス樹脂について。HWの重量とABSの耐久性を併せ持つという新採用の素材です。
触るとひんやりとしていて、ズッシリとした重量感もあり、HWと遜色ありません。HW製のUSPと持ち比べてみると、「少し軽いかな」と感じますが、単体で持っただけではまったく気付かないと思います。
耐久性については発火してみないと分かりませんが、かなり期待しています。


USPとの外観上の一番の違いはコントロールレバーの使い方。下げてセフティ(コック&ロックも可能)、そこからさらに下げてデコッキングです。
USPのようにセフティを解除する勢いでデコックしてしまう可能性がありません。跳ね上げでセフティ解除は、好みが分かれるところでしょう。


乳白色のマガジンです。今回タナカが発表するまで、こんな色のマガジンだとは知りませんでした。
雑誌で初めて見た時はスケルトンなのかと思いましたが、そうではありません。透けて見えるのは、インナーシャーシです。


以前、HWスライドの右側のレール付近がやたら薄くなっているという記事を書いたのですが、ここはABS時代と同じぐらいの厚さに戻っています。これなら安心ですね。


スライドを外してみると、必ず割れるフレームの薄い部分が変更されていました
バンザーイ!!


左がP8で右がUSP。
こうしてみると、インナーシャーシの形状が結構変更されているのが分かります。


他のパーツ形状も変更されています。
スライドがスムース動くよう、ディスコネクターの角がなくなっています。さらにコントロールラッチの形状も変わっていますね。


バレルの下にネジが2本。補強のためでしょうか?グロックのように別部品をネジ止めしているというわけではないようです。
バレル下部は破損しやすい場所なので、耐久性アップに期待しています。
ちなみにパーツリストには、このネジが書かれていないので、バレルの一部という扱いなのでしょう。


エボ2カートです。
ケース、弾頭ともアルミ&アルマイト加工。プライマーもアルミのようです。
Fピンは形状が変更され、Oリングが太くなっています。
ライナーには細いOリングが追加されています。おそらくケース内でガタつかないようにするためでしょう。またライナー入り口は斜めにカットされていて、これによりFピンを入れるのが格段に楽になっています。

とりあえず気付いた点はこのぐらいでしょうか。
うーん、期待通りの出来映え。発火が楽しみです。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
SFA LOADED塗装直し
リカバー・タクティカルBC2
ローマンのシリンダーハンド交換
ガバのハンマーが…
デトニクスのバレル&グリップ塗装
リカバー・タクティカルCC3H
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 SFA LOADED塗装直し (2017-04-25 22:42)
 リカバー・タクティカルBC2 (2017-04-22 16:12)
 ローマンのシリンダーハンド交換 (2017-04-18 00:33)
 ガバのハンマーが… (2017-04-14 21:46)
 デトニクスのバレル&グリップ塗装 (2017-04-09 20:58)
 リカバー・タクティカルCC3H (2017-04-07 23:33)
この記事へのコメント
こんばんは!
P8発売されたんですね!
今は資金難のため購入してませんが
余裕が出来次第購入しようと思ってます。
次のレビューに期待しますよ!笑
Posted by liquidbaby at 2017年02月15日 01:12
凄い。結構変わってますね。
最近USPを買ったばかりなのでスルー予定でしたが、これは欲しくなります。
USPが壊れたら…などと悠長なことを言っていると、入手困難になるかもしれないのが、この趣味の怖さですよね(苦笑

