2014年04月18日

マガジンスプリング

GM-7のマガジンスプリングは弱いです。
タナカのグロックなども、エボモデルになってマガジンスプリングが弱くなりました。
モデルガンの場合、マガジンスプリングは弱めのほうが調子が良いという事なのでしょう。

オープンカート化したGM5シリーズ70で、エキストラクターがリムとうまく噛み合わず、エキストがカートを後ろから押した状態になってしまい、スライドが閉鎖しないという事が時々起きます。エキストの形状などはかなり調整しているのに、です。
ところがGM-7のマガジンを使うとほとんどこの現象が起きません。マガジンが悪さしているという事ですね。
そこでGM5のマガジンスプリングを2〜3巻き切る事で、かなり症状が改善されました。
マガジンスプリングが強いと、カートがマガジンから送り込まれる瞬間に、バチンっと跳ね上がるように動きます。スライドの動きが速ければ対応できるのでしょうが、オープンカート化のためにリコイルスプリングを弱くしているので、うまくエキストがとらえられなかったのだと推測します。

1カ所変更すると、色々なところがバランスを崩す。
これぞモデルガンの奥深さですね。



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
コルトXSEショート(タニオ・コバ)
ハイパワーMkIII化への道(1.5)
GM-7バレル用フィードランプ
夏のブラックホール開催中
GM-7バレル用フィードランプ製作中
グリップの厚さ
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 コルトXSEショート(タニオ・コバ) (2018-08-17 22:19)
 ハイパワーMkIII化への道(1.5) (2018-08-15 23:12)
 GM-7バレル用フィードランプ (2018-08-12 23:32)
 夏のブラックホール開催中 (2018-08-11 18:06)
 GM-7バレル用フィードランプ製作中 (2018-08-10 17:28)
 グリップの厚さ (2018-08-01 19:21)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。