2016年11月19日

ハイパワーのシアー組み立て

マルシンのブローニング・ハイパワーが再販になりました。探している方が結構いたので、この機会に皆さん購入されるものと思います。
自分は数ヶ月前に流通在庫のキットを購入しました。ハイパワーの組み立ては初めてでしたが、シングルアクションオートなので、さほど難しくはありませんでした。
ただ1箇所、シアーの組み込みだけはだいぶ苦戦しました。

説明書には、「シアーをシアースプリングに押し当てながら穴を合わせ、シアーピンを入れる」とか簡単に書いてありますが、これがなかなか難しい。
まず、シアーをシアースプリングに引っかけながら押し込むところで大苦戦。押し込む時にスプリングが外れてしまうのです。うまくひっかけて押し込めたとして、その状態を保持しながらピンを通すのもかなり難易度が高いです。説明書の図ではシアーとピンを手に持っていますが、これでは銃が固定されていません。銃が動かないようにしながらこの図の通りにやるには、膝で挟んでやるしかないのでしょうが、色々と手こずっているうちにハンマーを固定していた輪ゴムが切れてしまいました。こうなるともう、手が3本ないと無理!と、小1時間悩みました。
ハイパワーに慣れていない事や、自分の不器用さもあるのかも知れませんが、ようやく組み込めた時には、「もう二度とこの部分の分解/組み立てはしたくない」と本気で思いました。
しかし、トリガーフィーリングはこの部分の分解なくして調整できず、やむを得ず何度か分解/組み立てをしました。
その度に同じように苦戦したのですが、しかし何度か組み立てているうちに、自分なりのコツが掴めて来ました。
今回はキットも再販されたので、同じ箇所で躓く方もいるかも知れませんので、自分の備忘録代わりにもアップしておきます。
一応、以下の方法だと慣れれば1〜2分で組み込めるのと、ハンマーを固定する輪ゴムも不要になります。
ベストの方法かどうかは分かりませんが、ハイパワー初心者のアイディアです。

最初に、エジェクターを固定しておきます。ピンはエジェクターを貫通しない位置まで入れておきます。


次にマガジンを7〜8割ほど挿入します。

マガジンを入れる事で、シアースプリングにテンションがかかり、あとでシアーを押し込む時のアシストになります。


ここが最大の山場。ハンマーを左手で起こしながら、シアーをシアースプリングに引っかけて押し込みます。

マガジンによってスプリングが既に少し押し込まれているので、マガジンを入れていない状態よりも格段にやりやすいはずです。
フレームとシアーの穴を合わせたら…

机の縁などにピンを当て、銃を押し込んでピンを挿入します。

これで反対側のフレームまでうまくピンが貫通すれば完了。
でも大抵の場合は、シアーには通るものの、最後のフレームに通らない事が多いです。そういう場合は…

マガジンを完全に挿入し、マガジンとシアーの間にマイナスドライバーなどを差し込んで、テコの原理でシアーを押し込み、穴を合わせてピンを完全に通します。


これで完了。
他に良い方法が思いついたら、またアップしたいと思います。

  

Posted by T.K.Red at 15:04Comments(9)モデルガン