あまり関係ない話ですが、gm5系の.38スーパーコマンダーをパワーの低いカートで作動させようとして、pfcではどうしても厳しそうだったので、バレルの肉厚も厚いしストロークの短い9パラのCPなら大丈夫だろうと思ってC-tecの9mmマイルドキックを試したら一発でイモネジの部分から千切れました(涙
やっぱり材質も大事ですよね~
Posted by .45信者 at 2017年02月15日 17:47
後からよく考えてみれば、ストロークの短縮で弱くなるのはトータルのパワーであって、圧力が最大であろう発火した時点でのパワーは変わりませんよね。
現在、gm7バレルベースで調整中です。
何故か不発が… プライマーのストロークは良さそうなのに…
Posted by .45信者 at 2017年02月15日 18:06
待ってました!楽しみにしてます(笑)
Posted by シリーズ70 at 2017年02月15日 19:45
これは買いですね!!
でも、最近UPSを2丁買い置きしたばかりなので、嬉しいながら、悔しさもあります~。
Posted by とんぼ at 2017年02月15日 20:31
気になっていた商品で、この記事読んで
予想以上に改良されているとわかり、
早速H&K P8を購入しました。
Posted by しげ at 2017年02月16日 21:50
>liquidbabyさん
きっと買って損はしないと思います。
資金繰り頑張ってください!

>.45信者さん
これは大改修ですよ。
タナカは比較的安定して再販してくれますが、それでも数年サイクルですから、悩ましいところです。
.38スーパーをC-Tecで発火ですか。マイルドキックのパワーは、従来のCPカートと同等と感じていましたが、
銃への負担は、おっしゃる通りストロークだけでなく、爆発時の瞬発力も関係してきますね。難しい…。

>シリーズ70さん
この記事で書いた以外にも、よく見るとたくさん改良ポイントがあります。
仕事が忙しくて実はまだ発火できていないんですが、とても楽しみです。

>とんぼさん
タナカモデルガンの新時代の幕開けと言えそうです。
今後、他の機種がHPシリーズとして次々リニューアルされると考えると…楽しみですが、財布が…。

>しげさん
驚くほどの改良ぶりですね。細かく見ていくと、まだまだ新しい発見がありそうです。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年02月16日 22:08
自分も早速購入しました。よいできですねえ。
最初、スライドが粘る?感じで戻りが悪かったですが、摺り合わせをしたら手動では大丈夫の様です。
発火が楽しみです!
個人的にはタナカの銃はプラグファイヤーで発火させるのが好きなんで、デトを交換して試してみたいです。
Posted by HAYASHI at 2017年02月19日 08:41
自分も購入したのですが、何だかアンダーレールが太くありませんか?
今度iSDも購入しようかと思うのですが、ちゃんと取付け出来るのでしょうか??
Posted by kG at 2017年02月19日 11:07
>HAYASHIさん
そうそう、箱出しでの作動は、スライドなどが少し粘る感じがしました。
戻りが弱いのは、リコイルSPも調整されているからかも知れませんね。見た感じステンレス製のようです
ので、バネの質が変わったのかも知れません。
またフレームと噛み合うレールが二重になっているので、そんな事もあってスライドを操作した感触が違うの
かも知れません。
自分もPFCが好きで、USPはPFC仕様にしてますが、エボ2カートも発火してみたら結構面白いですよ!

>kGさん
USP/P8は、アンダーマウントレールを搭載したハンドガンとしては最初期のもので、そのレールは
現在主流となっているピカティニーレールではありません。このレールに付くアンダーマウントアクセサリー
は、USP専用のものだけです。
従ってiSDを含む、現在流通しているフラッシュライトなどのアクセサリーは、そのままでは付かないのです。
例えば東京マルイの電動ガンには、↓のサイトをご覧になると分かる通り、
http://www.hyperdouraku.com/airgun/usp_aeg/
ピカティニー規格に変換するためのアダプタが付属しています。
こういう物を入手できればiSDも付けられますが、自分も探しているんですが、なかなか見つからないん
ですよね。マルイ用のをパーツ注文するか、そのコピー品を探すか、実銃用を見つけるか…。
自分もiSDつけて遊びたいです。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年02月19日 12:30
はじめまして。僕もP8購入しました。ご存知かも知れませんが
USPシリーズのコントロールレバーの機能はバリアント1~10まで
あってレバー連動のディティントプレートのカム形状で変更しています。
市販されているのはタナカUSPのような上セフティ下デコックの1/2
やデコックオンリーの3/4、セフティオンリーの5/6/9/10の三種です。

