2013年10月17日

コンバットコマンダー(MGC)オープンカート仕様

SIGやデザートイーグルの調子いいところをお見せできるのは、まだ先になりそうなので、ここらで調子のいい銃を1つ紹介しておきます。



MGCのコマンダーをオープンカート仕様にしたものです。
僕はガバはフルサイズよりもコマンダーのほうが好きです。コンパクトでありながら、フルサイズと変わらないファイアーパワーを持っているからです。コンパクトと言っても、他の中型オートと銃身長を比べると同じぐらい。コマンダーサイズのほうが、ハンドガンとしては普通だと思うのです。

コマンダーのオープンカートと言えば、マルシンのMTがあります。発売間もなく購入しましたが、肝心のオープンカート仕様に関する部分の出来がヒドく、加工してなんとか動くようになりましたが、そもそも見た目とか色々と問題があるマルシン製のこと、スライドが割れたのを機に、直す気もなくなりそのまんまです。

というわけで、やはりMGCのがいいです。
当方GM5コマンダーはスモールカートタイプと、リアルサイズカート(いわゆるGM12)の両方を所有していますが、写真のこれはリアルサイズのほう。それも末期に発売されたものです。


バレルはGM-7用を切り詰めてコマンダーサイズにしてます。GM-7バレルのインサートは前後2つに分かれており、コマンダーサイズに切ると、ちょうどいいところに後ろのインサートがあります。
GM-7バレルはショートスライド用のものもありますが、コマンダーに装着してみると少し長く、そのままではカッコ悪くて結局削るハメになるので、どちらのバレルを使用しても同じ事です。

GM5にGM-7のバレルをスワップしてオープン化するノウハウはスモールカートタイプとリアルカートタイプで異なり、それぞれに難所もあります。それについてはいずれ備忘録を兼ねて書くつもりですが、コマンダーだけの事を言えば、ブローバックの際にスライドのストロークが短いので、バレルにアシストスプリングを付けたほうがフィーディングが安定します。

というわけで、発火動画。非常に快調に動いてくれています。






同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
GM7.5 1911A1発火
Inoxようやく発火
ローデッドバレルをセラコート
マグキャッチを黒メッキする
第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日
M1911A1【MULE×タニオ・コバ】
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 GM7.5 1911A1発火 (2017-10-22 21:18)
 Inoxようやく発火 (2017-10-16 22:05)
 ローデッドバレルをセラコート (2017-10-12 21:25)
 マグキャッチを黒メッキする (2017-10-08 20:04)
 第6回モデルガンカーニバル東京は11月11日 (2017-10-06 21:51)
 M1911A1【MULE×タニオ・コバ】 (2017-10-03 20:14)
この記事へのコメント
もしやキャロムのステンレスハンマーと交換してませんか?

純正だとリングホールが小さいのでウチのコマンダー(スモールカート仕様)にもこれ付けてますよ~♪
Posted by 子ヤギ at 2013年10月20日 00:16
>子ヤギさん
こんにちは。
正解です(^^)
スリットが入っているので、エキスト等と干渉する可能性が減って重宝してます。
Posted by T.K.RedT.K.Red at 2013年10月20日 12:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。