2018年03月21日

S&W M459レバー調整


MGCのS&W M459は、同社の名作・M59を基に作られていて、内部機構はほぼ同じですが外観はトリガーガードやサイトの形状、セフティ/デコッキング用のコントロールレバーがアンビになっているなどの違いがあります。

で、そのアンビセフティですが、どうにも右側が緩んで来てしまいます。

箱出しや組み立て直後はさほど問題ないものの、発火すると確実に緩んでプラプラになってしまいます。

分解してみると、左右のレバーは噛み合った部分をイモネジで押し付けているだけだと分かります。

これでは発火の衝撃で緩むのは当然と思えます。
M459の発売は93年頃のようですから、すでにモデルガンは下火になっていた時期で、発火する人も減少していたのかも知れません。

左右のレバーを接着してしまおうかとも思いましたが、それだと分解する必要が出た時に大変なので、

イモネジが当たる箇所を掘って直径2mm以上、深さ1.5mm以上の窪みを作りました。

そしてイモネジはGM-7のデトネーター用に変更し、

棒先形状になっている先端の部分が嵌まるようにしました。
しかしGM-7用のイモネジは少し長いので、後端を削ります。

0.3mm〜0.5mmほど削って、全長を5.5mm〜5.7mmぐらいにしました。


ネジを締めてレバーから飛び出さなければOK。
飛び出していると回転させる際にスライドと干渉してしまいます。

.380のイージーCPカートで発火テスト。

2マガジンほど撃ちましたが、レバーは緩む事なく大丈夫そう。
これで心配がひとつ減りました。

サイド発火の宿命でバーストは何度か発生しましたが、不発はなく比較的快調な作動。さすが銘銃の血統。
現在の感覚では模型としての価値は低い製品ですが、とても魅力的なモデルである事は確かです。
  

Posted by T.K.Red at 17:12Comments(5)モデルガン