2017年03月21日

ガバ用PFCの変形対策をあれこれ考える


マルシンのガバメントを発火していると、PFCのFピンが変形して来る話を、以前書きました。
以前の記事1
以前の記事2
Fピンの、赤矢印部分が太って来るのです。

発火時に勢いよくFピンが後退し、カートの底に激突してこのように変形するのだと思われます。
空き缶を縦に潰したような感じでしょうか。
この対策として、自分はリムケースの底にOリングを追加しました。Fピンが後退して来た時のクッションにしようというわけです。

この状態でしばらく使用していますが、何も対策しないよりは明らかに変形を防止できています。
お手軽対策としては良いと思うのですが…。

しかし完璧とは言えないようで、何度も(相当な回数ですが)使用していると、やはり同様の変形が発生して来ます。Oリングは弾力があるので、外側(内壁側)に逃げてしまい、やはり底ぶつかっているのでしょう。何もないよりは相当マシですが、もう少しなんとかしたいところです。

そこで対策をアレコレ考えてみました。(まだアイディアのみ)

1つ目は、カートの底に設置しているクッションを、Oリングではなく、ゴムシートを打ち抜いて製作する事です。
それなら外側へ逃げる事はなくなると思います。たぶん。
厚さは1ミリぐらいでしょうか。しかしこの方法だとカートを組み立てると、Fピンがわずかに前進した状態になると思われます。

2つ目は、爆音カートのFピンのように、Oリングの位置を下へ変更する事です。

爆音カートのFピン。
リムケースとぶつかる箇所にOリングがあるので、これなら十分なクッションになると思います。
ただし、火薬とOリングが離れたぶん、発火時に内部のガス圧は少し下がるはずです。ブローバックに影響するほどのパワーロスはしないと思いますが、気になるところです。
またこの方法は、Fピンをイチから作り起こさないといけないという点も、難易度が高いです。

3つめは既存のFピンを加工し、ベレッタ92系のように、Oリングを1本追加する方法です。

ベレッタのFピン。
これもリムケースとぶつかる箇所にクッションがあるので良いですね。
適当なサイズのOリングを調達するのは良いとして、それが嵌まる溝を上手く切れるかどうかがポイントです。1個作るだけならともかく、最低でも7個は作るわけですから、家庭用の工具で安定した加工ができるかどうか、少し不安です。
いっその事、↓写真のようにしてしまうのはどうでしょうか

※合成写真です。
Oリングの下の部分をすべて削り落とし、同じOリングをもう1本追加するわけです。
こちらのほうが、大雑把に削ってもできそうな気がします(気がするだけ?)。
爆音プラグを使用すれば、純正プラグ用のOリングが余るため、それを使う事もできます。
Oリングが2本あると、Fピンが前進する際の抵抗も増えるので、不発の原因になりそうですが、しかしマルシンガバは慣性打撃方式ではないため、ハンマーが落ちれば、スライドのFピンが、カートのFピンをしっかり押し込んでくれそうな気もします。

ひとつ気になるのは、2番目や3番目の方法だと、Fピンが後退してきた時にOリングが潰れるわけですから、一瞬でもプライマー部分がカートから飛び出てしまうのではないかという事です。
ベレッタ92系のカートで、ブリーチを痛めてしまうのと同じ問題が起きる可能性が考えられます。

どれも机上の空論なのですが、こうしてあれこれ構想を練っている時間も、モデルガンの楽しみです。
  

Posted by T.K.Red at 09:35Comments(2)モデルガン