2017年10月16日

Inoxようやく発火


発売後すぐに入手したタナカのベレッタ92F Inoxですが、発火するタイミングがなく、この週末にようやく発火しました。

カートは純正のEVO2カートです。

発火!

スライドの動きは高速。そしてカートの飛び方も凄まじく、ほとんど「発射」です。
2マグですが、ジャムや不発はなく、とても快調な火入れとなりました。
HPシリーズ第1弾のP8は、HWのUSPと比べても重量が軽いとは感じませんでしたが、HP化されたベレッタは明らかに軽いです。印象としてはABSモデルに近いぐらいの軽さです。
モデルガンパーツショップM9の店長ブログでは、ブリーチブロックがP8はHW製で、ベレッタはABS製だからではないかと書かれています。
いずれにしても、小気味よくスライドが動くので楽しいです。

発火後、スライドの内側を見ると、ミントさんのブログでも指摘されていたエジェクションポートの内側に黒い跡がありました。

これはセラコートの塗装が剥がれたというよりも、樹脂自体がえぐれた傷だと思います。
ミントさんと同じ場所がこうなったという事は、ここは必ずカートが当たる場所という事なのでしょう。真鍮カートを使うとさらにダメージを受けると思います。
まあ外からは分からない場所なので、自分はあまり気にしません。

発火用の銃としては、とても完成度が高いと思います。
ただ、EVO2カートはOリングの消耗が激しいのが気になります。なんとかしたいところです。
  

Posted by T.K.Red at 22:05Comments(0)モデルガン