2014年09月15日

CAW製コルト・ローマン レビュー



CAWローマン。
価格面などから、「誰が買うんだ?」というネガティブな意見が聞かれましたが、とりあえず私は買いました(笑)。
これは私がMGCのローマンを偏愛しているからであり、普通の感覚ならまず買わないでしょう。
MGCローマンは、マルイのエアコキで遊んでいた小学生時代の私に、モデルガンの魅力を教えてくれた銃です。きっかけはもちろん刑事ドラマで、「団長のサイドアーム」、「ユージの愛銃」(第1シリーズ)、その他多くの刑事たちが愛用する、あの“太くて短いヤツ"に憧れたわけです。エアガンではモデルアップされていなかったので、必然的にモデルガンの世界に足を踏み入れました。
確実な発火性能と、どんなに酷使しても壊れないMGCのローマンは、モデルガンの楽しさを知るには充分でした。
そんな思い入れのあるローマンの引退試合という事で購入しました。
価格に対して散見する評価は至極まっとうであり、私も同意見。この先購入したい高額モデルのためにモデルガン貯金をしているので、この出費は辛いところです。
そもそも金型が傷んで最後のロットになるというのも本当かどうか分かりません。単なるセールストークかも知れませんが、騙されてみました。

前置きが長くなりました。
CAWローマンの箱です。

私は同社のDAリボルバーは持っていないので分かりませんが、他のリボルバーと共用でしょうか。
ニューローマンの箱をわくわくしながら開けるのはこれで3度目。そしておそらく最後です。


じゃーん。
見慣れたニューローマンそのもの。でも「新製品」だと思うと感慨深いです。
表面の仕上げは綺麗だと思います。MGC末期のHW製はヒケや油ジワがかなり出ていた事を考えると、かなり頑張って仕上げた事がうかがえます。
グリップはHW製。ABSのローマンしか知らない人は、かなり重く感じるはずです。


ニューローマン3世代。
左のABSモデルは80年代後半に新宿のMGCで購入。
中央のHW+マルベリ木グリは2000年代前半に上野のMGCで。
そして右のCAWローマンはネットショップで。時代は変わりましたね。


私も含め、シリンダーインサートの改良を望む声は多かったわけですが、結局MGC時代のままです。

では変更された箇所を見ていきましょう。

まずバレル右側面の刻印がリアルになりました。


エジェクターロッドの先端の形状が変更されています。MGCのは先端が窪んでいました。実銃がこうなのでしょうか?それとも加工上の都合でこうなったのか?理由は不明です。


グリップ底部。下のCAW製は刻印が省略されています。
上のMGC製に入っている「075710」というシリアルナンバーは、小林さんが設計を完了した日(75年7月10日)であり、「意味のある数字」なのでこれは省略しないでほしかったです。


ハンマーコック。
シリンダーハンドの長さが改良されているので、かなり早い段階でシリンダーが回りきります。タイトー時代のローマンも改良されていましたが、それ以上です。ゆっくりコックしても確実にシリンダーがロックされます。
シングル時のトリガーの切れが悪いです。これは慣らしを行えばよくなるのかな?


グリップに隠れていたサイドプレートを止めるネジは、六角になっています。
またで囲った部分に、小さくSPGマークが入っています。グリップを付けるとまったく見えません。


これぞ小林メカ!
ローマンと言えばこの内部構造です。
サイドプレートはかなりタイトにはめ込まれています。この辺りはCAWっぽいですね。

というわけで、今回のローマンはほぼ「記念モデル」。
思い入れのある人は、一度店頭で手にとってみるだけでも良いと思います。
きっと青春時代がよみがえるでしょう。

  

Posted by T.K.Red at 00:45Comments(4)モデルガン