で、実はタナカのP8のディティントプレートは軍用のバリアント8の
ものなのですが刻印がUSPの1/2のままになっていますww

余談ですがP8の操作は先代の軍用P1(P38)のレバー操作に
準じているようで下げてデコック、そのままでセフティオン、
上げてセフティオフとなっています。

USPのバリアント1/2はアメリカ市場で受け入れやすように1911に
準じた上げてコック&ロック状態になるセフティになっています。
Posted by TARK at 2017年02月21日 23:53
追記ですがP8のディティントプレートはおそらく8番が正しいです。
この操作のプレートだけがパーツとして市販されなていないのと
パーツ販売サイトでも8番が欠番になっていることから見てそう思います。
Posted by TARK at 2017年02月21日 23:57
>TARKさん
はじめまして。
左にレバーがあり、セフティとデコックが出来るので、バリアント1の一種なのかと思っていましたが、
確かにバリアント8は欠番ですね!
銃の名前から考えても、おっしゃる通りバリアント8なのだと思います。
自分もガバメントに慣れているので、跳ね上げてロックできるほうが良いと思いつつも、実際にP8を
いじってみると、一度ロックしてからデコック、そのままロック状態で保持されるというのは、安全な
携行を考えると、合理的だと思います。
跳ね上げでロック解除も、慣れの問題なのでしょう。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年02月22日 11:04
お返事ありがとうございます。
僕も昨日撃ってみました。C-tecのダブルキャップカートで
撃ってみましたが今後耐久性がどの程度なのか続けて
試してみたいと思います。
重量感も剛性感もある素材なので今後SIGやM92に
拡がっていけばいいなぁと思ってたら次はUSPだそうですね(^^;
Posted by TARK at 2017年02月22日 14:22
>TARKさん
CPFダブルキャップで発火ですか!
通常のCPカートよりもパワーが強いのでお気を付けください。
話によると、タナカは新製品のパーツ類は3ヶ月間は販売しないらしいので、破損すると当分は修理できません。
とりあえず自分はしばらくパワーの低いエボ2か、PFCのみで遊ぼうと思います。
しかし、本当に今後のHPシリーズには期待です。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年02月22日 17:36
USPのバリアント8について間違ってるのでタナカの名誉のために指摘させて頂きます。
8に該当するのは法執行機関向けなので市販されていないようです。DAOでコントロールレバーが無いタイプになります。H&Kのカタログに一覧表が載ってます。つまりP8ではありません。
P8のディテントプレートはバリアント1+2で合ってます。分解して見比べれば解りますがUSPと全く同じものです。
Posted by Evo7 at 2017年02月23日 22:13
>Evo7さん
ご教示ありがとうございます!
P8は、やはりバリアント1のバリエーションという事になるのでしょうか。
USPのバリアントは種類や組み合わせが多く、きちんと理解していないので、詳しい方にご説明頂けると
助かります。
H&Kのピストルは好きなので、折を見てちゃんと研究してみようと思います。
また間違いなどありましたらぜひご指摘お願いします!
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年02月24日 09:22
失礼しました。タナカのUSPとP8のディティントプレートを分解比較
してみたところ形状は全く同じでした。
動作の違いはコントロールレバーや他の内部パーツで実現している
ようですねぇ、

その後、バリアントについていろいろ調べてみたのですがLE向けが8に
該当するのかどうかは疑問です。マニュアルなどではLEMとしか
表記されておらずやはり8についてはどこにも触れられていません。

また民間向けDAOのバリアント7とLEMはレバーもディティントプレート
も無いモデルのようで両モデルは動作が少々異なるようです。
Posted by TARK at 2017年02月26日 13:33
P8はコントロールレバー軸の切り欠きの位置を変えることでFとSを逆にしてます。

バリアント8については以下を参照してください。
H&Kのサイトからのコピーです。
Variant 8: Double action without control lever (no manual safety/decocking lever) SPECIAL VARIANT FOR GOVERNMENT AGENCY

ディテントプレートはコントロールレバーを特定のポジションで止めるためのパーツなので、DAOでコントロールレバーのない7と8には不要なのです。
Posted by Evo7 at 2017年02月26日 18:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。