2014年08月13日

木グリカスタム

「ガバの木グリのメダリオンの位置が、メーカーによって違う」という話を以前書きました。
ただでさえ木グリは材質や木目の具合、色合いなど条件が重なり合い、なかなか好みのモノに出会えないのに、その上メダリオンの位置まで考慮しなければならないとなると、滅多な事では「これぞ」というものは見つからなくなります。

そこで、
フルチェッカーグリップに、自分でメダリオンを取り付ける
という作戦をとる事にしました。

使うのはCAW製のグリップです。

CAWの木グリは、ウェイトが入っているところがいいですね〜。
ただその分、他社のグリップより厚いんですが。MGCガバにつけると、グリップが極太に感じます。

メダリオンはクラックの入っていたMGCのグリップから外して使う事にします。

いいメダリオンを入手できたら、交換します。

さて、どうやってメダリオンの位置を決め、どうやって加工していくかですが、まったくノウハウがないのでよく分かりません。
とりあえずコルト純正グリップから採寸してメダリオンの中心になる場所を決めました。


で、この点を中心に削り、少しずつ円を大きくしていく作戦です。

リューターでざっくり削っていきました。彫刻刀のほうが奇麗にできるかも知れませんが、面倒くさいのでガーッとやっちゃいます。
木の加工は、やり慣れていないので緊張。

ある程度のところまでいったら、メダリオンを合わせてみながら、さらに少しずつ削って微調整していきます。

とりあえず完成って事で、MGCガバにつけてみます。

メダリオンの位置はバッチリです。
細部は雑なので、アラが見えないようにルーズの写真だけにしときます(笑)。
既製品のようにはいきませんが、手作り&自分用としては、まずまずの出来です。

あ、バレてるかも知れませんが、まだ片方しか作ってません(^^;;; 。
結構神経使うので、疲れました。今日は片方だけにしときます。

でも、色や木目のいいフルチェッカーグリップさえ見つけられれば、この作戦は使えそうです。




同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
ザ・スッピン
Kimber ULTRA CARRY IIのフィーディング
ハイパワーMkIII化への道(1)
ハイパワー破損対策
WAセキュリティシックスのエジェクター
LayLaxのセラコート
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 ザ・スッピン (2018-05-19 13:33)
 Kimber ULTRA CARRY IIのフィーディング (2018-05-18 00:23)
 ハイパワーMkIII化への道(1) (2018-05-07 09:23)
 ハイパワー破損対策 (2018-04-20 00:35)
 各社動向 (2018-04-15 22:45)
 WAセキュリティシックスのエジェクター (2018-04-08 12:08)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。