2018年06月11日

P226でEVO2カートを撃つ


MPSのカスタムOリングに変えて以来、EVO2カートが非常に調子イイので、このカートを使う頻度が増えています。
というわけで、SIG P226でも発火しました。
EVO2カートは従来のEVOカートに比べてパワーが強く、インナーシャーシ前方に緩衝材を貼り、リコイルバッファーを設けています。

しかしスライドが肉薄なSIGではやはりちょっと心配ですね。
またカート側にオイルを吹くのはライナー内のみで、FピンのOリングにはオイルを付けず、ここでも気持ちパワーを抑えています。

発火!

ジャム、不発、暴発なしで快調作動!
MPSのOリングはパワーも安定し、発火音の大きさもバラツキが少ないように思います。
気持ちよーく3マグ発火して遊びました。

分解して確認したところ、スライドは無事でしたが、

バレル基部が結構ヤラれてます。
やはりパワーあるんですねぇ。マルシンキャップを使用すればもう少しパワーが落ちると思いますが、それも微々たるものでしょう。
これだと、やはりPFC+爆音プラグ使用がベストという結論になってしまいます。純正EVOカートよりもパワーが抑えられ、作動も問題ありませんから。
グロックもそうですが、この銃もHP化が待たれますね。

とりあえず交換用バレルはM9さんに注文しました。
  

Posted by T.K.Red at 23:08Comments(3)モデルガン