2017年01月30日

SFA. LOADED完成



BWC製、スプリングフィールドアーモリーLOADEDの組み立てキットが、ひとまず完成しました。
塗装の仕上がりがイマイチなので近々やり直すと思いますが、とりあえず。
2月発売という事で各ショップでは予約が始まっていますが、自分はひとあし先に新春ブラックホールで先行販売されたものを購入できました。
集中して作れば数日で完成すると思いますが、毎日寝る前に少しずつの作業という、のんびりペースだったので1ヶ月近くかかりました。


グリップパネル、ハンマー、サムセーフティの3点は、セットに入っていたものではなく、別途用意したものを使いました。デルタハンマーとウィルソンタイプのセーフティはGM-7用です。


刻印はGM-7のものより細く、実物に近いイメージです。


この製品でもっとも特徴的なのは、リコイルスプリングガイドの先端だと思います。
とてもリアルで良いですね。
バレルも塗装しましたが、どれだけ発火に耐えられるかな。


グリップ前面はスムースタイプで、これもSFA刻印のフレームとしては初めてだと思います。
マガジンはシルバーのものが付属しています。実銃ではブラックモデルには黒のマガジンが付いているので、タニオ・コバの7連マガジンと交換しても良いのですが、シルバーを使ってもあまり違和感がありません。それにとてもキレイだし、マガジンフォロアの動きが非常にスムースで、これを使いたいと思わせる出来です。


スライド後部は、構えた時に必ず見る場所なので、貫通式のエキストラクターは、やはり嬉しいです。
ファイアリングピンリテナーもリアル。本来ディスコネクターが入るブリーチの凹みも再現されています。ホールドオープンした時に、これがチラッと見えるだけで雰囲気が違いますね。


ブリーチフェイスは、エジェクションポートとツライチです。
見た目がリアルなだけでなく、これによりローディングインジケーターがちゃんと機能します。

チャンバーカバーの穴から、カートのリムがちゃんと見えます。
ブリーチフェイスが一段下がっていると、リムではなく、くびれの部分がここに来てしまいます。まあそれでも見えなくはないんですけど、やはりちゃんとリムが来たほうが見えやすいです。

完成までに色々と手間はかかりますが、BWCのカスタムパーツがたくさん盛り込まれている事を考えると、このキットはなかなかのお値打ち品だと思います。同モデルの完成品だって8万円しますからね。

さて、発火でもするか。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
GM7.5 1911A1発火
Inoxようやく発火
ローデッドバレルをセラコート
マグキャッチを黒メッキする
第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日
M1911A1【MULE×タニオ・コバ】
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 GM7.5 1911A1発火 (2017-10-22 21:18)
 Inoxようやく発火 (2017-10-16 22:05)
 ローデッドバレルをセラコート (2017-10-12 21:25)
 マグキャッチを黒メッキする (2017-10-08 20:04)
 第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日 (2017-10-06 21:51)
 M1911A1【MULE×タニオ・コバ】 (2017-10-03 20:14)
この記事へのコメント
はじめまして。

作業過程が気になって投稿してしまいました。

今の自分でも作れるか心配で、購入するか迷ってます・・・。
Posted by kenkebpa at 2017年02月16日 21:33
>kenkebpaさん
はじめまして。
ご興味のある方がいらっしゃると分かったので、近々作業工程の様子をアップしますのでもう少しお待ちください。
一応申し上げますと、この製品は中〜上級者向けです。
パーツは型から出したままのようなものも多く、金属パーツは色もついていません。
またモデルガン全般や銃に精通していても、GM-7シリーズをあまり知らない方は少し苦戦すると思います。
お手本となるGM-7の完成品があるとベストですね。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2017年02月16日 22:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。